風俗店勤務でもカードローンで借りれる

風俗店勤務の方が大手消費者金融カードローンの申し込みができるのか?
風俗嬢は、カードローンが持てるのか不安な方も多いでしょう。

結論を言うと、キャッシング審査で風俗嬢でも借りれます。
審査してみての話しですが、風俗嬢はカードローン申込が可能です。
水商売もカードローンOKです。

水商売や風俗店勤務が借りられない?

口コミでは、風俗嬢のキャッシングができないと言われているらしいとありました。勘違いされてしまうのは、水商売や風俗店勤務では不安定な収入であることが懸念されるからです。

現在、カードローンではアルバイトやパートの職業でも借り入れができます。
風俗店勤務で週3日の勤務などでは、アルバイトと同じ職種だと考えられています。
アルバイト等の不安定な収入の方が借りられないというのなら、風俗店勤務の申込者審査は通らないでしょう。

しかし、カードローンの申込でアルバイトでもOKなら、風俗店勤務でも借り入れができるでしょう。借りられないというのは、申込者の個人の信用情報や申込内容によるものです。
審査基準では、アルバイトやパートでも借りられるのであれば、風俗嬢でもOKです。

借りられないという方

風俗嬢がカードローンの審査落ちというのは、勤続年数が浅いとか、不安定な収入であるなどです。そして、個人の信用情報が金融事故があることでも審査落ちになります。
ブラックリストであればキャッシングができません。

さらに、最強の審査としては、在籍確認です。
勤務先が◯◯店に在籍確認を担当者が行います。
それができないことで審査に通らないことがあります。
ここは、風俗店勤務の方は、お店に在籍確認ができることが絶対的な条件になります。

金融会社、金融業者は在籍確認は絶対にある

在籍確認の理由は、勤務先がウソではない証明です。
申込内容では、収入の金額を入力しますが、その証明として在籍確認が必要になります。
そこで、お店に電話をされたら困ってしまうとか、店には知られたくない。
その在籍確認を拒否してしまうようであれば、審査が進まないことになります。

在籍確認は、信用情報で問題がないことが条件ですが、最終段階に来て審査落ちというのは絶望的なことです。風俗店に電話をするときに、それがキャッシングの在籍確認であることは絶対にバレないでしょう。

ですから、店に影響を与えることもないですが、在籍確認の電話で自分がいることを知っている人が対応することが必要です。ここが、風俗店勤務の審査で大切な点でしょう。

風俗店勤務なのに、限度額は10万円?

大手消費者金融カードローン、銀行カードローンの審査で風俗店勤務で申込をしている方もいます。内容を聞いてみると、別に傷害なく借りれたと言います。

風俗店勤務でも大丈夫?

風俗店勤務と言っても、収入があり、単発ではなく継続的に勤めていることが必要です。
体験入店などでは審査は通らないでしょう。

収入証明書がない方もいますが、審査では実際に風俗店勤務がわかれば、あとは信用情報の内容で判断をします。信用情報で金融事故がなく、クレジットカード等もきちんと使用していることが分かれば、返済能力があると審査されることが多いでしょう。
しかし、実際に借りれる額としては、10万円程度だと言われています。

風俗嬢は年収も高いけれど

正社員などであれば、総量規制と言って、年収3分の一の限度額のカードローンができます。

ところが、風俗店勤務では最初の借り入れ金額が少ないことがあります。
これが、会社から発行される収入証明書などがあったり、毎年確定申告をしている方は違います。要するに、風俗店勤務だけの事実で在籍確認も取れたのなら、審査はOKです。

ただ、借り入れに関しては、年収なども定まっていないです。
世間的に風俗店勤務であれば、そんなに低い収入ではないことは知っていますが、証明書がないことには、審査も正確ではないということです。それでも、風俗店勤務でも借りれることにはかわりはないでしょう。

中小消費者金融だけではない

この風俗店勤務の審査通過が、ネームバリューのない中小消費者金融だけの話しであれば、審査は難しいと言わざるを得ないでしょう。

しかし、事実として大手消費者金融や銀行カードローンでも借り入れができるのですから、風俗店勤務そのものは審査対象になります。風俗嬢でも借りれるという結論です。

風俗店勤務で、審査に必要なことと言えば、できれば半年以上続けて勤務していることです。

申込のときの収入は自己申告

これは風俗店勤務に関係なく、どんな方でも自己申告になります。
収入証明書が必要なのは、50万円以上の借り入れや多重債務者の場合です。
ほとんどの方は自己申告で審査ができ、在籍確認で勤務がハッキリしていて、信用情報で金融事故がないことが必要です。

風俗店勤務でも同様であり、申告額は自分の数字で良いでしょう。
しかし、個人事業主や風俗嬢の場合だけ、収入証明書が求められることがあります。
金融事故がないけれど、安定収入が確保できないと判断されることで、他の属性とは違う審査はあります。収入証明書がないと、とりあえず10万円程度の低い限度額になってしまうのは、それぞれの金融業者の判断になります。

アリバイ会社は絶対に使わないで

風俗店勤務の方の中で、自分は風俗店勤務を隠したがる傾向にあります。
これは、風俗嬢ではお金が借り入れができないと思っているからかもしれません。

アリバイ会社を使って申込

アリバイ会社は、申込者にウソの勤務先や収入証明書を作ってくれます。
在籍確認も対応しているので、申込入力ではどんな職業になることもできます。

属性とは、審査の過程で返済能力のランク付をするものであり、勤続年数が長い正社員や公務員が有利です。それには、在籍確認でその会社に直接電話ができ、収入証明書等もなくてはならないでしょう。

アリバイ会社に依頼をしたら、すべての情報を提供してくれます。
もちろん有料ですが。

風俗店勤務から一般事務職

本当は、風俗嬢ですが、カードローンの申込のときには、アリバイ会社を使ってOLに化ける。
審査も通りやすいし、ひどい口コミではみんなもやっているというのですが、本当は違反行為でしょう。

アリバイ会社では、形だけの会社を繕って、必要な書類を偽造します。
在籍確認もしっかりと、担当者に対して◯◯は外出していますといえば、審査通過になります。
これが、本当に普通に借りれることがあります。しかし、絶対にやってはならないことです。

風俗嬢でも大丈夫

大手消費者金融や銀行カードローンでの審査では、風俗店勤務でも大丈夫です。
心配なのは、何を聞かれる等の項目でしょう。実際には、ソープ嬢やキャバ嬢であれば、週に何回出勤なのか、収入のことを聞かれることがあるだけです。

風俗店勤務は審査落ちの原因になることはないので、あとは金融事故の信用情報がなければたいていは借りれるようです。ですから、アリバイ会社等を使用しないことです。

アリバイ会社は無職が利用?

アリバイ会社の利用者は、無職も多いです。
風俗店勤務ならきちんと収入がありますから、堂々と申込をしたら良いのでしょう。

しかし、実際には本当に無職の方がアリバイ会社の利用が多いです。ですから、金融業者としては、警戒もしてますし、ウソの申込はあってはならないことでしょう。

アリバイ会社で借りれるはNG

風俗店勤務の場合では、在籍確認ができることが最低条件になります。
お店に審査が担当者に電話ができるのなら良いでしょう。

派遣で風俗店勤務をしているのなら、派遣会社に在籍確認でも良いですし、お店の開店前にスタッフに対しての在籍確認ができればOKです。とにかくその店で勤務していることが分かれば良いでしょう。風俗店勤務での在籍確認ができるかできないか。そこが必要な審査でしょう。

在籍確認は、担当者の名前が来ますから、キャッシングの在籍確認とはわからないので、安心して下さい。店の承諾を得る必要もないですが、私用電話OKであれば在籍確認ができます。

風俗店勤務の風俗嬢ならレディースローン電話申込がオススメ

収入が高い風俗店勤務の方でも、大手消費者金融カードローンの申込はできます。
水商売でもキャッシングの機会があるので、アリバイ会社等を使わずに正直に申込して下さい。

キャッシング審査をするときには

大手消費者金融では現在はインターネット完結で行う事ができます。
これは、基本的に審査担当者と話することなく完結してしまうことがメリットであることを前面に出しています。

インターネットだけで借りれるのですが、風俗店勤務の場合はあえて電話でのレディースローンがある申込者をオススメします。そのメリットは、オペーレーターが必ず女性だからです。女性が担当するのは、レディースローンの特徴です。

レディースローンの良さ、しかも電話

女性が担当してくれることで、仕事内容も話しやすいでしょう。不安な審査も相談ができます。
そして、在籍確認も女性が行ってくれることが考えられるので、こちらも店側への影響も少ないでしょう。申込そのものが話しやすいというのが最大のメリットです。

インターネットの申込では、直接担当者と話す機会がありません。
そこで、不安な審査の場合は、インターネットで待つだけではなく、直接審査を受ける態勢で、確かにキャッシングができるでしょう。女性ならレディースローンがオススメですが、それを電話でとていうのが最良の方法です。

風俗店勤務の審査基準

風俗店勤務が正社員で社会保険の方は存在しないかもしれません。
従業員ならありの話しです。

風俗店勤務の従業員と風俗嬢は違います。
風俗嬢は、普通アルバイトや日払いの形で働いていることが多いでしょう。
それでも定期的に勤務していることでは、アルバイトとしては問題はありません。
時給なのか日給なのかわからないですが、OLよりはずっと高い収入になります。

勤務がある程度の期間続けているのなら、審査は通ります。
そのようなことも直接担当者と話すことができる電話での申込、そしてレディースローンなら確実に女性担当者との話しができます。風俗店勤務なら絶対にオススメの方法です。

水商売以外でもオススメ

女性ならレディースローンがオススメです。電話に関しては、勤務先での在籍確認で支障がないのなら、インターネット申込でも大丈夫でしょう。

ただ、必ず女性が行う在籍確認になります。主婦であれば、勤務先に男性の在籍確認ではなく女性が在籍確認を行うので、安心ではないでしょうか?
男性からの私用電話がある在籍確認は私用電話の要領ですから、こちらの方がオススメです。

風俗店勤務だけど個人事業主でキャッシングする方法

風俗嬢の中には、確定申告をしている方もいます。
自由業として、個人事業主としての申告をしている場合です。

風俗店勤務では、アルバイトやパート的な働き方ですが、店では申告をしていないことが多いです。そのままでは無収入ですが、カードローンの契約のときにキャッシング審査では、口だけのもらっていますでは信用が低いです。

風俗嬢の確定申告

OLだとしても、複数の事業者からの収入がある程度あると確定申告は必要です。
アルバイター等も同様ですが、風俗店では確定申告を推奨しているところもあります。

風俗店専用の確定申告のアドバイスしているところもありますが、キャッシング審査では、この確定申告書があることで、有利になることが多いです。
それは、収入証明書があるからです。こうしてカードローンを取得している方も多いです。

個人事業主は確定申告書は絶対

風俗店勤務ということは、フリーで働いているとも言えます。
何店か掛け持ちだったり、違うアルバイトをしていて風俗店勤務をしている場合もあります。

しかし、自身の収入の大半が風俗店勤務であるのなら、安いアルバイトのキャッシング申込では、限度額が少ないでしょう。風俗店勤務として、しっかりと高収入を得ているのですから、確定申告をした方が良いでしょう。

税金が高くなるから確定申告はしたくない

確かにこれは事実です。
確定申告で高い収入でキャッシング審査が通りやすくなる。同時に、税金等が高くなります。
ただ、これは皆さんが行っている納税であり、高い収入があるのなら、然るべき納税は当然のことです。

あるソープ嬢は年収1000万円以上あると言います。それをキャッシングの審査のときに、確定申告もなく1000万円の収入と言っても信じてもらうことができません。
しかし、確定申告上での1000万円の年収であれば、間違いなき信用が上ります。
収入証明書同様に確定申告書の質は高いでしょう。

今からでも遅くない

税務署に行けば、風俗店勤務だけど収入証明書がほしい。
そのための確定申告の作成はいつでも受け付けています。
その時に、収入額は日払いでは、メモ書きでもOKです。

ただ、必要経費として控除するには、領収書が必要です。
どこまでの申告をするかなどについては、きちんと調べてみましょう。

この確定申告書は、キャッシング審査だけではなく、不動産賃貸契約などにも役立ちます。
税金のことなどは気になりますが、キャッシング審査では個人事業主としての申込ができます。
風俗店勤務の点は触れずに、審査ができますので、限度額も総量規制になります。
風俗店勤務の場合は、10万円程度からのスタートになると言われています。