風俗店勤務でも借りれるカードローン

原則的に風俗店勤務でもカードローンの申込はできます。審査に通るかどうかは審査次第ですが、風俗店勤務での職業的に審査に落とされることはありません。

わたしの仕事は風俗に入る?

風俗店として分類されるのは、ソープ、ヘルス系、デリヘル系、ピンサロなどのキャバレー系です。クラブやスナックなどで、特別なサービスがない場合ないワークスなどに入ります。
おっぱいパブ、ガールズバーなどはどうなんだ?ということですか、客との直接接触がない場合は、接客業になります。

消費者金融の審査では、職業欄で風俗店の項目があればそこにチェックです。

風俗店勤務は特別な審査がある?

全員でありませんが、審査の過程で勤務体制や収入、風俗店と言ってもどの分野などの質問があります。これは、風俗店でも収入が大きく違います。

ソープとデリヘルでは年収では大差が付きますが、そうした疑問についての確認電話がくる場合もあります。キャバクラ嬢なども電話が来たとしても、あまり気にすることはありません。
現在は、カードローン審査では風俗店でも審査通過の範囲内です。

水商売の延長

風俗店は、夜職などの水商売の延長です。
以前は存在しない風俗店も出現していますが、収入があると分かれば審査に通ります。
特に、店舗がある風俗のしごとでは、収入の内容も把握ができます。
時給1,000円という世界ではないことを審査担当者は確認をしています。

風俗店での収入でクリアができたのなら、信用情報の内容の審査でカードローンが持てるかどうかが決まります。

銀行カードローンも同様

在籍確認は必ずありますが、風俗店勤務です。在籍確認も取れましたということであれば、借入ができます。

ここで、収入証明書があれば、限度額は総量規制範囲内になりますが、たいていは10万円程度の限度額に設定されます。しかも、日払いで給与明細がない場合で、信用情報で問題がなければ借りれるという優れた審査内容です。その代わり多くは借入ができない判断となります。
これは、返済を続けていくことで信用ができ、普通に借りれるようになります。

風俗店で半年以上勤務している事

カードローンの審査では、最低でも半年以上の勤務実績がほしいところです。
1年あればなお良いですが、入りたての場合は申込はしないことです。

収入証明書がない場合、店側に言えば出してくれる場合があります。
すでに給与明細などがあると、それが収入証明書になりますので、利用を検討してみてください。

風俗店勤務のカードローン審査はどんな感じ?

どんな職業であっても、カードローンで数万円の借入であれば、審査は簡単です。
大手消費者金融では、収入がある20歳以上で信用情報で問題がないことが必要です。

収入証明書は必要ありませんが、身分証明書は必要です。
そして、在籍確認として勤務先に担当者が私用のように電話をかけます。
それで完結ですが、勤務先が風俗店の場合はどうなのでしょう?

問題なしです

大手消費者金融でも風俗店勤務者の申込には対応しています。
勤務形態がパートやアルバイトだとしても審査通過ができることは多いです。
収入の点では、正確に記入をすることですが、大手消費者金融ではさいてい年収100万円程度でも審査に通ります。

風俗店勤務であれば、それなりにもらっている印象はありますが、ここは正直に回答してください。信用情報で金融事故がないなら、本当に借りれる場合がありますので、安心してください。

風俗店勤務とか水商売の方は審査難しいと聞くけれど

いろいろな説がありますが、実は短期間しか働いていないとか、自身で収入の把握ができていない方もいます。

最近では店も法人化して、給与明細があったりキャバクラ嬢も正社員として雇っている場合もあります。この場合、風俗店ですが、給与明細の会社名が◯◯観光株式会社になっている事もあります。

昼間の事務でスタッフがいるのなら、普通の会社勤めとしての申込ができます。
キャバクラの体制次第では、借りれない可能性がゼロ、OLと同じ扱いです。
そうではなく、アルバイトやはパートで風俗店勤務だとしても、在籍確認ができる事で、ある程度の信用は得ることができます。

いまの風俗店

風俗店の収入は良い方でしょう。水商売の中でももらえる金額が高いイメージです。
ただし、税金関係などの徴収がされていないことでの不安はありますが、カードローンでは審査に通ります。不安定な収入であることで、限度額が下げられることはありますが、風俗店勤務だから貸さないことはありません。

最近では多種多様の風俗店があります。
たいていは水商売のなかでも高給取りとされていますが、同時に返せるか不安視されていることも確かです。ですから、最初だけ限度額が低くなっていますが、完済をしていくうちに増額のチャンスもあります。

どうか、きちんと借りてきちんと返して信用を得てください。
真面目なソープ勤務の方なら、相当もらっている方も少なくないでしょう。
それでいて風俗店勤務だから少ない限度額というのは悲しいことです。

収入証明書がないから借りられない?

最近の消費者金融では、借入金額に関係なく収入証明書の提出を求めることがあります。
風俗店で日払いで明細なしでお金をもらっている場合は、収入証明書がないことになります。

もし給与明細がない場合

風俗店でどのような扱いなのかが不明です。
例えば、アルバイトでもパートでも人件費として届け出をしていると、源泉徴収なども役所に行けばわかります。そうではない場合もあります。

デリヘルなどでは、給与明細もなく営業していることが多いため、収入証明書なども存在していない可能性があります。もし、収入証明書がなく審査に通らないのであれば、仕方のないことです。本来は、審査に通ることがあったとの口コミが存在していたとしても、いまの審査要件によるものです。

キャッシング審査では、明確な審査内容の公開がないため、口コミに頼ることがあります。
収入証明書に関しても、50万円以下の審査で求められて提出ができなければ、審査落ちのケースもあります。

必ず収入証明書が必要なわけではない

以前の大手消費者金融カードローンでは、風俗店勤務の場合は、日払いのメモ書きでだいたいの年収で借入ができる報告がありました。これは、確定申告をしていることで、収入証明書ができますが、そうではなく、在籍確認で働いてることが証明されることで、カードローンを手にすることができたと言います。

信用の問題ですが、金融会社の判断がどう出るかは、その時によります。
少なくとも、風俗店勤務だけでの審査落ちしてしまうパターンは、いまは少ないでしょう。
収入証明書があればなお良いという審査のようです。

キャバ嬢やデリヘル嬢も大手消費者金融カードローンを使用している口コミは多いです。

デリヘルの審査は多少難しい

収入証明書は少ないデリヘルの仕事です。
法人として行っているのではなく、個人での雇用形態も少なくないです。
在籍確認に関しては、お客さんが予約をする電話番号になります。

携帯電話の場合、在籍確認ができない事もあります。
風俗店では、店舗がありますが、デリヘルでは在宅で連絡を受けて出勤する場合も少なくないです。事情を話した上で、携帯電話の連絡先しかない場合も正直にお話をしてみましょう。

風俗店勤務の申込のときに注意したいこと

ちょっと説明をした方が良いカードローンの申込では、インターネット申込ではなく、電話での申込が最適です。中にはレディースローンもあり、スタッフ対応がすべて女性のところもあります。デリヘル嬢で働いています。そして、在籍確認も予約の番号ということになれば、女性が電話をすることになります。

担当者は消費者金融の名前は出さないですが、私用の電話としてはマズイ場合もあります。
予め在籍確認がくることを伝えられれば良いですが、内緒のカードローン申込の場合は、打ち合わせをしておく事も必要です。

申込はレディースローンですが、男性担当者の在籍確認に依頼することも可能です。

風俗店への在籍確認をなんとかしたい

カードローンの審査では、在籍確認が存在しています。
クレジットカード契約も在籍確認はあります。
風俗店であれば、店に直接電話がかかってくることになります。

在籍確認をなんとか回避したい

その理由として、お金を借りている事がバレたら困ることがあります。
風俗店では、借金禁止としているところも未だに存在しています。
どうしても、それでもカードローンが必要な場合もあるでしょう。
そこで、風俗店にバレずに借りたい相談もあります。

まずは、そのことを消費者金融などに相談をしてください。
その上で、どのような形で在籍確認がしたらよいかの判断ができます。
風俗店に電話をしませんからという結論にはならないでしょう。

個人事業主になる

この方法は、風俗店勤務ですが確定申告をして、個人事業主としてカードローンの申込をする方法です。

フリーの風俗嬢であり、店舗を掛け持ちで行っている。
複数のところからの収入であり、毎年確定申告をしている個人事業主ということです。
実際に自宅が事務所変わりになっている形なので、接客業の個人事業主という内容です。

個人事業主は、自宅を事務所として使用している場合、在籍確認は自宅に来ます。
携帯電話もありますが、固定電話であれば信用の大きいです。

風俗店勤務の方は、源泉徴収などもされないことで、税金の関係で確定申告をしている場合もあります。この場合は、風俗嬢ですが個人事業主としてカードローンの申込ができます。
そして、風俗店への在籍確認を見事回避することができます。

収入証明書代わりにもなる

確定申告書は、収入証明書になりますから、限度額も安定します。
職業では、個人事業主として風俗店勤務も隠す事ができます。
虚偽の申請ではなく、確定申告があることでは、公的書類と認められています。

ただし、風俗店勤務でまともに申告をすると、税金の請求も大きいです。
書き方がわからないことで、多くの納税がある場合も少なくないです。
過少申告では、収入が少ない申告になります。

確定申告については、2月から3月に行われていますが、いつでも税務署では相談に乗ってくれます。ここでは正直に風俗店で働いていることを申告しなければならないのですが、その前に風俗店に確定申告をしたい旨も相談してください。

お金を借りることが言えない場合は、公的な収入証明書がほしいと言えば、店の方で用意するか、確定申告を勧められる事もあります。

在籍確認の問題

普通の在籍確認では、カードローン審査はわからないようです。
しかし、怪しいと思われたくない時には、クレジットカードの審査であるとごまかす事もできます。借金はNGでも、クレジットカードの利用はOKなら使える手なのですが。

アリバイ会社は絶対に使わないで

風俗店勤務でもお金を借りられない方がいます。
それが、信用情報での金融事故がある方とまだ風俗店勤務で日が浅い方です。
金融事故に関しては、ある程度の期間が経たなければ借入ができません。

延滞があるのなら完済が条件です。
キャッシングはしていないとしても、クレジットカードの支払いが残っていることで、金融事故になっている可能性があります。

体験入店の風俗嬢がカードローンを持てた

体験入店でまだ1週間程度だというのに、大手消費者金融のカードローンの申込をした方がいます。

これが審査通過になるのですが、絶対にありえない話しです。
その理由としては、アリバイ会社を利用したというのです。
やってはならないことをしてしまった例です。

アリバイ会社とは?

風俗嬢、キャバクラ嬢としてキャリアが少ない、半年以上の勤務をしていないと、大手消費者金融では審査落ちになります。理由はいつ辞めるかわからない、返済能力で不安があるからです。

しかし、アリバイ会社というのは、本当は働いていないアリバイ偽造会社に勤務していることにします。お金を支払って、在籍確認をしてもらう、勤務先の情報提供をしてもらう方法です。
50万円以上では、収入証明書が必要ですが、給与明細のコピーも作ってくれる周到さです。
金融機関では、申込で年収もあり、在籍確認もできれば信用をしてしまいます。

50万円以下では、収入証明書も必要ありませんが、風俗嬢ですがOLとして働いていることで申込が完了してしまうという内容です。まんまと総量規制範囲内の借入ができるということです。
本当はキャバクラ嬢1週間の方ですが。

アリバイ会社は使ってはならない

引っ越しの保証人とか、カードローンの会社などでアリバイ会社やアリバイ保証人のシステムが存在しています。

固定電話番号に会社名ですが、明らかに犯罪の部類に入ります。
というのも、情報がすべて虚偽であり、水商売なのにOL、ありもしない会社、収入証明書も偽造です。職業欄が事務員も嘘、勤続年数も適当であれば、犯罪そのものです。

しかし、この方法でカードローンを手にして、完済をしたら問題はないという方もいます。
少なくとも信用情報は自分のものですし、きちんと返すので大丈夫というのですが。

事件にもなっています

最近では、金融業者ではアリバイ会社の電話番号などの掘り起こしも始まっています。
もし、アリバイ会社で審査を受けていたとしたら、ローンカードの剥奪と半永久的ブラックリストとして、大手消費者金融の借入が一切できなくなってしまいます。

金融事故も勤続年数も少し時間をおいて

勤続年数が1年以上になれば、風俗店勤務でも普通に審査をうけることができます。
金融事故も時間が経てば甘い審査の中小消費者金融などでは借りれるチャンスがあります。
どうか犯罪まがいな行為で、不正にカードローンを作ることはしないでください。
風俗店勤務でもキャッシングはできるのですから。