一口に風俗と言っても、働く条件が違います。
時間と曜日が自由に選択できる。
準社員のように毎日数時間働くなどでは、収入も大きく違います。
また、キャバ嬢、ソープ嬢、デリヘルなどでは職種によっても収入に差が出ます。
それを月収や年収の換算ができますか?

平均は当てにならない


これはOLも同様ですが、風俗だからととても高い収入であるとは限らないようです。
OLよりは稼いでいるだろうとの観測もありますが、実際には個人で収入は大きく違います。
よって、カードローンの申し込みのときは、収入に合わせた限度額設定になります。
インターネット申し込みなどのときには、だいたいの数字を入れることになります。
年収で100万円みたいな風俗嬢の場合は、審査が難しいでしょう。

こちらは社会常識?


月に数万円の収入しかない風俗嬢と言えば、労働していないと判断されることがあります。
今年は半分しか働いていないということであれば、最初から審査はむずかしいでしょう。
大手消費者金融の審査は、風俗嬢の場合は高い収入だけど、不安定になっているので、限度額が低めと設定しています。
ただし、少額の借入でもきちんと完済をしていく方であれば、徐々に限度額が上がっていきます。
それなのに、初めから年収100万円程度の風俗嬢であれば、月に何日出勤していますか?
キャッシングよりはもっと働けば、借りなくても済むのでは?という判断になります。

審査落ちの理由として

働いていないということになります。
単に年収が低いのは、普通の昼間アルバイト週5日出勤してやっと100万円の年収と風俗嬢の年収100万円では話しが違います。
そこで、風俗嬢であれば、もう少し高い収入が必要ではないかと思われるのですが。
ただ、あくまでも審査の推測であり、月に数回しか出勤をしていない風俗嬢では、借り入れができない可能性が出てきそうです。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


風俗嬢は派手?


風俗嬢の中には年収1000万円越えの方もいます。
しかし、お金の使い方も荒いなどのイメージもあります。
現にクレジットカードの記録を見ると、肌な買い物をしている方もいます。
必要とは言え、きちんと返済ができる範囲内なら良いのですが。
大手消費者金融ではクレジットカードの記録も審査対象になります。
ただ使っていたとしても、きちんと返済ができている状態なら、そのまま借り入れができることがあります。
ただし、最初の限度額は総量規制の年収3分の一に届かない低い限度額になることが多いです。
不安定な収入の方に良くあることです。