風俗嬢がお金を借りるときには、ネームバリューのある大手消費者金融カードローンでも銀行カードローンでもOKです。
大手消費者金融では、職業欄に風俗業の業種もあります。
接客の職種もありますので、堂々と申し込みができます。

気になる在籍確認


インターネットで申し込みしたとき、個人信用情報と申込内容の審査をします。
風俗嬢でも問題がない場合は、在籍確認があります。
そこで、在籍確認についてはちょっと気になることがあります。
そもそも在籍確認はどうやって行うのでしょう。
申込者が勤務しているかを確認するだけです。

フー子フー子

ちょっと待って。申込は本名だけど、私の源氏名しかスタッフは知らないんだけど、どうしよう?

大丈夫です。源氏名での在籍確認もしてくれます。もし源氏名で在籍確認を希望している方は、インターネット申し込みをしないで、電話での申し込みで説明が必要です。もしくはインターネット申し込み後に電話で源氏名で在籍確認をしてほしいことを申し出て下さい。
この連絡がないと本名での在籍確認になります。

フー子フー子

そうなの?良かった。でも店に出ている時間が遅かったり、対応はできないかもしれないわよ?

そちらも大丈夫です。スタッフが対応だけで良いです。本人が在籍確認の電話で話をしなければならないことありません。出勤していなくとも在籍確認ができます。

フー子フー子

良かったわ。でも在籍確認とは言わないわよね?

はい。在籍確認は個人名で行います。源氏名でいますか?と聞くだけです。今日はいませんと言われたとしても在籍確認になります。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓



在籍確認は勤務していることがわかれば良いのです。
もし、派遣会社からの派遣の場合は、風俗店に在籍確認だけではなく、派遣会社に派遣社員として働いているとわかっても大丈夫です。
風俗嬢として、派遣されていることがわかることで在籍確認は完了します。
要は収入があることの証明されることが必要なだけです。
すべての審査が完了して、最後の確認のようなものです。
在籍確認は、なくてはならない審査です。
源氏名でも夜の指定もOKです。
最近では大手消費者金融でも銀行カードローンでも風俗嬢などの申込者が多いので、対応ができます。

その他不安なことがあるときには、インターネット申込にするのではなく、最初から電話での申込がおすすめです。
レディースローンであれば、スタッフが必ず女性になります。