風俗でも借りられる

風俗で働いている方の大手消費者金融の属性として、風俗が有れば問題はないです。
しかし、自分の給与形態によって、属性が変わります。

審査通過率にも影響

◯◯会社の派遣として風俗に働いているのなら、勤務先は◯◯会社・接客業でOKです。
男性の風俗店の従業員などは多いかもしれません。

その形態がバイトでも本業が◯◯会社勤務です。
在籍確認もそこで昼間にできるので有れば、それもOKです。働いているのは夜ですが、雇っているのはその会社であり、昼間の事務員が電話で在籍確認の対応があって解決です。

私は個人事業主

これは、報酬制の働き方で、不定期に店にでている方などにおすすめです。
◯◯会社と有れば良いのですが、勤務先の店名で報酬で働いている。
確定申告書で、個人事業主として風俗の仕事をしているという属性です。

この場合、不定期であることから在籍確認も自宅になることがありますが、店で良いのならお店へ電話確認をすることで、個人事業主としてのキャッシングができます。

どちらもOK

風俗としての働き方としては、どちらでも属性を決めることができます。
大切なことは在籍確認ができることです。

また、収入も確定申告書があれば収入証明書変わりにもなりますが、アルバイトとしての場合、報酬の形であればもらえないかもしれません。

基本的にキャッシングはできます。
しかし、50万円以上の借入をしたいときには、収入証明書がなければNGです。

あくまでも個人信用情報機関に金融事故がない場合

ブラックでは事情が変わります。基本的には風俗での多重債務も可能ですが、大手消費者金融が審査落ちなら中小消費者金融に行くのも良いでしょう。

ブラック対応業者として、大手消費者金融と同じ審査ですが、審査基準は甘いです。
ブラックでも融資OKになり、キャッシング体験談は多いです。
在籍確認電話は絶対にありますが、信用情報での事故があったとしても借りれるとの評判です。

フリーローンの使いすぎ注意

風俗では、月収の変化が大きいこともあります。ですから、使いすぎには注意をしてください。

今月と来月の収入が変わるときに支払いがではないのでは、審査落ちになることもあります。
中小消費者金融では借りやすいですが、一度審査落ちになると、その後のキャッシングがうまく行かないことも多いです。

また、どうしても返済ができないときには、いつでも債務整理ができるように対応することも必要です。債務整理で出直しをした方が良い場合はほとんどです。