風俗でも問わないという金融業者も多い

カードローンや消費者金融の審査では、収入や信用情報が大きな条件になります。
働いている20歳以上の方とくくると広範囲ですが、職種で借りれるかどうか不安な場合もあります。

風俗は借りられないと言うのは本当?

キャッシング審査の際に、風俗だというだけで審査落ちしてしまったという口コミもないわけではありません。

しかし、最近はキャバ嬢も、金融業者では借りれる職種として対応しています。
審査の基本は収入ですが、その裏付けとして在籍確認ができれば、キャバ嬢もソープ嬢も借りれる金融会社は多いです。

てっきり、風俗はお金を借りられないと思っている方、そんな事はないですよ。

収入の証明が難しい

実際に、◯◯店の◯◯という源氏名で働いています。

しかし、収入証明書がないので、年収と聞かれても分からない。毎日勤務先に行くわけでもなく、日当的なお金のもらいたい方をしている方は、収入がいくらかを証明することができないです。

それは、自分で収入証明書を作ることができます。

確定申告書の作成

風俗で正社員として働いている、バイトで入店している場合には、雇い主は収入証明書をくれるはずです。

しかし、不定期での出勤でシフトなどで働き、お金も現金払いの場合は、自分で貰ったお金をメモして月収と年収を出してください。これを、確定申告をすることで、個人事業主としてのキャバ嬢が出来上がります。

公的書類である確定申告では納税義務なども発生しますが、ローンにも使えますしキャッシングでも文句なく対応してくれます。これによって、風俗で借りるのではなく、個人事業主としての申し込みが可能になります。

審査が通らない方は試してみて

この確定申告書と在籍確認ができ信用情報で問題がないのなら、風俗でのキャッシングは成功します。年収も確定申告の金額では証明はバッチリですし、在籍確認電話は直接店におねがいしたり、派遣などの場合は派遣会社でもOKです。

キャッシング体験談も多数

大手消費者金融での申し込みでは、風俗は問わないと言われました。
問題なのは収入があることと、在籍確認ができれば大丈夫ということです。

大手消費者金融で審査に通らないということはないようですから、自身で確定申告書やメモした金額でだいたいの月収を申し出ることで、限度額は多少低くなるかもしれませんが、借りることはできます。

アイフル公式HPでもカードローン会社でも、風俗はキャッシングに沿えないとない限り、申し込み対象になります。

キャッシングは可能 その前に準備したい収入証明書

稼ぎの良い風俗でも、お金が足りない、キャッシングをしたい場合はあります。
そんな時、風俗と言う仕事では、貸せないと言われたらどうしようと悩む方もいます。
まずは、悩まないでください。風俗でも借りれるキャッシング業者はあります。

銀行カードローンでも対応しているらしい

銀行も大手消費者金融も安定収入があれば、申し込みができます。

問題としては、週に一回して出勤していないとか、収入が審査基準に足りない状態での申し込みです。今は風俗で通っているけれど、前は何もしていなかったから年収が少ないとか、まだ数ヶ月しか働いていない場合、風俗でなくても審査は通らないです。体験入店の段階でも難しいです。

勤続年数は1年以上で在籍確認電話でOKであれば、風俗での収入はそれほど少なくないのは担当者はわかっています。在籍確認の時に、色々と聞くことはないので安心してください。

自動契約機でも対応

インターネットで申し込み、自動契約機でカード発行がベストです。
大手消費者金融なら即日融資です。

風俗で働いている場合、身分証明書が国民健康保険証しかない場合があります。
それでも対応してくれるのですが、もし申告などをしていない、保険証がない場合でも、運転免許証があれば審査に通るでしょう。

しかし、もしキャッシングを50万円以上したい場合には、収入証明書が絶対に必要になります。

収入証明書はない?

確定申告をすることで作る事ができますが、2月までまたなければならないケースも多いです。
融資をするのに、収入証明書がないことは少額では対応できても、50万円以上に関しては、収入証明書がなければ貸せないのです。決して風俗だからではなく、証明書の問題です。

ブラックでも借りれる中小消費者金融の場合、少額のキャッシングでも収入証明書が必要な場合がありますが、同時に保険証の提示もある金融業者も多いです。保険証がないということは納税義務を果たしていないということで、運転免許証の他に提出をする場合があります。

キャッシング関係なく、この機会に

キャッシング体験談で風俗でも確定申告ができる、キャバ嬢も個人事業主になれることがわかります。この収入証明書があることで各種ローンを組む事ができますし、保険証などもみきちんと交付されます。

安定収入の証拠であり、腰掛け程度で日当での風俗業務でも収入証明書がない場合は、毎日の日当のメモで確定申告を行うことをおすすめします。それがあると、お金が足りないからキャッシング、信用情報で事故情報がなければカードローンを作りたい場合も即日融資ができます。

在籍確認電話の難しさ?風俗の源氏名でもOK

風俗では源氏名で働いている。本名は、上司にしか明かしていない。
キャバ嬢やソープ嬢の多くはそのような方です。

キャッシングをしたいけれど、在籍確認で私の名前を言ったとしても、スタッフは本名を知らない。このままではお金は借りれない?

大手消費者金融の対応はいかに?

アイフル公式HPの貸付対象者は、満20歳以上満70歳未満の定期的な収入がある方とあります。
審査に通ることも当然ですが、風俗に関しては、20歳以上、収入も定期的に勤務していることで、申し込みはできます。

在籍確認はキャッシング業者では必ず行うことであり、代用として写真付きの社員証で対応してくれる場合があります。風俗の写真で対応してもらえるかどうかは確かではないのですが、多分店に直接電話をすることになります。

在籍確認電話については、本名は申し出ないので源氏名でおねがい、でも対応します。
ですから、本名を知らないスタッフでも、源氏名で言えば対応できます。
今いない、来ていない、でOKなのです。

勤務先にも言うことではない

消費者金融からの在籍確認電話がかかってきます、何ていうことは言う必要はないです。
担当者は、◯◯さんはいますか?というだけです。
そこで、いることがわかれば融資になります。

安定収入で言えば、週に2回以上で年収にして100万円程度になれば、審査は通るはずです。
あとは信用情報などで、これは風俗とは関係ない自身の問題です。

大手消費者金融では、風俗も働き方なども問わない、とにかく普通に収入があることが審査ではポイントになります。キャッシング体験談を持つキャバ嬢などはとても多いです。

即日で5万円借りたいキャバ嬢

5万円と聞くと大金のようですが、在籍確認電話と信用情報で金融事故がないキャバ嬢ですと、審査に通らないということはないでしょう。

問題としては、収入をきちんと言えることです。10万円程度の収入ですと、5万円は貸せないでしょう。しかし、30万円とか40万円という内容であれば、キャッシングOKです。

この時に、虚偽申請だけは絶対にしないでください。
今回嘘をついて5万円借りたとして、今度はキャッシングで50万円以上したい時に、収入証明書が必要になります。以前の嘘がバレる瞬間であり、50万円の希望金額は沿えないと審査落ち。おまけに虚偽申請で、ブラックリストになってしまうことがあります。

会社員のように収入証明書がない時点で、多少融資額も低くするのが金融会社です。
これは確定申告書のような書類があれば別ですが、口頭での年収ですと、だいたいこの程度、信用情報で金融事故がないから多少貸してくれるというものです。

ですから、最初は正直にキャッシングをして信用を積むことで、キャッシング額も大きくなるかもしれません。収入さえ安定していれば、ブラックはこの対応はありませんが。

アリバイ偽造会社は絶対にバレる

お金が足りないからキャッシングをしたい。
だけど風俗だから、貸せないと言われたらどうしよう。
そんなことで悩まないでほしいのですが、アリバイ偽造会社なるものの存在があります。

会社勤めにしてあげる

このアリバイ偽造会社の特徴は、キャッシング業者からの在籍確認電話の対応、社員証や保険証などの偽造を行っています。キャバ嬢だけどその会社名を使って、大手消費者金融の申し込み、審査が通ればアリバイ会社の電話番号に在籍確認ができると言うかたちです。

融資OKで、そのニセモノ社員としてキャッシングができます。
もう風俗だから心配ということはないのです。

カードローン審査では禁止行為

これは明らかな虚偽申請ですが、アリバイ偽造会社を使ってしまい、後でバレた場合信用情報にも大きく傷をつけることになります。

だって、風俗はお金を借りれない、審査も通らないという、これは単なる噂であり、大手消費者金融でも銀行カードローンも、満20歳以上で収入があれば風俗でも申し込みができます。
審査に通るかどうかは、個人の問題ですが、「風俗」が審査落ちの原因にはならないのです。

キャバ嬢のキャッシング体験談

あるキャバ嬢は、大手消費者金融のレディースローンに申し込みをしました。

そこでは、正直にキャバ嬢であること、仕事は週3回で、月収は30万円超であることも言いました。詳しく一回のどの程度の稼ぎなのかなどを聞かれて、本来なら総量規制分の年収3分の一ですが、それよりも低い金額のキャッシングができたようです。

在籍確認電話もあり、担当者はレディースローンですから必ず女性。
私用電話のような対応で、審査通過ができました。
はっきり言って、風俗お断りのキャッシング業者もあります。

これは、風俗が水商売と言われるように、いつ失業をしてしまうか知れないという危機感から来るものです。ですから、申し込みをした時点で、ご希望に沿えないと審査落ちの報告を受けた方もいます。体験としては、風俗というだけで両方存在します。

銀行カードローン、大手消費者金融の対応

ベストな方法として、確定申告書を提出することです。
これで、キャバ嬢でも悩まないでキャッシングができます。
収入はきちんとある、在籍確認電話も源氏名で対応。
総量規制範囲内の融資を受けることができます。

わざわざアリバイ偽造会社を使う必要はない

在籍確認ができない風俗店だから、と言うのは店にキャッシングの在籍確認がかかってくると言わないのです。

私用電話の内容ですから関係ないですし、収入証明書がないのなら、確定申告で対応できます。
堂々と風俗で働いてキャッシングができるのです。

返済能力の有無を確認するのは消費者金融の方で、あとは自身の信用情報の内容いかんです。
風俗でもお金は借りることは可能です。

金融会社の対応 原則的に風俗はOK?

一度消費者金融の審査に通ったのなら、別のカードローンも作りたい。
大手消費者金融では、総量規制範囲内で2社程度は可能です。

しかし、3社目では、ご希望に沿えないと審査落ちになります。
ところが、中小消費者金融では、4社程度の審査が通ると言いますが、これは審査次第です。
返済能力があれば対応してもらえるでしょう。

風俗でも大丈夫?

ズバリ、大手消費者金融でも中小消費者金融でも条件が揃えば借りれるのです。
てっきり借りれないと思っていた方も多いですが、それが案外とうまく行くことが多いです。

ただし、収入証明ができること、在籍確認電話ができないと、キャッシング業者は貸せないという対応です。どんな職種でも、これが必要です。ですから、バイトはOKですが、日雇いバイトで気まぐれで収入を得ている方は借りれないです。

また、キャッシングを50万円以上したい方は、大手消費者金融では必ず収入証明書がなければ審査は通らないです。言い換えれば、風俗でも収入証明書があれば、50万円以上のキャッシングも可能です。

勤務先がお店ですが在籍確認ができ、収入証明書としては確定申告書があれば十分です。
毎日のメモ書きの収入をきちんと足して、真面目に働いていれば、風俗なら相当な金額の年収になることでしょう。確定申告は、金融会社では個人事業主です。

風俗でもこんなケースは危ない

もし、個人情報に厳しい、私用電話は禁止という場合は、予め在籍確認で電話が来ること申し出ないと、在籍確認でいませんと言われたら審査落ちです。

担当者が個人名で在籍確認電話をするのですが、電話に出る方にきちんと伝えて、これは個人情報漏えいでもないことを言いましょう。ここでの在籍確認NGは消費者金融として貸せないと否決してしまいます。

信用情報でブラック、でも借りたい

大手消費者金融では審査落ちですが、中小消費者金融では対応します。
信用情報については、債務整理は5年以上経たないと借りることができませんが、中小消費者金融の多くは数年での借入が可能です。

また、多重債務者なども、中小消費者金融の柔軟審査で借りることができますが、キャッシング50万円以上したい、即日5万円借りたいという希望には沿えないでしょう。

総量規制範囲内だとしても、中小消費者金融でもブラックで即日5万円は厳しいですし、50万円以上のキャッシングはたいていできないです。風俗だからではなく、ブラックだからできないことです。在籍確認や収入証明書がある風俗に勤める方なら、中小消費者金融でのブラック融資は可能です。