水商売と正社員の差 差別ではなく属性の関係

キャバ嬢でもキャッシングができます。
消費者金融も銀行カードローンも、在籍確認と収入があるのならカード発行ができます。

カードローン会社では、特に在籍確認で勤務先がきちんとしている場合、水商売でも借入ができます。ちなみに、ホステス、ソープ嬢以外の従業員なども同様です。
職種は水商売でも、パートやバイトの扱いであれば、審査は通るのです。

接客業には違いない

アルバイトでも、大手消費者金融のキャッシングができますが、喫茶店で勤めていますでOKです。

限度額は収入に見合った内容ですが、ソープランドに週二回勤めています。
これでも、アルバイト的な属性での審査になります。

ただし、総量規制以下の金額になることがあります。
ソープ嬢の場合、月に100万円以上稼ぐ方もいます。そのような方は、社会では上場会社や社長クラスですが、水商売では同じ横ならびの属性ではないです。

差別ではない

職業の差別ではなく、属性です。収入が安定しているかどうか?です。
会社なら給料で勤続年数も長くなりますが、水商売の場合は永続的な高い収入が見込めないのが、原因です。

差別ではないのですが、もし水商売でも完済ができて信用が高ければ、金融会社の担当者の判断でキャッシングの機会は増えます。要は、限度額内の借金で完済実績があれば、属性以上の信用ができます。

最初の申込ではどうしても属性で分けるしかなく、水商売の場合は限度額の減額ということは、収入の不安定さゆえの判断です。

水商売で断られる場合

水商売だから、お金を借りることができなかった。そんな口コミもありますが、それは収入の裏付けができなかった、在籍確認ができないなどの要因です。

また、金融会社によっては、水商売NGのところ(数は少ない)もあります。
そうしたところの申込は、審査落ちではなく申込対象ではないということです。

週に一回の水商売の仕事。年収にして100万円もない。
勤務して数ヶ月などの場合は、水商売関係なく審査落ちになります。
信用情報などでブラックの場合は審査落ちになりますが、これも不安定な収入ではローンカード発行ができないことはあります。

風俗嬢、キャバクラ嬢、ソープ嬢、そしてホストも収入があり、在籍確認ができることで、借りられる大手消費者金融は多いです。

融資を考えている方でも安心

多分以前は水商売は、NGが多かった時代もありました。
本当はそんなことはなく噂先行ですが、収入が多いとされる水商売では、金遣いが荒いと言うイメージも存在します。そんな事はなく、返済計画が立てられる方、過去のキャッシングなどで完済実績があれば、より審査に通りやすいでしょう。