お金借りる 水商売 審査

仕事の種類によって、銀行系ローンや消費者金融会社の審査に、通る通らないの差があるのでしょうか?一般的に、風俗店勤務の女性やホステスなどの水商売をやっている人は、借入しにくいといわれているようです。

実際のところ、キャバ嬢のカードローンはどうなのだろうかと考えてみたところ、日雇いの体験入店でお店を転々としているような人は、キャッシングは厳しいと思われます。一か所で続けて勤務していて毎月安定した収入があり、返済能力がある人の場合は普通に借入できると思います。

プロミスなどの大手カードローンでも、新生銀行カードローンレイクのような銀行カードローンでも、ジャパンネット銀行のようなネット銀行でも条件をクリアしていれば、職業が水商売でも関係ないと思われます。例えば、自動車ローン審査も、毎月安定した収入があれば水商売でも問題ないと思います。

中には水商売では借入審査に通らないからと、偽装会社に依頼して、勤務先情報や給料明細、源泉徴収票を、普通の会社員のように偽装したり、在籍電話確認も嘘の確認を手配する人がいるようですが、それは犯罪行為になりますので気をつけましょう。

そのようなことをしなくても、毎月きちんと働いて安定した収入がある人は、信用情報などの他の属性に問題が無ければ、金融業者と契約できると思います。ただし、必要書類の本人確認は運転免許証や健康保険証、住民基本台帳カードなどでいいのですが、融資限度額が50万円以上の場合などに、必要な収入証明書で悩むかもしれませんね。

キャバ嬢のような夜の仕事や水商売の人の多くは、報酬制の個人事業主となっていて、自分で確定申告している人が殆どだと思います。なので、収入証明書は確定申告書の控えでいいかと思います。

水商売の人は稼いでいるお金も大きいですが、生活費以外にかかる経費がすごく大きいと思います。仕事で着るドレスも自腹といいますし、ヘアセット代も毎日かかるわけです。色々な付き合いもあるでしょうし、必要経費がかさんでカードローン利用をしている人は多いと聞きます。

また、仕事柄、闇金融関係の人と知り合う機会も、普通の人よりは多いと思いますが、そういうところでの借金は絶対にしないようにしましょう。一度、借りてしまうと法外な利息ばかりを払わされて、利息が払えない、別の闇金から借りてでも払わされるという、地獄を見ることになりかねませんから注意してください。闇金などで借金しなくても、普通の金融機関で借入可能です。

もし、信用情報に金融事故情報があったとしても、中小消費者金融や街金でもWEB完結できる業者がたくさんあり、自宅にいながら振り込み融資で借入が可能です。水商売の人も、お金を借りることは難しいことではないということを、知っておいてほしいと思います。