お金を借りるには


どうしてもお金が必要なときは、いろいろなお金の調達方法がありますが、自力で返済することを前提として考えると銀行などの金融機関や、消費者金融会社などの貸金業者からお金を借りるのが一番手っ取り早いでしょう。

もっとも、必要なお金が1万円あるいは数万円程度でしたら、誰もが持っているクレジットカードのキャッシング機能を使う方法があります。数万円程度でしたら、このキャッシングが一番簡単です。

しかし、ショッピングでの利用で翌月一括払いにすると金利手数料が掛からないのですが、キャッシングについては翌月一括払いでも金利手数料が掛かります。厳密に言うとキャッシングした翌月から日割りで金利手数料が計算されて、次の締め日まで金利計算が日割りでされるのです。

1万円とか数万円程度でしたら、100円200円程度の金利手数料となりますが、それでもいくらかの返済利息は支払わなくてはいけないので注意が必要です。そして、クレジットカードのキャッシングの金利は高く設定されています。高いと言われる消費者金融会社の金利よりも高くなっていることもあるので、その点にも注意したほうがいいでしょう。

クレジットカードのキャッシングを利用したくない場合は、銀行や消費者金融会社からお金を借りることになります。いきなり消費者金融会社からお金を借りる人は少ないと思うので、まずは銀行カードローンに融資の申し込みをしましょう。

ここで融資の申し込みをすると銀行は、申込者が信用できる人か、きちんと貸し出ししたお金を返済してくれるのかを審査します。審査される側としては、あまり良い気持ちはしませんが、お金を借りるということはそういうことですし、友人知人にお金を貸してくれといったときに快くお金を貸してくれるのは、長年のつきあいで気心が知れていること、お金を貸しても必ず返してくれるという安心感や信頼感があるからです。

しかし、銀行カードローンに融資の申し込みをした場合は、どこの誰かわからない人から申し込みですから、銀行もすぐに融資をしてくれるわけではないのです。申し込んで来た人が信頼のおける人かどうかを審査しなくてはいけません。審査に通りやすい通りにくいということを判断する一つの指標を属性と呼んでいます。属性が高いとお金を借りやすく、すなわち審査に通りやすいのですが、属性が低いと審査に通りにくくなるのです。

この属性というのは一つの項目ではなく、さまざまな項目から成り立っています。その中でも属性の高低を決める有力な項目が、雇用形態なのです。正規雇用、いわゆる正社員の人でしたら、属性は高くなります。一方で非正規雇用の人でしたら属性が低くなるのです。これは単に収入の多い少ないということではなく、その雇用が安定しているかどうかということです。

正社員でしたら、雇用が安定していて、終身雇用制が崩れたと言われていても会社が正規雇用されている人を簡単にはクビにできません。いうなれば身分あるいは雇用というものが保障されているということです。それが言うなれば安定した収入に繋がっているということです。

一方で非正規雇用の人でしたら、雇用契約が有期となるので、3ヵ月あるいは6ヵ月、さらには1年単位で雇用契約が更新され、更新するしないも会社側が決めることができるので、本人の意思とは関係なく更新されなければ、雇用契約は破棄されることとなるのです。そうなると、収入のあてがなくなるので、そういったことも加味されて非正規雇用の人は、銀行カードローンの審査に通りにくいということになるのです。

また、銀行カードローンの場合は、保証会社の審査にも通らなくてはいけません。いうなれば、銀行と保証会社の二つの審査が一つの申し込みで行われることになるのです。保証会社というのは、カードローンなどの利用者が銀行に対して返済不能となった場合に、利用者に代わって返済をしてくれるものです。もっとも返済不能になった場合は、保証会社が利用者に代わって残債務全てを銀行に返済してくれます。

そうなると利用者の債務はどうなるかというと、保証会社からの債務となるのです。言うなれば、保証会社が立て替えた残債務はそのまま保証会社から、利用者に請求されるということです。ですから、銀行としては貸し倒れにあってもノーリスクということですが、こういった場合保証会社の審査が厳しくなるかもしれません。

さらに、銀行カードローンに融資も申し込みをした場合は、警察庁のデータベースへの照会が義務づけられていて、その紹介情報を得るのは当日ではできないので、物理的に銀行カードローンでの即日融資というのはできなくなりました。警察庁のデータベースの照会というのも、不正融資防止の一貫なのですが、即日でお金を借りることができないのは、銀行カードローンの大きなデメリットと考えていいでしょう。

あるいは、正社員でしたら、銀行カードローンの融資を受けやすいのですが、借りやすいからといって何軒も銀行カードローンから融資を受けていると、いつか銀行もお金を貸してくれなくなります。それは、銀行が複数の債務のある人にはお金を貸したくないからです。返済能力に難有りとみられること、借金癖があるのではと思われることなどが主な理由です。

一般的に借金を繰り返すごとに、属性は低くなっていくので、正社員といえども複数の債務があると銀行カードローンの審査に落ちてしまうことがあるのです。

消費者金融会社で借りる


銀行カードローンでお金を借りることができなければ、後は消費者金融会社でお金を借りるしかありません。消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンの審査に落ちた人の、良い意味での受け皿的な存在と言えるでしょう。

また、属性に少しでも不安のある人は、銀行カードローンに融資の申し込みをするよりも、審査に落ちるダメージがあるので、消費者金融会社に直接融資の申し込みをすることが多いようです。

というのも、銀行カードローンの審査に落ちてしまうと、信用情報機関に審査に落ちたという情報が記録されてしまい、消費者金融会社のカードローンに申し込んださいに、審査に落ちた情報を照会することになり、そういった場合そこで審査打ち切りということになるのです。これを申し込みブラックと呼んでいます。

審査に落ちたという情報は向こう6ヵ月くらいは消えませんので、その間は消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをしても審査には通らないのです。ですから、消費者金融会社のカードローンに融資の申込みをするときは、万全の体制で申込みをするようにしましょう。属性に不安があるのでしたら、すぐに申込みをするのではなく、消費者金融会社の店舗の窓口に相談するなど、ワンクッション置いたほうがいいでしょう。

あるいは、電話での在籍確認をする場合が多いので、その対策もしっかりと取っておいたほうがいいです。在籍確認が取れない場合は、カードローン審査に通ることはできません。

さらに、収入証明書など収入がわかる書類もあらかじめ用意しておいたほうがいいです。勤務先情報などは当然ですが、必須ですし、働いていることが前提となるので在籍確認は必ず行われます。できれば、消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンで借りることができたらベストでしょう。

水商売の人のキャッシング


水商売の人は、消費者金融会社などでお金を借りることができるのでしょうか。水商売の人でも勤務形態は様々でしょう。時給で働いている人もいれば、社員として働いている人もいるでしょう。中には風俗嬢のように個人事業主として働いている人もいることでしょう。

総じて水商売の人はパートアルバイトの人が多いと仮定して話を進めてみます。この場合は、普通のパートアルバイトと条件は同じと考えていいでしょう。パートアルバイトの人が水商売をしていると考えるとわかりやすいです。

そうなると、単純に雇用形態による属性と収入の問題になるということです。お店で働いているからどうとかということは、あまり影響しません。キャバ嬢はどうなの?という話になると、これは個人事業主として扱われますが、こうなると収入だけの問題となるでしょう。

風俗関係もひっくるめて水商売と考えてしまうと、属性はそれほど高いものではありません。前述したように、パートアルバイトと同様と考えていいでしょう。お店の中にはお金を借りやすいように、あるいは身分を保証できるようにアリバイ会社を用意しているところもあります。そうなると、電話による在籍確認もできやすく、そういった場合は大いにアリバイ会社を活用するようにしましょう。アリバイ会社があるだけで格段にお金を借りやすくなります。

もっともアリバイ会社を用意してくれるのは風俗関係が多いと考えたほうがよく、水商売だったら必ずアリバイ会社があるとは限りません。もっともパートアルバイトでしたら単純にお店に電話して働いているかどうか確認ができるので問題はないでしょう。

水商売はキャッシングローンを借りにくい?


前述しましたが、水商売の雇用形態はパートアルバイトに近いです。また、消費者金融会社で借りるとなると、収入の3分の1までしか借りることができないという総量規制にかかります。そのため、収入証明書の提出が求められるのです。

前年度の年収が300万円だったら100万円まで借りることができます。実際に他に借り入れがなく、安定した収入と認められたら、年収300万円で100万円の借り入れは問題なくできるでしょう。審査はありますが、電話での在籍確認が取れて、収入証明書の提出ができれば、審査に通るのは難しくないでしょう。

返済能力が大切


水商売をしている人は、消費者金融会社から借り入れするのはそれほど大変ではありません。結局は返済能力が求められることになるので、安定して働いていて、前年度の収入証明書などが提出できれば、審査にも通るでしょう。

もっとも他社借り入れがあるとか、複数の債務があれば、途端に審査にも厳しさが出てくるので、水商売の人がお金を借りるときは、できるだけ現在持っている借金の完済を先にしたほうがいいのは間違いありません。

複数の債務があるときにまたお金が必要となったときは、お金を借りるまえにまずはおまとめローンなどを利用して、債務の一本化をするようにしましょう。おまとめローンの審査に通って、借金を一本化できたら、改めて新規の借り入れを申し込むようにしたらいいのです。