水商売でもキャッシング審査に通る

銀行や大手消費者金融会社のキャッシング審査に落ちたので、もうお金を借りることは出来ないと考えている人もいるのではないでしょうか。属性が低いという理由以外に、消費者金融会社での借入れがすでに総量規制の対象になっている可能性があります。

これは、収入の3分の1以上の借入れが消費者金融会社からはできないという規制なのです。法律で定められているので、いくら属性がよくても消費者金融会社からの借入れは、年収の3分の1以上は借りることができないのです。

もっとも、この総量規制の対象は消費者金融会社のローンだけで、銀行は対象外となっているのです。すでにこの時点で他社借り入れがあると、銀行カードローンの審査に通るのも難しいでしょう。このことからも最初の借入れは銀行からしたほうがいいのです。

それと総量規制でしたら、返済を続けていくと借入残高はどんどん減っていくので、融資可能額は反対に増えていくことになります。そうなると、新しい消費者金融会社に融資の申し込みをするよりも、融資可能額が増えるのですから、新たに利用しているカードローンからの借入れをしてもいいでしょう。

そして、結局は総量規制ギリギリまで借りてしまうことになるので、結果的には堂々巡りということいなりますが、お金が必要でしたら背に腹は変えられないのです。それと、多重債務を解消したいのでしたら、おまとめローンを利用するという方法もあります。これは消費者金融会社でも利用できるのです。

総量規制は一般的なフリーローンが規制対象となっているので、おまとめローンなどは目的ローンに分けられるので、総量規制の対象外ということです。他に不動産担保ローンや、個人事業者や法人経営者向けの事業者ローンなども総量規制の対象外となっています。

おまとめローンを利用する際は、債務残高の合計を把握しておく必要があります。債務を全て完済できるほどの融資可能額でないと、おまとめローンを活用する意味がありません。ですから、借り入れ先の債務残高を全て申し込み先の消費者金融会社に提出して、完済できるだけの融資を申し込まなければいけないのです。その融資可能額が債務を完済できるほどのものではないと、おまとめローンも意味がありません。

消費者金融会社の中でもおまとめローンを金融商品として用意しているところは、大手以外では中小消費者金融会社の一部となっています。過去に滞納などの履歴があると、審査落ちとなる場合があるので注意しましょう。