お金が必要なとき


お金が必要なときは、銀行あるいは消費者金融会社からお金を借りることでしょう。その前に自分で調達できるかどうかを考えたほうがいいでしょう。

数万円ならともかく必要なお金が数十万円というのでしたら、友人知人に借りるとか、働いてお金を貯めるとかそういったことはすぐにはできそうもありません。そうなったら、お金をなんとかして銀行か消費者金融会社から借りるしかないのです。

もっとも、消費者金融会社のカードローンなどでお金を融資してもらうよりは、まずは銀行からお金を借りることができないかを考えたほうがいいでしょう。それは銀行カードローンなど、銀行の金融商品のほうが消費者金融会社のカードローンの金利よりも低いからです。

どこで借りてもお金の価値は変わりません。それだったら少しでも金利が低いほうが返済利息が少なくて済むからです。ですから、最初は銀行からお金をかりるように模索しなくてはいけません。

まずは、銀行カードローンの融資に対する申込み条件を確認してみましょう。これは思っているよりもかなりシンプルです。それは、満年齢が20歳以上であること、そしてもう一つが、安定した収入のある人、この2点です。年齢については問題ないでしょう。もう一つの安定した収入というのが、毎月決まった金額の収入があるという意味に取ることが多いのですが、それがずっと続くことが銀行の場合は安定した収入を見る場合が多いです。

これはどういうことかというと、正社員を例にとると、ずっと変わりなく月給として給料を安定的に受け取ることができますし、その身分は会社によって定年まで保障されています。終身雇用制が崩壊したとされて久しいのですが、個人の理由などで一つの会社にずっと勤めるといった概念がなくなった部分が多く、少子化が進むこれからの日本は人材不足が深刻化してくるので、正社員の終身雇用制は堅持されるという見方が強いのです。

ですから、正社員であれば、自分から辞めることがなければ、会社からも強制的にクビにすることは難しく、そういった意味では正規雇用されている正社員は、定年まで会社勤めを続けることができるのです。一方で非正規雇用の人は雇用契約も有期という期限付きになるので、それが過ぎると、たとえば3ヵ月、6ヵ月長くても1年という雇用契約期間が過ぎれば、雇用契約を更新しなくてはいけません。

更新するかどうか決めるのは会社側ですから、必要ないと思ったら雇用契約の更新をしなければ、非正規雇用の人は会社をクビということになるのです。これは、非正規雇用の人は、根幹の部分で雇用が保障されていないからということになります。

雇用が安定していない人に銀行はお金を貸すことはありません。そのため、銀行カードローンは正規雇用の人は借りやすく、非正規雇用の人は借りることができないか、かなり厳しい状況にあるといっていいでしょう。

銀行カードローンの場合はデメリットとして、即日融資ができなくなりました。これはどういうことかというと、警察庁のデータベースに照会しなくてはいけなくなったからです。不正融資を防止する目的だということで、申込者を警察庁のデータベースに照会して、問題なければ審査通過ということになるのですが、その照会情報を得るのが即日はできずに翌日以降になるということなのです。

ですから、銀行カードローンに融資の申し込みをしても、審査を通過するのは早くても翌日以降になるということですね。これはすぐにでもお金が必要という人にとってはかなり厳しいものといっていいでしょう。

一頃はメガバンクを中心に、スピード融資とか即日融資といった言葉が踊っていた時期もあっただけに、銀行カードローンのフットワークの良さが奪われた感じとなってしまいました。もっとも、すぐに必要なく数日なら待てるという人でしたら、依然として銀行カードローンは魅力的な金融商品と言えるでしょう。

もっとも、正規雇用の人にとってという但し書きがついてしまうのはしょうがないのですが、非正規雇用の人でも収入が将来的に安定しているのでしたら、銀行カードローンの審査に通ることができるでしょう。そのあたりは窓口でしっかりと相談するのも一つの方法です。人柄なども審査に大きく影響する場合もあるので、いたずらに申込用紙を提出するよりも、窓口に行って融資の相談をするほうが心情的にも有利に働くことは間違いないでしょう。

また、正規雇用の人でも安穏としていられないのは、複数の債務があれば、途端に正規雇用の人でも新規のカードローンの審査に通らなくなってしまいます。その点には注意したほうがいいです。

銀行は複数の債務のある人には、審査に通らないといった措置をとる場合が多いです。そのため、申し込みをする側の対策として、事前におまとめローンなどを利用して債務の一本化を図るようにしましょう。その上で銀行カードローンに融資の申し込みをするようにします。その代わり、債務が増えるごとに属性は大きく低下するということも覚えておきましょう。

消費者金融会社のカードローンで借りる


銀行カードローンの審査基準が厳しいので、消費者金融会社のカードローンでお金を借りるという人も少なくないでしょう。

また、銀行カードローンでお金を借りすぎてしまって、他社債務も増えて銀行からお金を借りることができなくなったという人は、消費者金融会社のカードローン審査にも通る可能性が低くなるので、できるだけ早いうちにおまとめローンで債務の一本化をしておいたほうがいいでしょう。

債務件数が多いと、消費者金融会社からも多重債務者とみられて審査に通りにくくなってしまいます。もっとも、多少属性に不安のある人でも、消費者金融会社のカードローンの審査は銀行カードローンと比較しても審査に通りやすいでしょう。

さらに、消費者金融会社では電話による在籍確認が行われることが多いです。在籍確認ができないと審査に通らないということになるのですが、難しい人も中にはいるでしょう。収入証明書の提出と会社に勤めていることが証明できるもの、例えば健康保険証の提出で在籍確認をしなくてもよくなることがあります。

加えて、会社の健康保険に加入していない非正規雇用の人は、消費者金融会社の窓口に相談するようにしましょう。一般的に消費者金融会社のほうが銀行カードローンよりも審査基準が緩いです。そのため、消費者金融会社のカードローンは、銀行カードローンの審査に通らなかった人の受け皿的な存在になっているのは間違いないでしょう。

あるいは、銀行カードローンでは審査に通るのが難しかった非正規雇用の人も、消費者金融会社のカードローン審査には通ることも難しくありません。複数の債務があるときはできるだけ早くおまとめローンなどを活用して、債務の一本化を図るようにしておきましょう。

消費者金融会社のカードローンに融資の申し込みをする際は、多彩な申し込み方法があります。WEB完結できる申し込み方法がありますし、電話やFAXでの申し込みもできます。店頭での申し込みも可能ですし、審査に通るかどうかのシミュレーションもしてくれるので、属性に不安があって審査に落ちて申し込みブラックになりたくない人は、窓口で相談するようにしたほうがいいでしょう。

また、大手消費者金融会社でしたら、むじん契約機が主要都市の各地に設置されています。急にまとまったお金が必要になったとき、それがたとえ夜だったとしても手続きを22時くらいまでに行えば即審査、即貸付けが可能です。急な出費でお金が必要になったときに大きな力になってくれることでしょう。

夜職キャッシングとは


夜職という言葉を聞くことがあります。夜の仕事ということは理解できるのですが、夜する仕事全てをこの場合、夜職と呼んでいるものではありません。この場合、夜職というのは水商売をしている人を指す言葉なのです。風俗関係も含めることもあるので、キャバ嬢なども夜職と考えていいでしょう。

考えてみるとこういった夜職をする人の属性はどうなっているのでしょうか。夜職をする人でもいろいろな人がいるでしょう。専業の人、バイトの人、メインの仕事を持っている人などです。ここでは専業で夜職をしている人をターゲットにして考えてみます。

専業といっても、時給の人もいれば正社員という人もいるでしょう。また、キャバ嬢の収入は時給で考えられることが多いのでアルバイトの人というイメージを持ちがちです。しかし、キャバ嬢も風俗嬢に分類されますし、水商売の仕事にも大きくは分類できそうなのですが、個人の属性から見るとキャバ嬢は個人事業主になるのです。

ですから、お店からは時給で報酬をもらっているということになります。個人事業主ですから、一般的には収入が安定しているとは言えません。ましてや夜職の人となると、収入が仮に高くても安定度に欠ける場合でしたら、カードローンの審査に通らずにローンカードを手にすることはできないでしょう。

夜職でもキャッシングできる?


夜職をしている人の収入は時給日給換算でしたら、比較的安定しているといってもいいでしょう。中には風俗業で接客していくらという歩合制で働いている人もいます。

そういった人は、給料に制限がないので、青天井で収入が増えていくことになります。月収数十万円中には100万円を超えるくらい稼いでいる夜職の人もいるのです。

もっとも、収入が多いから、お金を借りやすいということも必ずしも言えないのです。ある月の月収が50万円で、次月が10万円、翌月が30万円というのでしたら、3ヵ月で90万円の収入があったので、月々30万円の収入なのだなと誰もが思うことでしょう。

しかし、実際の内容が上述した通りでしたら、貸す側としては安定して収入を見られないケースもあるのです。もっとも前年度の年収で良ければ総額提示をしたらいいので、月々の収入にムラがあってもお金を貸す側にバレることはないでしょう。ですから、夜職の人でもキャッシングすることは難しくはありません。

夜職は借りやすい?


夜職の人は消費者金融会社からお金を借りやすいのかというと、高収入が認められれば審査に通るでしょう。もっとも収入があるのに、なぜわざわざ消費者金融会社からお金を借りなくてはいけないのかという、素朴な疑問が出てくるのです。

お金が必要な理由はひとそれぞれです。高収入であってもお金を借りなければいけないこともあるでしょう。借金の返済のために夜職の世界に身を投じた人も少なくありません。

返済するには仕事をして報酬を得なくてはいけないので、そういった意味では夜職というのが手っ取り早くお金を稼ぐ方法として、昔も今もお金に困っている人の収入の糧になっているのは間違いないでしょう。