夜職の仕事でカードローンもキャッシングもできる

夜職の皆さん。キャッシングができない、大手消費者金融の審査には通らないと思っている方はいませんか?夜職でも、現在は大手消費者金融カードローンの対応ができます。

夜職って、どこまでの範囲?

いわゆる水商売、風俗業全般です。
キャバ嬢、ソープ嬢、デリヘルなどでも安定した収入があると借りれます。
当然20歳以上であることは間違いないはずです。

既に借り入れしている方では、信用情報で不安。
それは申し込みができたということですから、借りられないということはないです。
夜職でもキャッシングOKは大丈夫です。

保証人は不要

賃貸物件などでは、未だに保証人は必要です。
しかし、これも保証人の会社もあり契約で対応してくれます。
キャッシング、カードローンではこの保証人も担保も要らない無担保のキャッシングです。

必要なのは、収入の内容と在籍確認であり、夜職としてきちんと働いていると証明されることで、大手消費者金融カードローンもできます。ちなみに銀行カードローンも対応しています。夜職がキャッシングできないなんて、今はナンセンスです。

収入はいくら?

夜職の収入は人それぞれです。バイト感覚で行っている方もいれば、ほぼ完ぺき毎日通っていれば、それ相当の収入があります。

大手消費者金融や銀行カードローンも、アルバイトなら年収70万円程度からの審査がおこなわれます。これは夜職限定ではなく昼職もです。

70万円の年収?私なら月収という方もいてもおかしくない世界です。
その月収で申し込みができますから、キャッシングができないと困っている方でも安心です。

必要なことは?勤務年数について

きちんと夜職をしていることを認めてもらうことです。
水商売でも、収入として証明書があれば、なにせ問題がないです。
給与明細書があったり、お店の名前がわかる明細があれば大丈夫です。
ただ、3ヶ月しか働いていない、体験入店では審査は通らないです。

1年以上のキャバ嬢であれば良い。
これは、昼職のアルバイトでも最低半年以上の勤務が必要ですから、どうしても長く勤めている方が有利です。転職したてはキャッシングができないですが、キャバ嬢でもお店が変わった直後は難しいです。必ず半年以上は働いている状態での申し込みをしましょう。

収入証明書がそろっていないとしても、夜職として継続的に働いている、在籍確認ができることで信用はあります。申し込み条件として、夜職であることは審査落ちの原因ではないです。

最初は多く借りられないけれど

銀行カードローンを持つキャバ嬢もいます。
大手消費者金融の審査通過でローンカードを作れた方も。
キャバ嬢などの夜職の方でも、カードローンもキャッシングもできています。

その方法は?

水商売にはお金が借りられないという風潮もありました。
現在もホステスを少しだけやって収入がある、不定期な仕事内容で安定しない収入では借りられない人もいます。

ここで言う借りれる夜職とは、在籍確認もでき、収入が安定している方です。
方法は他の職業も同じで身分証明書などの提出。あとは信用情報などの確認です。

クレジットカードを持っている方は多い

クレジットカードの申し込みもカードローント大差はないです。
クレジットの契約でも、堂々と夜職の内容を書くことができます。
キャッシングを伴わないクレジットカードの場合は、収入にそれほど厳しくない審査です。
ですから、限度額も少ないですが、キャッシングは違います。

キャバ嬢でも、収入を聞かれる。月に50万円という方も少なくないです。
では収入証明書は?の部分で、それがあるとないとでは対応が違います。

大手消費者金融で私は10万円しか借りられなかった

夜職の方で信用情報で金融事故がないとします。
普通に申し込みはしたけれど、日払いの仕事で半年しか経っていない。
収入証明書がないため、在籍確認ができた時点でとりあえず10万円の限度額となりました。

収入は多分30万円は月にもらっているのですが、夜職だから?
いいえ、収入証明書がなかったからです。

金融業者の担当者談

夜職のカードローン審査については働き方に関係します。週に1回、週に5回ではその年収が違います。また、お店によって給与明細書があるところでは、それが収入証明書になります。

本来50万円以下のキャッシングでは必要がないのですが、不安定な収入の方であれば、この証明書があると、限度額が上ります。すなわち、在籍確認は当然ですが、収入の点で確かにこれだけもらっているという返済能力を確認することが必要です。

口頭や入力だけの年収だけでは、夜職では多少不安材料が多いということです。

後にバレることも

それなら、適当に書いてたらいい?夜職のキャバ嬢です。
月収は50万円で、今回は3万円だけ借りたい。50万円の月収なら年収で600万円です。

大手消費者金融では限度額200万円と言う内容ですが、残念ながら夜職ではこの数字には至らないです。また、途中で50万円以上の借り入れをしたい時の収入証明書提出では、嘘はバレます。

夜職でも借りれる

水商売などでも収入がある、在籍確認ができることで最初は限度額が少ないキャッシングになってしまう場合はあります。

しかし、金融機関も金融業者も返済をきちんと行う方に対しては、徐々に限度額を上げます。これは、信用ができることで、夜職だけど金銭感覚がきちんとできていると、収入に合わせた正しい評価を受けることができます。

夜職の審査はきちんとしてくれる

キャバ嬢などの水商売、夜の仕事をしている方を夜職と総称することがあります。
収入源としては、昼の仕事より高い人が多いですが、安定さに欠けます。
しかし、全ての方が不安定な収入とは限らないでしょう。

夜職の雇用

夜職の雇用体系が、派遣になっている場合もあるでしょう。
派遣会社から各お店で働く。正社員のように源泉徴収まで行っている場合、日払いバイトの形などいろいろです。

夜職がカードローン契約しようという時、どんな雇用体系でなければ借りられない?という不安です。夜職はカードローンは作れないというのは、一昔の話であり、現在は夜職だから審査落ちはないです。

夜職=アルバイト?

これはアルバイトというよりは正社員ではないという言い方でしょう。
雇用の内容が、アルバイト、パートのように週に3回出勤などの場合は、カードローン契約ではアルバイトやパートのような属性で審査をすることが多いです。契約社員では、出勤している店ではなく、雇われる会社で働いている形になります。

夜職の正社員もないわけではなく、バーテンダーなどでは社会保険証などを与え、正社員扱いもあります。この場合夜職ですが、属性としては正社員であり、審査はスムーズです。

夜職がいろいろ言われる理由

明らかに、収入に波があるからでしょう。
水商売の方が、毎日決まった時間に勤めにでるイメージがないというのが理由です。しかし、これは働き方の多様化で、カードローン会社では、審査上で話をすることで、審査を進めます。

これが普通のアルバイトなら、時給もやすい内容ですが、夜職は、週に数回の出勤だとしても、昼の仕事より収入が高い方がほとんどです。ですから、アルバイト扱いだとしても、在籍確認などができることで借りれることが多いです。

限度額は低い

信用情報で金融事故がない事限定ですが、最初にあまり多く借り入れができない方は多いです。
不安定な収入が理由で借りられないという以前の原因と同じですが、消費者金融では一応限度額を低くして、様子を見ます。ここで、きちんと返済ができる方なら、夜職でも限度額も上がっていくことは言われています。

冷静に考えて、夜職で日払いの仕事をしている方について、給与明細書などもない。
でも、きちんと出勤はしている。収入は適当に言う方もいるでしょう。それでも、在籍確認ができて限度額10万円程度をきちんと返済している方なら、過去の信用情報で金融事故もないと、信用されることでしょう。

最初は、探り探りのキャッシングになったとしても、きちんと借りれる、返せるの繰り返しで、限度額もおおくなります。きちんと出勤している、長く働いているのなら夜職だから借りられないということはありません。

夜職の在籍確認について

夜職のキャッシングで質問が多いのが在籍確認です。
これは、クレジットカード、不動産会社などでも行われるものです。

賃貸物件の契約の時に、収入の安定さを証明する時に、本当に記載のお店で働いているか?キャバ嬢などが在籍確認を受けることがあります。不動産では保証人が必要になりますが、稀に在籍確認の話を聞きます。

カードローンは絶対

カードローンは無担保、無保証人の契約です。この時に在籍確認なくしては契約も審査も進まないです。銀行カードローンでも、必ず在籍確認があります。

キャバ嬢やホステスが、消費者金融からの電話で困惑してしまうというトラブルはゼロです。
だから安心というのではないのですが、在籍確認は大した内容ではないです。

金融機関、金融業者の在籍確認とは?

勤務先に担当者が直接電話をするという古典的な方法です。
そのときに、◯◯会社ですがということは絶対に言わないです。クレジットカードや銀行では、会社名を出す場合がありますが、消費者金融や銀行カードローンでは、担当者が個人名で電話をします。

「△△と申しますが、◯◯さんはいますか?」だけです。
この時に、キャバ嬢では源氏名でも対応してくれるのですが、その場に申込者が居なくても良いです。その場合、「まだ出勤していないです。今日はお休みです。今、手が離せないので、掛け直します」すべて、勤務先の方が、申込者がここで働いているという発言です。

これでOKです。在籍確認は、申し込みの時に記入したお店で働いていることが分かれば良いだけです。在籍確認は嫌がることはないでしょう。

私用電話が禁止のキャバクラ

このようなところはあまりないでしょう。
客商売の夜職では、キャバ嬢などの確認などで、私用電話ではないので、個人情報を流出させないという厳しいところは少ないでしょう。でも、どうしても電話ができない事情では、在籍確認ができない事になります。この場合、在籍確認なしでは、カードローン契約ができないことになります。

現在は、在籍確認がなく、会社に勤務している証明書があれば、電話がない金融業者もあります。夜職の場合は、その証明書がどこまで許容しているか?社会保険証や給与明細書があればパスできる場合がありますが。

キャバ嬢やホステスはお客さんのふりをして、在籍確認をしてもらう?
それができないというキャバクラなどはないと思うのですが、直接金融業者で電話で相談してみるのも良いかもしれないです。これが、不動産の賃貸の在籍確認などなら問題ないのですが、ホステスなどが、キャッシングをすることを警戒するお店も存在しているのは確かです。

夜職女性にはレディースローンがオススメ

夜職のキャバ嬢、ソープ嬢がお金を借りたい時、自身の仕事に関して、恥ずかしいと思っている方もいることでしょう。堂々としていて良いのですが、何かを聞かれたら、私はソープ嬢というのは気がひけるのは確かです。そんな方たちにオススメなのが、レディースローンです。

レディースローンは女性のためのキャッシング

金融業者では、女性にもキャッシングをしやすくするために作ったものです。
金利や待遇でのメリットはないのですが、女性スタッフが対応の約束です。女性のキャッシングで、必ずスタッフが女しかいない。案外とこの契約では、女性はものすごく安心できます。

レディースローン、レディースキャッシングでは、必ず女性が相手をしてくれるので、相談もしやすいので、ぜひご利用を検討してみてください。

銀行カードローンにはない

レディースローンは、銀行カードローンにはないです。

大手消費者金融、中小消費者金融なども一部の対応ですが、レディースローン目的で消費者金融を選択するのも良いです。夜職の職業内容はもちろんですが、在籍確認も女性が担当します。あらゆる面でのレディースローンのメリットが大きいです。

もちろん夜職以外の女性にもオススメです。

夜職は悪い仕事ではない

夜職というといかがわしい仕事だと思っている方、そんなことはないです。
キャッシングの審査が通らないとか、ローンが組めない。これは今の時代はないです。

審査に通るため、給与明細書、週3回程度で1年程度の勤続年数。
信用情報で金融事故がないことがあれば、夜職でも審査通過ができます。
給与明細書がない場合は、お店に相談することもできますが、自身で確定申告をすることも可能です。明細がない場合は、メモ書きで確定申告で年収が出ます。

確定申告の方法は、インターネット検索などで方法がわかりますし、税務署に行っても相談ができます。収入がはっきりすることで、夜職のキャッシング環境はとても良くなります。

偽造会社の存在

夜職のキャバ嬢が、偽造会社で昼の仕事をしているように装う方がいます。
これは法律違反であり、無理してそんなことをする必要はないです。キャバ嬢、ソープ嬢、デリヘルでも収入があるのなら、堂々と審査ができますし、借りれる可能性もゼロではないです。

収入の証明ができ、在籍確認ができる夜職では、たいてい借りれると言います。
信用情報に関しては、金融事故があるのなら審査の甘い中小消費者金融に行くことです。

こちらにもレディースローンもあり、融資相談ができます。
偽造会社の使用は、手数料があるからではなく、自身の信用情報内容も偽造してしまうことになります。絶対に利用しないようにしましょう。