夜職でも審査次第でキャッシングはOK

夜職とは、夜の職業に就いている方を指します。
キャッシングの話題で言えば、水商売、風俗店等の方で、審査に不安な方も少なくないでしょう。大手消費者金融、銀行カードローンでも夜職でも審査対象になり、審査通過をしたらのなら、キャッシングは可能です。

勤務先がはっきりしている

夜職では、勤務先がスナックやバー、クラブ。
またはキャバレーやソープランド等の風俗店などですが、いずれも客商売として成立しています。言うなれば、ウェトレス等の接客業であり、店舗がある仕事をして収入を得ています。
働き方としては、9時~17時のような感じではなく、毎日出勤しない方も多いでしょう。

しかし、収入だけでOLよりも高給取りが多く、金融業者の審査としては合格です。
正社員であれば文句はありませんが、パートやアルバイトとして夜職であったとしても、キャッシングの申込は可能です。

高級◯◯では桁違い

夜職は儲けが大きい仕事です。
高級クラブ、高級ソープランドなどでは、年収1000万円以上は軽く超える方も少なくないです。
大手消費者金融としては、そのような事実も知っていることであり、夜職だからと審査に通さないことはありません。

収入も勤務先は在籍確認が行うことで、信用面で問題がないのなら借りれます。高級店に勤務している方では、クレジットカードもブラックカードを持てる方も少なくないほどです。

パートだとしても

在籍確認と収入が確かであれば、審査に通ります。
以前は水商売にはお金を貸さない金融業者もありました。
しかし、そのような決まりのときには、パートやアルバイトにも貸金はしていなかったと思われます。

大手消費者金融カードローンも銀行カードローンも最近では、パートやアルバイトでも限度額を総量規制範囲内として審査に通ります。夜職も同様であり、職業で借りられないことはありません。

今の時代では

夜職では、夜に正社員として普通にOLのように働く職場もあります。
この方たちも夜職の仲間であり、夜間専門の意思や看護師、保育士等も存在しています。
風俗店にしても、朝からオープンのところもあり、接客業としての風俗嬢の存在です。

いまさら夜職はちょっとというのは、時代錯誤であり、それはキャッシングの審査においても同様です。風俗嬢だから貸さないという金融業者は、今ではやっていけないでしょう。

いい加減な働き方をしていない等の審査がありますので、申込は夜職でも対応しています。
キャッシングに関しては、20歳以上で収入があることが大原則であり、あとはそれぞれの金融業者の審査基準に見合うかどうかです。

キャッシング審査のポイント 収入について

大手消費者金融のアコムカードを持つ夜職の方もいます。
大手消費者金融カードローンでは、審査次第で夜職でもキャッシングが可能になります。
キャバクラ勤めの方だって、アイフルでの審査通過できます。

夜職だけで借りられないことはない

夜の仕事では風俗店ばかりではありませんが、風俗嬢のキャッシング審査は気になるところです。実際に、申込条件を確認すると、20歳以上の安定した収入のある方とあります。
風俗嬢では20歳以上は当然ですが、安定した収入とは?と疑問になります。

風俗嬢の収入

給与体系がどうなっているかが問題です。
店舗の都合ですが、給与明細が出ていれば、問題はありません。
そうではなく、日払いで支給されている場合、風俗嬢での収入はだいたいの金額になります。

収入の審査では、それでもOKであり、ある意味自己申告でも対応しています。
利用希望者が、パートやアルバイトで日払いでの雇われ方だとしても、自己申告の収入でも審査はされることになります。

収入証明書について

大手消費者金融では、50万円以下の利用希望者では収入証明書は不要です。
これは、大手消費者金融で後で在籍確認をすることで、自己申告が虚偽ではないことが証明されるからです。夜職でも同じであり、勤務先に在籍確認を必ず行います。

キャバクラ、ソープランド等での在籍確認が取れたとしたら、一般常識として申告した収入が虚偽ではないことがわかります。

ただし、収入証明書がないことで、限度額が低くなる可能性があります。
ここは、夜職だからではなく、安定して収入が見込めないからです。個人事業主やパート等での収入証明書がなく、勤続年数が短い場合は、限度額が制限されることがあります。

夜職に限定されていないですが、どうしても夜職関連の不規則な勤務、不安定な職業では、最初の限度額は少ない設定になります。

与信を高める

消費者金融などでは、最初は低い限度額でも、完済を続けるとか、定期的に借りてはきちんと返すことで増額申請もできます。実の丈に合うお金の借り方ができ、完済をしている夜職には、限度額がきちんと上がっていくことになります。

キャッシングだけではなく、クレジットカードの審査も同様です。
収入証明書があるのなら、総量規制の限度額になる方もいます。

夜職の収入証明書

給与明細がない方は確定申告をすることで、収入証明書ができます。
申告は必要経費を差し引いた金額であり、所得によっては、納税義務も出てきます。
それが、かえって消費者金融では信用になり、より借りやすい審査になります。

キャバクラなどでは、職場で確定申告の指導をしているところもあり、そのような勤務先であるのなら、収入証明書があり普通に夜職でも審査が通る可能性が高いです。

どのくらいの勤務年数が必要?

夜職のキャッシングについては、金融業者では一応警戒をする場合があります。
審査ポイントになるのは、勤続年数や収入です。

勤続年数について

夜職として働いている期間は1年程度が理想です。
これは他の職業でも同じです。
勤続年数は長いほど良いのですが、実際には10年20年という方は少ないでしょう。
スナックのママなどでは、こうした場合も考えられます。

勤続年数で警戒したいのが、数ヶ月の勤務の場合で、あちこちの店舗を転々していることでは、審査は難しい場合があります。長く勤めていることは、返済ができることを意味します。

夜職では、金遣いが荒い等の噂もありますが、一応真面目に1つの店で勤務していることを注目します。これはクレジットカード審査でも同じです。

中小消費者金融では?

中小消費者金融とは、アイフルやプロミスといったネームバリューのある大きな消費者金融会社ではありません。金融業者として、規模は小さいですが、口コミでは甘い審査であると言われている会社です。

審査基準は甘い内容ですが、勤続年数に関しては、大手消費者金融と同じ判断が多いです。
担当者と直接話しをする機会がありますから、事情は詳細に聞かれることになります。

ただし、中小消費者金融では、大手消費者金融で借りられない、銀行カードローン審査落ちの方が甘い審査の金融業者です。単に勤続年数などが不安で、金融事故もなく、信用情報で問題がない方の申込には柔軟です。

話しだけではなく、真意を見せるため、きちんと完済していくことができるのなら、借りやすい金融業者だと言えます。

判断をまつしかない

勤続年数については、口コミでもいろいろと言われています。
1年以上の勤務では、審査通過率が高いとされています。
あとは信用情報などが関係していますので、審査は待つしかないでしょう。

中小消費者金融の方が借りやすい審査であることは確かです。
カードローンのある金融業者は少ないですが、金利が高いと言っても、数%の差です。
夜職だから、甘い審査の中小消費者金融しか借りられないこともありません。
勤続年数に関しては、慎重な審査になるということです。

金融事故でもないことですが、せめて半年以上の勤務実績を作ってからの申込がオススメです。
中小消費者金融では、大方借入ができる可能性が高いと言うのが、この半年であり、1年以上では大手消費者金融、銀行カードローンの審査も通過できることでしょう。
一応の目安ですが。

アルバイトでもパートでも借りれる

風俗嬢やキャバクラ等にお勤めしてる方は、パートやアルバイトでの働き方がほとんどです。
社会保険証を持つキャバクラ嬢などはあまり見られません。
ソープ嬢などは、個人事業主であり、働き方などで収入体系も違います。

キャッシングの審査では、安定した収入があれば良く、夜職でアルバイターとしても申込ができます。職業の欄で、風俗業と項目がある消費者金融もあります。

水商売は金遣いが荒い

俗的に噂です。
全員がそんなことはなく、貯金のために、借金返済のために働いている方もいます。
旦那がいる主婦がキャバクラに勤務している場合もあり、金遣いが荒いのは、そういう傾向の方も中にはいるという程度です。

ホステスなどでは、ファッションにお金をかけなければならない方もいます。
エステにいくとか、ネイルサロンに通っているという美容関係でお金がかかったり、衣装等根レンタルでもお金がかかります。

OLよりは実入りは良い職業ですが、必然的にかかってしまう経費も少なくないでしょう。
そこで金遣いが荒いとの評判もたつことは仕方のないことです。

ファッションやコスメ代などは、なくてはならないものであり、そこでどうしてもキャッシングをしなくてはならないこともあります。

風俗店等の夜職というだけで審査もできる

水商売、夜職等を受け入れている消費者金融会社では、審査の通れば良い話しです。
夜職で、勤務先はこのお店であり、収入はこの程度。信用情報の確認で、クレジットカードの支払いも延滞遅滞なく正常。あとは在籍確認ができればOKです。

在籍確認も本人が出る必要はなく、従業員が対応しても大丈夫です。
新人の従業員では、源氏名しかわからないということで、源氏名での在籍確認にも応じています。夜職として勤務している実績があれば、あとは断る理由もなく、金融事故もなければ、審査通過です。

ただし、夜職では収入証明書がない方は、利用希望者が多額の借入だとしたら、最初は無理です。多くの金融業者では、たいてい10万円程度の限度額から始めます。
返済をきちんとしている方では、徐々に限度額を引き上げることは可能です。
最初だけ疑いがありますが、それも返済をしていくことで信用に変わります。

金融事故のある場合

中小消費者金融で相談をしてみてください。
ただし、延滞遅滞の金融事故では断られるのですが、多重債務者だったり、債務整理者の場合は、夜職で稼いでいることが証明できることで借りれるチャンスはあります。
在籍確認もありますが、収入証明書のために確定申告等をすると、信用が高くなります。

使ってはならないアリバイ会社

夜職だけではなく、どんな方もやってはならない借り方があります。
それがアリバイ会社の利用です。

アリバイ会社とは?

夜職を始めて1週間程度。ちょっとお金がピンチだから借りたい。
幸いにして、金融事故もなく、借入はしているけれど、大した額ではない。

ただ、キャバクラに1週間しか行っていない体験の時期だから、大手消費者金融には申込ができない。そんなときに、アリバイ会社を使えば、在籍確認ができるらしい。
あとのことも都合よく合わせてくれるという内容です。

ようするに、キャッシングの申込では、勤務先の情報が必要です。
キャバクラ1週間では、審査は絶対に通らないでしょう。
金融機関も同じです。

そこで、アリバイ会社と契約をして、私が働いていることにしてと依頼をします。
アリバイ会社では、架空の会社と在籍確認を担当します。
それで、審査通過をしたのなら、借りれることがあると言います。

実際にアリバイ会社は存在している

勤務先の情報だけが適当であり、信用情報などは自分の内容です。
以前に違う会社だとしても、辻褄が合えば、金融会社の疑いはないでしょう。
少なくても信用情報もOKで、在籍確認まで行ければ、審査通過ができるという算段です。

アリバイ会社にもそれ相応の料金がかかりますが、キャッシングができれば、問題はないということです。キャッシングも完済していくことで、バレずに今に至っていると言います。

完全な詐欺罪です

アリバイ会社の逮捕も続いていますが、巧妙な手口で、消費者金融を騙していきます。
キャバクラ1週間では借りられないですが、信用情報で問題がないのなら、夜職でも1年程度の勤続年数で借入ができます。

中には夜職では審査落ちとの情報を信じている方もいますが、それはない話しです。
それよりもアリバイ会社の利用は、永遠のブラックリストになったり、金融機関からの借入ができない状態になります。逮捕されないこともありますが、犯罪の一種です。

アリバイ会社の実情

キャッシングだけではなく、子供の保育園の入園のための勤務証明、家を借りるときの保証人、バーチャルオフィス、収入証明書の偽造などがあります。バレなければ良いではなく、すべて偽造と文書偽造の罪になりますので、決して使用しないことです。

夜職でもある程度の勤続年数があればキャッシングができる。
その時までの我慢であり、不法な手段を使って無理してキャッシングはしないことです。
見つかっていない方もいずれはバレる可能性があります。