大手消費者金融の申し込みはOK

風俗に勤めていますが、カードローンは作れるでしょうか?
そんな質問を、目にすることがあります。

大手消費者金融、銀行カードローンの審査では、20歳以上で一定の収入があることが審査要件です。キャバ嬢やソープ嬢、水商売と言われる夜のお仕事をしている方でも、その要件に合えばカードローン審査を受けることができます。

借りられる、借りられないについては審査次第です。

カードローン会社の審査

現在、キャッシング対象として、パートやアルバイトでもOKです。
ここがポイントです。バイトとして水商売をしている、これもありということです。
大手消費者金融の見解としては、在籍確認ができ収入が得ていることが証明されている場合は、職種は問わないとされています。

夜のお仕事の方は、実入りも大きいことで収入が高い方もいます。
そこで、具体的な審査ができるのであれば、利用限度額も高くなるのは当然です。
バイトやパートでも借りれるのですから、「夜の仕事」で審査落ちになることはないとされています。

昔はダメだった?

口コミではしかないかもしれませんが、もしそうであれば、アルバイトやパートでは借入ができない金融業者のことでしょう。

今でも中小消費者金融の中では、正社員以外お断りの金融業者が存在しています。
社会保険に、加入していなければならないという審査要件です。

このようなところでは、夜の仕事だから認められないのではなく、働き方が非正規で安定していないとみるからです。昔からそうした金融業者では、水商売も正社員であればOKですが、そうではない場合は借りられないということでしょう。

大手消費者金融ではローンカードを持てる

夜の仕事、風俗では昼間働いている方もいますが、水商売関係のキャッシングは大手消費者金融はOKと見て良いでしょう。

問題の審査ですが、勤務先の電話をする在籍確認と収入証明があれば、なお良いです。
キャバ嬢でも収入証明があるのなら堂々と借入ができますし、担当者も別に普通のバイトとして対応してくれます。

勤務先の在籍確認も、源氏名で通用する場合もあります。
勤務時間に、自分ではない方が◯◯はいますとか、今日は欠席と言われて、そのお店で働いていることが証明できれば良いのです。

ですから、お金を借りるのは、大手消費者金融、銀行カードローンも、風俗関係の方でも大丈夫でしょう。ただし、体験で数日や数ヶ月働いているだけでは、審査は厳しいです。
最低でも、1年は勤続年数がほしいところです。

これは、アルバイトやパート、正社員でも同様の条件になりますので、風俗だからということではありません。収入を得ていることには、かわりがないのですから。

確定申告をしたのなら個人事業主として申し込める

夜の仕事や風俗の方は、キャッシングができないと思っている方も多いです。
準備さえできれば、そんなことはないです。

大手消費者金融も銀行カードローンも、キャバ嬢などがローンカードを駆使してキャッシングをしている方はいます。

水商売でもカードローン審査は受けられる

会社にと勤めていないと、お金は借りられないという時代ではないです。
大学生でも20歳を過ぎていて、アルバイトでもキャッシングができます。

夜の仕事している方で週に2回とか勤めている方でも、勤務先がはっきりしていて、収入証明ができれば問題はないです。

在籍確認は店に電話が来る

事務所があれば、そこでも良いです。
また、派遣会社であれば、担当者が働いていると証明してくれることで、在籍確認ができます。
勤務時間でも本人が電話に出る必要はなく、会社なり店の人がいますよと言えば、OKです。

カードローン審査では必ず在籍確認があります。源氏名で働いているのなら、源氏名でも対応します。そして、金融業者も担当者が、◯◯と会社名ではなく個人名で電話をします。
ですから、金融会社のキャッシング審査だとばれないでしょう。

収入証明は?

店から収入証明があるのなら、問題はないです。
日払い等でもらっている場合には、自分のメモ書きでも良いです。そこから、年収が分かれば良いだけで、50万円以下のキャッシングでは、きちんとした収入証明も不要です。

キャバ嬢もソープ嬢も、こうした証明書がない方は確定申告をすることをおすすめします。
この確定申告書があれば、すべてが解決します。

確定申告の書き方

収入から必要経費、基礎控除を抜いたものが所得になります。
そして、ある程度高い所得ですと税金が発生することになりますが、確定申告書は公的証明として、納税者としての立ち位置になります。

そうなると、夜の仕事をしているバイターなどではなく、きちんとした個人事業主としての立場になります。キャバ嬢でもここまで収入証明ができれば、二重丸です。
所得税や住民税の支払いをしている風俗嬢であれば、地位も確立していることになり、カードローン審査でも何ら問題はないです。

ローンカード、個人事業主なら問題はない?

確定申告書により、収入が認められることになります。
ただ、ここで気をつけたいのが、税金を節約するために収入を少なくしてしまうことです。
そうすると、借入額も少なくなってしまいます。

ですから、本当のことを言えば、確定申告がない方が借入額が大きくなるのですが、そこは難しい選択です。ある程度の所得で1人暮らしなら、税金は場所によっては高いですが、それによって夜の仕事をしている人ではなく、個人事業主として認められるのは優越感もあることでしょう。

普通のメモ書きの収入でも借りれるのですが、確定申告書がある方は信用が大きいです。
信用情報が、問題ですが。

夜の仕事でも借りられる、あとは信用情報の問題

夜の仕事をしている方は、収入も高いが、支出も大きいとおもわれがちです。
ただし、全員がそのような派手な生活をしているわけではないでしょう。
OLよりは収入は高いことが多いというのは、働き方にもよります。

そんな水商売でも、キャッシングができます。

金融会社としては、収入が分かれば良い

OLやバイトでもキャッシングができるのは収入がわかり、在籍確認等でその会社に勤めていることがわかるからです。それは、水商売でも同じです。

キャバ嬢ならキャバレー、スナック、バー、ソープランドでも、そこで収入を得ていることがわかって、収入も内容も分かれば審査は通ります。申込の時点で夜の仕事をしている方はNGではなく、担当者は何のことなく審査を進めることになります。

借り入れの基準は収入

大手消費者金融は、収入の年収3分の一が限度額です。
ある程度の限度額は提示されるのですが、正式な証明書(給与明細等)がない時には、初回10万円程度の借入になるかと思います。その後完済を続けていくことで、徐々に借入ができるようになることでしょう。

とにかく収入に関する証明書があれば、百人力です。
確定申告書なら文句ないのですが、日々の収入のメモ書き等も案外と有効です。
勤務先が水商売ということは、低い収入ではないことはわかっています。

職業は個人事業主

確定申告をしたのなら、そういうことになります。
キャバ嬢だとしても、です。

銀行カードローンでも審査通過している方はいますが、風俗嬢もキャッシングは可能です。
アルバイトなども掛け持ちをしているのであれば、在籍確認しやすいところで働いている申し込みも良いですが、夜の仕事は収入が高いです。

総量規制から限度額が高くなるのは、夜の仕事になります。

とにかく風俗でも借りれる

申し込みの要件は大丈夫ですが、信用情報に関しては職業は無関係です。
今までのキャッシングの記録で、金融事故があれば借入ができないです。

審査では、クレジットカードのショッピング枠は審査対象にならない場合が多いですが、延滞などがあると信用情報としては最悪です。一応、ショッピング枠とキャッシングは違うのですが、どんなときでも延滞記録がある時には、審査落ちの対象です。

大手消費者金融も銀行カードローンも、金融事故がある方のキャッシングは不可能です。
甘い審査の中小消費者金融では、総量規制範囲内でのブラックが対象です。
延滞者に関しては、中小消費者金融でもキャッシングは難しいとされています。

偽装会社は絶対に使わないで、水商売でも審査できるから

私の仕事はキャバ嬢だけど、キャッシングをしたいから、偽装会社を使いました。
偽装会社とは、会社そのものがニセであり、キャッシングに必要な手続きを代行してくれます。
収入証明や在籍確認等も対応していて、勤務先の住所などもあります。

これで、風俗嬢だけどOLの正社員ですと、堂々とキャッシングができるというものです。
確かに会社の判定はしないけれど、大手消費者金融でも銀行カードローンでも、申込者の勤務先の内情までを調べることはないです。

カードローン審査で在籍確認と収入証明があれば、収入証明も簡易な給与明細でその場を凌げると思いがちです。中小企業なら、会社名も知られていないところは日本全国にあります。
ですから、偽装会社を使ったとしてもバレないから、と思う方もいます。

借り方に注意したら

例えば、キャバ嬢で数日しか働いていない。
キャッシングでは、キャバ嬢がNGなのではなく、数日の勤務年数が問題です。

でもお金借りるのに、どうにかしたいと偽装会社をしようする方もいます。
数万円しか借りないし、すぐに返済ができる。
とにかくローンカードがほしいからと、安易に利用するのはとても危険です。

知ってる?大手消費者金融では簡単にバレる

大手消費者金融では、偽装会社の情報を入手していると言います。
自分が簡単にインターネットで、偽装会社を見つけることができるのなら、大手消費者金融としてもそのあたりは押さえているでしょう。

キャッシング申し込みに必要な勤務先情報は、住所と電話番号、職種です。
事務ですと言って、◯◯株式会社、固定電話があれば、勤務先ははっきりします。
その会社名は適当に言えますが、固定電話の電話番号を大手消費者金融でわかっていれば、偽装会社を使ったとバレバレです。

バレたらどうなる?

先ず、申し込みをした大手消費者金融では二度と申し込みができないです。
偽造罪、偽証罪として逮捕者も出ています。この偽装会社を使うのは、無職の方、専業主婦も利用している場合がありますが、きっとバレると思ったほうが良いです。

いやいや、完済ができればいいんでしょ?
まだ勤めて数日だから、まともな審査ができない。
でも、働けば返済ができるから。こういう方も多いです。

職業は、風俗嬢でもOK。
勤続年数で引っかかるのは、全ての職業、申込者も同様です。
ですから、下手な偽装会社の利用で逮捕されてしまったら、どうしようもないです。

勤続年数1年未満のキャッシングは絶対に無理

転職後すぐのキャッシング、無職などは収入が安定していないことで審査落ちです。
水商売などの風俗関係は1年以上の勤務があれば、審査してもらえます。

中小消費者金融では半年でも借りれるところが多いですから、まずはその期間のキャッシングは我慢です。みんな同じ条件ですから。

金融事故があるブラックなら中小消費者金融へ

もし、信用情報で問題がないのなら、水商売の方は大手消費者金融からの借入をするようにしましょう。キャッシングができる金融会社は、とても多いです。

夜の仕事をしていると大手消費者金融は、借入ができないということは絶対にないです。
ですから、最初は名前を知られている大手消費者金融で、キャバ嬢もソープ嬢も借入の申し込みをしていきましょう。

信用情報で金融事故があるのですが

どんな職業でも、金融事故があっても、審査ができる中小消費者金融があります。
この中小消費者金融は、職業の選択ではなく、金融事故の内容が悪くても借りれるところです。

キャバ嬢でも大手消費者金融と同じ証明で借りれるのですが、審査の際に電話で話す、店頭まで行かなくてはならないことがあります。これは、誰にでも行っていることです。

この中小消費者金融の利用は、名前が知られていないところが多いですから、必ず情報入手をして「正規金融業者」のところに行きましょう。このときに、夜の仕事についての負い目はゼロです。

大手消費者金融もそうですが、収入を定期的に受けている20歳以上の方なら、何も問題はないです。

大切なのは金融会社の選択

金融会社では、きちんと審査をしてくれます。
どんな職業でも、収入と債務、返済能力を確認するだけです。

ただし、夜の仕事の場合、余計な詮索で辟易してしまう方も多いです。
中小消費者金融の審査なのにそんなことを聞く?という電話です。
借り入れに必要ではない情報もあるのですが、中小消費者金融の審査という電話では、余計な話しが多いです。

夜の仕事の方におすすめなのが

レディースローンです。

これは、大手消費者金融も中小消費者金融もありますが、対応が全て女性です。
在籍確認も電話の審査もすべて女性なので、仕事の内容も詳細に話す事ができます。
いろいろな事情から、お金を借りなければならないときでも、女性の方が話しやすいでしょう。

融資の有無に関しては、どんな信用情報であり、返済能力の高さが問われるのですが、話しをするのは同性の方が良いでしょう。在籍確認も、間違いなく女性です。

夜の仕事の方は、浪費癖があるというのは単なるうわさであり、大手消費者金融でも中小消費者金融でも、借り入れができます。

職業で左右されることはないのですが、信用情報が悪い方は最初から中小消費者金融に行ってみましょう。正規金融業者で、多くの利用者がいるところがベストです。

大手消費者金融のように、即日融資の約束はできないのですが、審査次第では借りれる可能性が高いです。