お店で働くボーイは、結構ワケありの人が多いです。例えば、ホステスに貢いで、キャッシングを繰り返し多重債務となってしまった人や、恋人の借金を返す為に、闇金からお金を借りなければいけない人が居ます。さらには、お店から前借した分が溜まっていて、返済するまでやめられない人や、今でも闇金から追われている為、お店に雲隠れをしている人もいたりします。

水商売の世界では、お金に強欲な人達が多いのにも納得が出来ます。むしろ、お金に困っている人達が夜の世界に多いのかなとも思えてしまいますね。働いても働いても借金が終わらない人もいれば、風俗店でツケばかりしてお金が無い人だっています。どうやら、その裏には闇金の存在があるようなのです。

夜のお店で働いている人は、闇金のルートに詳しい人でしょう。ちょっとした資金不足で、闇金からお金を借りるお店もある位です。そういった経路から辿って、同じ店に働いているボーイがお金が借りたい時に店長などに相談すると、同じ系列の闇金へ誘導されるという事のようです。そして、気づけば周囲には借金だらけの人が多いという事となるみたいです。

闇金なら審査いらずで街金よりお金が借りやすいからと、水商売の間では闇金からお金を借りる事が当たり前と思っている人や所も多いようです。生活が苦しいから、収入が足りないからと、プラスアルファの現金を求めてしまったあげく、自分の首を自分で締める事となるのです。又は、ボーイがお金無いからと客に相談したら、その人がヤクザ関係の人で、闇金からお金を借りるよう誘導されたという事もあるのです。

これだけ闇金が流通していると、夜の世界でお金の貸し借りを望むのは絶望的かとも思えてしまいます。夜の世界で働いているボーイだけじゃなく、ホステスやホスト、又は、店の店長及び代表なんかも、闇金と手を組んでいる所もあります。

夜の世界では、安易に人にお金借りたいという言葉は発してはいけないという事を学びます。もはや「お金借りたい」というワードは、この夜の世界において禁句なのではないかと思える程ですよね。