風俗店ボーイの仕事とキャッシング

キャッシングの審査では、基本的に収入がないと受けることもできないです。
銀行カードローンも消費者金融も、申込者の職業体系はパートやアルバイトでもOKです。
毎月一定の収入があることが必要です。

この職業で大丈夫?

ネットなどで質問が多いのが風俗店です。
風俗と言えば、ソープ嬢、デリヘル嬢、キャバ嬢などのホステス関係を指すことが多いです。
彼女たちがお金を借りる事ができるか?というと、収入証明ができれば基本的にはOKです。
そして、風俗店ボーイたちですが、彼らも収入証明があることで、キャッシングにも何も問題がないです。

実は正社員

風俗店ボーイも労働契約で正社員になっていることがあります。
キャバクラ◯◯、しかし経営会社が他にあり、そこの正社員となっていたとします。
カードローンの申込の職業では、その会社の正社員と書くことができます。
働いているのはキャバクラ・クラブですが、会社勤めと書くことができるのです。

この場合、職種が風俗店ボーイというだけで、何も問題もないです。
普通の事務職のようなもので、正社員で社会保険証があれば安定した職業であり、銀行カードローンでも大手消費者金融でもキャッシング審査は、申込情報としては◎です。

実はアルバイト

この場合も給与明細が存在しているのなら大丈夫です。
会社ではなく、キャバクラ◯◯の給与明細でも良いです。
そこで、キャバ嬢のお世話、店内業務をしていて、毎月給与をもらっているでOKです。
ローン審査では、風俗店のことは問わないのです。

要は毎月もらっている収入がいくらか?

安定を求めているだけで、アルバイトでもパートでもお金を借りる申込ができます。
労働契約の内容が大切です。

実は日雇い

この場合も、もらった日払い金額をメモしておいて確定申告をすることで、日雇い労働者ではなく個人事業主として、キャッシング審査に挑むことができます。消費者金融としては、収入証明書類が存在することで、間違いなく申込ができることになります。

風俗店ボーイでも借りられる

風俗嬢との違いで言えば、店の従業員であることが大きいです。
正社員やアルバイトにしても、従業員扱いであれば、風俗嬢よりも審査が通りやすいでしょう。
給与明細があれば、何ら問題がないです。

風俗とキャッシングというと、それだけ審査が厳しくと思われがちです。
風俗店ボーイに関しては、単に店のしごとをしているだけで、水商売的な不安定さは少ないでしょう。店のマネージャーですといえば、地位的にも上に見られることが多いです。

収入があればたいてい大丈夫

カードローン審査を受けたいですが、風俗店ボーイは大丈夫ですか?
そんな質問がありました。答えは、収入があれば審査を受けられるです。

カードローン会社の見解

風俗嬢がキャッシングができる時代です。
風俗店ボーイの場合、どんな仕事をしていますか?という内容が多彩です。

風俗嬢の管理、店内業務、送迎などもあります。
風俗店との労働契約で、申し込みの時の職業が変わることでしょう。例えば、正社員やアルバイトで、給与明細が存在しているのなら、カードローン審査は受けられます。

◯◯株式会社勤務

風俗店では、書類上会社名を名乗ることがあります。給与明細もその会社です。
これなら、風俗店ボーイたちではないことで、普通の会社員としての扱いです。アルバイトも同様です。

ですから、その会社がアリバイ会社ではなく、経営上そのような形にしていたとしたら、自分の仕事はその会社の正社員なりアルバイトです。勤務先は風俗店ですが、会社員。在籍確認が必要で、風俗店に電話の形になりますが、何も問題がないです。

いつもネクタイ

風俗店ボーイの中では、ずっとお店の事務所でネクタイ姿で仕事をしている方も多いです。
風俗嬢の管理、備品のチェックなどで、本当に事務仕事もあります。フロアだけではなくこうした業務に携わっている場合、時間帯は違うのですが、サラリーマンのような毎日の方もいます。

また、デリヘル嬢の送迎等は、ずっとドライバーとして雇われていたり。
それぞれの業務が違うので、一口に風俗店ボーイと言っても、職種で内容がちがいます。

大手消費者金融でも融資OK

大手カードローン会社、銀行カードローン会社でも審査では問題がないです。
アルバイトだとしても、収入証明と在籍確認が取れるのなら良いです。

キャバクラなどで審査が不安なのは、風俗嬢などです。
周辺で働く従業員や、飲食店同様の扱いです。
ですから、風俗店ボーイの中でホストは風俗嬢と同じです。

ホストクラブになると、ホストと従業員では労働契約も違うことがあります。
給与明細なども関係しますが、一応その区分けがあります。
ただし、ホストトップではなく、収入が不安定な場合は、風俗店ボーイとしての審査もありでしょう。

問題は収入証明ができるか?です。日雇いの場合は、確定申告書が必要になります。
給与明細の形もありますが、要は毎月この金額の収入があるとわかるものがあれば、キャッシングができます。

申込要件ですが、審査では信用情報も問題になりますから、申込情報だけで審査落ちになるかどうかも不明です。風俗店ボーイの時点での、申し込みだけはokです。

風俗店ボーイ、ここは気をつけて

キャッシング審査、カードローン審査では必ず在籍確認があります。
これは勤務先に直接担当者が電話をします。その時に、会社なら固定電話が一般的です。

審査が難しい?

在籍確認で携帯電話で仕事をもらっている場合は難しいです。
例えば、デリヘルのアルバイトで送迎がすべて携帯電話。
組織が、携帯電話でしか連絡をとっていないということです。

実際のキャッシング審査では、在籍確認は携帯電話はNGです。
こんな仕事をしています、デリヘル◯◯のドライバーです、会社の電話番号が携帯電話番号。
この場合の在籍確認ができないことが多いです。

在籍確認がない大手カードローン会社も

実は在籍確認が不要な大手消費者金融もあります。
その際に必要な提出書類が、顔つきの社員証や社会保険証などです。
風俗店ボーイとしてそこまでの書類があれば良いのですが、それもなしで固定電話がない。
その場合のキャッシングは非常に難しいです。

風俗店に相談を

風俗店では、その店でアリバイ会社を持っている場合があります。
正式には100%アリバイ会社とも言えないのですが、地方から出てきた方の親御さんを安心させるため、こうしたキャッシングの在籍確認のために、風俗店ではないアリバイのための会社の存在です。そこで、電話を受けることで会社勤務の形にしてあげるということです。

キャバクラなどに多いのですが、一応内容確認ができるアリバイ会社です。
インターネットでのアリバイ会社とは別物であり、在籍確認さえできれば良いのであれば、相談もありでしょう。

本当は…?

本当はNG行為かもしれませんし、風俗店で承認していないアリバイ会社の使用は厳禁です。
あくまでも風俗店でのアリバイ会社で、在籍確認ができればOKです。
携帯電話で仕事をしている方は、この辺の事情が厳しいです。

水商売ではお金を借りることができないとされていますが、実はそのようなことは少ないです。
最近では、風俗店ボーイ、風俗嬢も大手消費者金融での借入が比較的簡単にできます。

これは信用情報ではなく、申し込み対象だけのことですが。
ただし、審査の過程の在籍確認だけは、携帯電話だけの確認はできないというだけです。

この電話番号を書きな

勤務先として風俗店の名前が書けて、固定電話番号を指定される。
キャバクラではなく、デリヘルなどの事務所ではこうした対応があることも。

大手消費者金融での審査の判断で、どうなるか?
ですが、風俗店指定のものであれば、問題はないことも多いでしょう。

風俗店関係は審査が通らない?

なぜ風俗関係では、カードローン審査やキャッシング審査で通過が危ぶまれるのか?
それは、仕事が長続きしないとか、金遣いが荒いことが言われているからです。

そんな感じ?

水商売では、収入も多いけれど、支出も多い。
そんなことが風潮としてあるのですが、全員がそうではないでしょう。

正社員で働く会社員とは違い、不安定さはあります。
労働契約によっては、風俗嬢や風俗店ボーイだけど社員であることが多いです。
暮らしのために働く手段として風俗店を選択しただけで、金遣いが激しいことはないでしょう。
債務整理者が水商売ばかりということもないです。

風俗店ボーイの場合

風俗嬢とは違う労働契約になる風俗店ボーイは、飲食店の従業員的な働き方です。フロア管理、フロント業務などの他に、風俗嬢管理などもあり、時給制、月給制などで収入があるでしょう。

風俗店からの給与明細で、収入証明ができるのなら、たまたま働いているのが風俗店というだけです。意識することなくカードローン審査に行くことをオススメします。

銀行カードローンでも

キャバ嬢等も銀行カードローンが作れます。
在籍確認ができる、収入証明書があることが必要です。
電話確認は普通に店に電話が来たらよく、収入証明書は明細がない場合は確定申告で書類を作れます。

風俗店ボーイの場合は、アルバイトでも給与明細と在籍確認が出来るのであれば、
水商売だけど、銀行カードローンも作れることになります。
アコムなどの大手消費者金融、みずほ銀行などの大手銀行カードローンも申し込み可能です。

風俗店とキャッシングのいろいろ

水商売をしている方で、身分証明書がないと借りられないとの情報がありました。
わざわざ明記と思われるのです。

しかし、中には身分を隠したいから風俗店ボーイをしていたり、風俗嬢になる方もいます。
ダークな世界の話しですが、この場合は、信頼出来る上司に相談をしてください。

そして、カードローンもキャッシングも在籍確認や収入以前に、この身分証明書がなければ話にならないです。20歳以上と身分証明書は誰でも持っているイメージですが、それがない事情の時のキャッシングは難しいです。健康保険も入っていない場合もありますが、それではお金を借りる以前の問題です。

風俗嬢や風俗店ボーイで、こうした身分証明書がない場合は、もらったお金で確定申告書なりを行い、収入証明書と身分証明書を作り、キャッシング申し込みをすることができます。
ここでアリバイ会社で作るのではなく、正当な方法の選択をしてください。

風俗店勤務のキャッシング審査

風俗店ボーイとして働き、普通にアコムのキャッシングをしている方がいます。
カードローン審査は?何も問題はなかったよ。
収入証明書身も必要なかったし、店名の勤務先で、在籍確認も自分で応対。
すぐにカードローンができた。

風俗店ボーイの話しは本当?

本当です。
風俗店ボーイの場合、職種がフロアやフロントなどの業務です。
喫茶店のウエトレスと似たようなものです。

そして、在籍確認も自分が店で応対で問題なしです。
日雇いの形で日給だけど、今回のキャッシングの希望が1万円など少額だったので審査通過は問題なしです。なんと即日融資もできたとか。風俗店ボーイでも大丈夫だよ、とのことです。

問題があるとしたら

風俗店ボーイの場合は、接待業でも自分がお客と交わるのはフロント程度です。
風俗嬢とは違う動きです。

キャッシング審査としては、仕事内容よりも安定収入です。
そして、風俗店ボーイ3年と言えば、勤続年数的にも安定です。
本当に普通にキャッシングができます。

審査落ちだとしたら

信用情報の問題ですが、これは過去の借金のことであり、現在の風俗店ボーイの身分は関係ないことです。

風俗店ボーイでお金遣いが荒いから借りられない、そもそも風俗店がNGと言うのは間違いです。
借りれないとしたら、自身の問題です。

来店勤務して間もない、収入が安定していない(ある程度はきちんと説明がではないと)ブラックなどです。これは風俗店とは関係のないことです。

在籍確認が困難な場合

現在、消費者金融や銀行カードローンでは在籍確認ができないと、審査通過はできないです。
デリヘルなどで携帯電話でしか対応していない場合、実際にその会社があることを証明できたりした場合では、在籍確認が可能な場合があります。
在籍確認が携帯電話ですか?と言われた時に、改めて質問をしてみてください。

そして、一応最初は少ない希望額が良いです。
収入から借入限度額が決まりますが、最初のキャッシングで完済ができれば、あとは問題がないです。要は、最初の審査をどう通過することになります。

風俗店ボートとホスト

ホストは、キャバ嬢などと同じです。
風俗店勤務で男性となると普通は風俗店ボーイです。
それが審査が済むのなら、いろいろ聞かれなくても良い場合が多いです。

風俗店ボーイとホストの違いで審査が変わることもないので、臨機応変に対応してください。
問題としては信用情報であり、収入であり、在籍確認です。