風俗店のバンスでお金を借りる?

一般の方でしたらお金が必要になってくると、カードローンなどのキャッシングをご利用される事だと思います。いよいよ生活が苦しいとか、携帯代の支払いが払えないなどワケがある方は、消費者金融又は銀行系などからお金を借りますよね。

しかしながあ、夜で働いている人はキャッシングをしなくても、ある程度小口ながらまとまったお金を借りる事が出来たりするんです。これを夜の世界では”バンス”と言います。お金を借りると言っても、自分の働いた金額内での前借りという形となるのがバンスですから、実質自分で稼いだ金額分から差し引いて先渡ししてもらうという事となります。

普通のキャバ嬢なら並々の金額となるのですが、これがファッションヘルス、デリヘル、ソープ嬢ともなると約一週間働いたとして、1日5万円計算で考えてx6で30万円の稼ぎとなるわけです。キャッシングでお金が借りられないと思っている人でも、このクラスの職業で売上貢献出来る人となっていれば、金融や銀行でキャッシング申込みをしなくても平気という事でしょう。

勿論、タダ貸しして飛ぶ人もいるので、ある程度の売り上げ実績や店からの信頼感などが必要となってくるでしょう。バンスは利子などもありませんし、自分の売り上げから差し引くので結局の所借金(赤字)にならないのは嬉しい点かもしれません。

とは言えど、バンスをする際に色々条件を出される事もあるそうで、これが融資条件みたいなものですね。夜のお店の場合は、全額返済するまではレギュラー出勤が必要不可欠だったり、オープン時からラストまできっちり働く事などが条件となっております。なぜなら、すぐに前借して辞める子も多いそうで、お店を半年間は辞めない事などが求められるからです。

夜で働いている人ならば、お金を借りる方法に第二のキャッシング(バンス)があるので便利そうではありますが、バンスも良い店ばかりから受けられるわけでは無いのです。聞く所によれば、悪質な風俗店だと高い利息を取る所や、個人的な写真を使いまわされたり生理の時でも休ませてくれないなど、厳しい条件を持ってくる所もあるようです。

これが又ヤクザや闇金絡みの店ともなってくると、何とも厄介かつ大変な事となってしまいますので、この場合においては警察へ相談する方が良いでしょう。簡単にバンスが出来るからと言われても、暫くは様子を見てから利用した方が身の為とも言えます。下手すれば、お店自体が闇金業者のような所もある位ですから、本当に怖いものです。