水商売はキャッシングの審査に通るのか


水商売というと収入的に不安定で、キャッシングの審査に通りにくいイメージがあるのですが、本当のところはどうなのでしょうか。

水商売でもその職種は幅広いものがあります。キャバクラに勤めるキャバ壌も水商売といえば水商売ですし、キャバクラ嬢の他に居酒屋でバイトしている人も水商売と言えるでしょう。もっとも、お酒関係で接客する商売を水商売と言って間違いないでしょうから、スナックやバーで働く人を男性女性関係なく水商売と呼んで間違いないでしょう。それでも、世間一般的には女性のほうが水商売で働いているという形で捉えることができそうです。

それでは、水商売だからといって収入が不安定になるのでしょうか。水商売でも正社員として働いている人もいることでしょう。当然ですが、パートアルバイトという人もいると思います。コンパニオンということになると、それは派遣社員ということになります。中には契約社員という女性もいるかもしれません。主婦が、パートあるいはOLが会社が終わってからアルバイトをしているということもあるでしょう。ですから、水商売といっても雇用形態や勤務形態はかなり違うということですね。

それでは、水商売はキャッシング審査に通りやすいのかということですが、これは水商売だから反対にキャッシング審査に通りにくいということではないでしょう。風俗嬢でもお金を借りることができます。

ただし、風俗嬢のイメージが悪いのは、高収入ではあっても安定した収入ではないということでしょう。勤務形態や勤務状況にムラがありすぎるのが難点とも言えます。その点、水商売では風俗嬢ほど単価が高くありません。その分しっかりと働かなくてはいけませんから、働く、すなわち安定した収入という面では風俗嬢よりも評価の高いところかもしれません。

水商売でも正社員であれば、それなりにカードローンなどの審査に通ることは可能でしょう。職種でそれほど差を付けることはありません。ですから、勤務形態すなわち正社員かどうかがかなり大きな部分となるのです。

そういった点では、最初に借りるのでしたら銀行がやはり一番でしょう。水商売の仕事をしている人でしたら、銀行から借りることはできないと考えることでしょう。本当にそうなのでしょうか。

水商売でも銀行カードローンの審査に通る


現在は職種で差別される時代ではありません。ですから、水商売でもしっかりとした収入があるのでしたら、銀行カードローンでも借りることができるでしょう。というよりも、最初にお金を借りるのでしたら、銀行から借りるのが一番です。

銀行からお金を借りることができないとか、銀行の審査が厳しいというのは、すでにあちこちからお金を借りている人の声が多いのです。銀行は極端に多重債務を嫌います。他から借金をしているということはお金に困っている、すなわち返済能力に難がある人と思うからです。そのため、他社借入れがある人の審査は当然ですが厳しくなります。

ですから、他に借入れがない初めての借金ということでしたら、消費者金融会社よりも銀行カードローンのほうがいいのです。銀行カードローンのメリットは、なんといっても金利の低さです。

消費者金融会社のカードローンの金利と、それほど違わないのではという意見もありますが、0.1%でも違えば利息もかなり違ってくるのは、住宅ローンを支払っている人ならわかるでしょう。金額の大きさにもよるのですが、数百万円といった金額になれば0.1でもかなり違うのに、1%や2%違うということになれば、それだけでもかなりの利息差が出るのです。

借金を重ねる人は多重債務に陥りやすいのです。どこかで歯止めをかけなくてはいけないのですが、どうせお金を借りるなら、最初はまだまだ属性が比較的高いですから銀行で借りるには最適なタイミングです。他社借り入れがある状態だと、銀行カードローンの審査には通りませんから、属性が少しでも高い最初の頃に銀行カードローンに申し込むようにしましょう。

属性は高いに越したことはない


属性という言葉が出てきました。説明すると属性は信用ということになります。信用というと大雑把で抽象的な表現になるのですが、その信用という言葉を一つ一つの項目を組み合わせて、積み上げていったものが属性と考えていいでしょう。ですから、属性というのは、より現実的なその人の信用ということになるのです。

水商売でも、正社員とパートアルバイト、さらには契約社員派遣社員あると説明しましたが、この中で属性が高いのは正社員です。正社員の給与体系の基本は固定給ですから、安定した収入ということになります。

パートアルバイトはその反対で、休めばお金になりませんし正社員と違って、雇用が保証されているわけではありません。つまり、いつでも解雇させられるということです。それは派遣社員や契約社員でも同様です。ですから、正社員であれば属性は高いということになりますし、それ以外でしたら、パートアルバイトも含めて属性は低いということになるのです。

また、正社員の中でも勤続年数の違いによって属性は違ってきます。勤続年数が長いと当然ですが属性は高くなりますし、勤続年数が短いと属性は低くなるのです。他にも様々な項目で属性は成り立ちます。基本は返済能力があるかどうかということになるのです。

持ち家があったら属性は高くなりますが、これは資産があると判断されるからです。ですから、借家住まいになると属性と言った面では不利になることは否めません。また、収入が多いほど属性が高くなります。

このように、属性というのは多くの項目で成り立っています。そして、その項目は全て数値化されるのが一般的です。それを積み上げることがスコアリングと呼ばれているのです。ですから、最終的には属性というのはスコアリングで表されるのです。これはまさに「見える化」ということですね。

水商売の場合はアリバイ会社あるいは偽装会社というのがある


水商売となると、店名を申し込み書に記載しなくてはいけないと考える人もいることでしょう。しかし、それは違います。そして、在籍確認の電話がかかることが多いのですが、水商売ということで、昼にかかっても誰も出ないというケースもあるかもしれません。

ですが、水商売でも会社が運営していることがほとんどです。中には個人経営ということもありますが、大半は会社経営で昼間もアリバイ会社あるいは、言葉は悪いですが偽装会社が電話などの対応をしてくれているのです。会社名も一般的な会社名となっています。昔ながらでしたら、○○観光株式会社といった名称を使うことが多いようです。ですから、在籍確認の電話については不安視することはないでしょう。

カードローンなどを借りるのは前述していますが、銀行カードローンをまずは最初の選択にするようにしましょう。他社借り入れも消費者金融会社などから借りて、銀行が2社目あるいは3社目ということになると、銀行の審査に通らないかもしれません。それだけ他社借り入れを嫌うのが銀行なのです。

銀行にも事情がある


銀行のキャッシング審査が厳しいのは、どういった理由からでしょうか。一般的に消費者金融会社のカードローンよりも、銀行カードローンのほうが審査が厳しいです。これはカードローンが始まる前でも、銀行からお金を借りるのは大変という声が多かったのです。

それでも、銀行が誰にもお金を貸さないというわけではありません。基本的には、他社借り入れがある人の返済能力を見ていると考えたほうがいいでしょう。他社借り入れがあると銀行の審査基準では属性が著しく下がってしまうのです。それは、お金に困っているすなわち返済能力が低いと見られるわけです。

また、信用情報機関などに照会して、返済に対して延滞履歴がないかなども厳しくチェックされます。そういった延滞履歴が見つかると、その時点で審査NGと考えていいでしょう。これは大手消費者金融会社であるアコムやプロミス、アイフルでも同様と考えていいです。

銀行の場合は預金者からお金を預かっている、その預金額を保証しなくてはいけないという義務があるので、返済能力の低い人、属性の低い人に融資してその融資金額が焦げ付くのを極端に嫌っているということなのです。その点は、お金を貸すだけで収益を上げている消費者金融会社との大きな違いと言っていいでしょう。