まずは銀行カードローンに申し込んでみる

前述していますが、最初のローンの申し込みであれば銀行カードローンが一番のおすすめです。これにはいろいろ理由があるのですが、まずは一番審査が厳しいとされる銀行名度の金融機関に融資の申し込みをするのが鉄則だからです。

属性の話をしましたが、属性というのは最初に決めるとずっと属性の高さは変わらないというわけではありません。属性というのは時間の経過とともに常に増減しているのです。正社員であれば、勤続年数が長いほど属性が高いと説明しました。ということは、時々刻々と正社員であり続ける以上属性は上がっていくということになります。

また、クレジットカードをたくさん持つことで属性は下がっていきます。これは平均的なクレジットカード保有枚数である3枚程度でしたら問題はないのですが、これが10枚ともなるとお金に困っているのでは?ということで属性が下がってしまうのです。多重債務などと同じような理屈と考えていいでしょう。

多重債務という言葉が出ましたが、債務など借入れ件数が多くなると属性が下がっていきます。これは借金が多くなるのですから、属性が下がるのは当然と考えていいでしょう。借入れが多くなってくると、100万円の融資を申し込んでも属性が低いとまったく断られる場合があるか、または融資限度額を半額の50万円で融資ということになる場合があります。

借りることができるだけマシとも言えるのですが、やはり満額の融資ができないのは痛手とも言えるでしょう。カードローンの場合はローンカードが発行されます。そのローンカードを使って全国の銀行ATMやコンビニATMなどからお金を借りることができます。また、手持ち資金に余裕のあるときは、ローンカードを使って多めに返済ということもできるのです。

カードローンには、融資可能額や融資限度額などといったものがあります。融資限度額は借入れ額の上限という意味です。それを越える融資を受けることはできません。返済を続けていくと、融資限度額と、現在借入れ残高の間に差が出ることになります。これが融資可能額といって、融資限度額と現在残高の差がそのまま借入れができるということです。

融資可能額があるからと言って、常に借りていたらいつまでたっても完済できません。カードローンではそのあたりがデメリットと言えるでしょう。考え方としてはクレジットカードのキャッシング機能と同様と考えていいと思います。

いずれにしても、借りやすさという面と、後になると借りにくくなるという面を考えて、最初は銀行から借りるのがベストと考えていいでしょう。