水商売でもお金を借りることができる?


水商売をしている人でも、お金を借りることができるのでしょうか。実際にお金に困っている、水商売に従事している人も多いことでしょう。

水商売をしている人でも二通りあります。一つは水商売のお店を経営している人、そして水商売のお店で働いている人です。水商売と聞くとどういった商売を連想するでしょうか。一般的にはスナックや、居酒屋などのスナックでしょう。ここでは水商売のお店で働いている人に、ターゲットを絞ってみます。

実際に水商売で働いているということで、その勤務形態がお金を借りる際に重要になってきます。水商売で働いているといっても、全国チェーンの居酒屋の正社員という人もいるでしょう。または、そのお店でパートアルバイトで、働いている学生や主婦もいることだと思います。

実際にお金を借りるということになると、職種よりも勤務形態が重要になってくるのです。たとえば、会社員とパートアルバイトを比べてみると、どちらがお金が借りやすいでしょうか。反対に考えた場合、銀行などの金融機関や消費者金融会社などの貸金業者の視点から、返済能力が高いのは正社員です。ですから、正社員のほうが、お金を貸しやすいということになります。

それでは、パートアルバイトをしている人にお金を貸さないのかというと、そうではありません。パートアルバイトでも返済能力の高い人はいます。一般的に安定した収入ということを考えると、正社員のほうがパートアルバイトよりも属性が上ということになります。パートアルバイトの人でも、毎月しっかりと働いている人も少なくありません。

しかし、安定した収入ということを考えると数日休んでしまうと、収入が減ってしまうパートアルバイトに対して、正社員は数日休んだくらいでは収入が減ることはありません。状況によって有給休暇や慶弔休暇が取れます。月給も固定給ですから、多少休んだくらいでは収入の増減に影響はないのです。

パートアルバイトは仕事をしただけ給料もらえますが、仕事を休んでしまったら、その分月々の給料は目減りしてしまうということになるのです。

水商売はお金が借りやすい?

前述しましたが、これは勤務形態によると考えていいでしょう。また、水商売というのは、景気がよければ客足が増えますし、悪ければ客足が遠のく商売です。常に景気の波に翻弄されているので、景気が悪ければパートアルバイトの人でしたら、即解雇ということにもなりかねません。

そうなると、安定した収入のある人というのが融資の条件になります。よって、カードローンの審査に通らないこともあるでしょう。銀行や消費者金融会社などでは、融資の際の審査基準として、返済能力の高さを最も重要視しているのです。

返済能力の高さは、しばしば属性の高さに置き換えられます。勤務形態で正社員のほうが、パートアルバイトよりも属性が高いと説明しましたが、正社員の中でも勤続年数が長い短いで、属性が変わってくるのです。この場合当然ですが、勤続年数の長いほうが属性が高いということになります。

また、住まいについては、賃貸よりも持ち家のほうが属性が高くなりますし、自宅に電話があるほうがこれも属性は高くなるのです。これらの項目の全てにおいて、結局は返済能力があるかということに突き詰められることになります。

その点で、水商売というのは水物と考える人が多く、不安定な職種に感じる人も多いでしょう。それは、銀行などの金融機関、さらには消費者金融会社などの貸金業者に言えることなのです。

水商売でもキャバ壌となるとどうでしょうか。風俗嬢と考える人もいると思いますが、キャバ壌の場合は時給で働いているのですから、アルバイトといったほうがいいかもしれません。しかし、通常のアルバイトよりも、格段に時給がいいのがキャバ壌の特徴です。

それでは収入も良いということになるので、カードローンなどの審査にも通りやすいと思いがちです。ですが、キャバ壌も毎日しっかり働いていればいいのですが、実際は勤務状況も不安定になりがちです。それでは収入も安定しませんし、銀行などは収入よりも、勤務状況にムラがないかなども入念にチェックするのです。収入が高いので返済能力もありそうですが、すぐに辞めてしまうかもしれません。

もっとも銀行や消費者金融会社の審査は、現在の属性で行うしかありません。将来的に現在の仕事を辞めてしまうからといった、仮定の話で審査は行わないのです。そこで、水商売はお金が借りやすいのかということになりますが、属性的に正社員かパートアルバイトかのどちらかによりますが、職種で審査が行われるわけではないので、借りやすいとも言えますし、借りにくいともいえます。

この借りにくいということは、他に債務があるとかそういったことになるので、水商売という職種とは関係ないことになります。いずれにしても、仕事が水商売だからということで、お金を借りることが難しいということにはならないのです。

水商売は収入が高い?

水商売は収入が高いのでしょうか。普通のパートアルバイトの仕事よりも夜の時間帯の仕事になるので、時給は良さそうです。キャバ壌といったような仕事になると、時給が3千円とか4千円あるいは、それ以上になる場合もあるということですから、かなりの高時給と言えるでしょう。

キャバ壌ともなると、風俗嬢に例えられることもあるのですが、キャバ壌は、風俗の登竜門的な位置づけと言えなくもありません。キャバ壌の収入もそうですが、水商売は一般的に時給が高く、それにともなって収入も高いと考えていいでしょう。

夜の時間帯なので仕事も長時間にわたるものではありません。夜の12時に終わることが多いですから、夕方の6時から始めても6時間の勤務ということになります。時給が良くても勤務時間が短ければ、それほどの収入にはならないかもしれません。しかしそれでも、一般的なコンビニアルバイトと比較しても、高時給であることは間違いありません。

水商売でお金を借りるには

水商売は不安定な仕事と思われがちですが、実際は普通のパートアルバイトと何ら変わるところはありません。中には正社員として働く人もたくさんいます。それでも風俗嬢と同じで、水商売で働いているというのを伏せたい人もいるでしょう。

また、お金を借りる際にも、職業が水商売というのを伏せたい人もいるのも事実なのです。カードローン会社に融資の申し込みをする際に、在籍確認の電話をする場合があります。その場合は、昼にはお店が閉まっていますから難しいのですが、お店のほうで偽装会社を用意している場合もあるので、それで在籍確認をとることができるのです。

偽装会社は俗にアリバイ会社とも呼ばれています。水商売のお店は会社が経営している場合が多いです。ですから、経営母体は株式会社ということですから、そこに在籍確認をすることができるというわけですね。

また、水商売でも、銀行カードローンからお金を借りることも難しいものではありません。安定した収入というのは正社員だけではなく、パートアルバイトでも適用されるのです。銀行も消費者金融会社も、属性が良ければ正社員、パートアルバイトさらには水商売といった職種に関係なく融資をしてくれるのです。

すぐに、キャッシングしたいという場合もあることでしょう。その場合はクレジットカードのキャッシングが便利ですが、すぐに金利手数料がかかってしまいます。​危急な出費で、すぐに返済できるというあてがあるのでしたら、消費者金融会社のカードローンの30日間無利息というサービスを利用するようにしましょう。

これは、大手消費者金融会社の、カードローンだけのサービスとなっています。水商売の場合は、給料が日払いという場合が多いので、すぐに現金を手にすることができます。その日の昼間にちょっとしたお金がなくても、仕事が終わった時点で給料が毎日支払われるので、返済には困らないということですね。

水商売でお金を借りるにはどうしたらいい?


水商売だから、お金を借りることはできないと考えるのは間違いです。どこもお金を貸してくれないのは、自分が水商売の仕事をしているからと、考えている人も少なくないようです。

銀行や消費者金融会社などの、カードローン審査が通らないのは、自分の属性に問題があると考えたほうがいいでしょう。それなら、自分の水商売の仕事が関係しているのではと考えがちですが、本質はそこにあるのではありません。というのも、水商売だからというのではなく、他に債務があることが原因の場合が多いのです。

水商売の属性は決して悪いというわけではありません。正社員で安定した収入を得ている人もいることでしょう。パートアルバイトといった時給で働いている人でも、普通のアルバイトをしている人よりも時給がいいので高収入と言えるのです。

そのような仕事をしていて、なかなかカードローン審査に通らないというのは、勤務先の問題ではありません。他のローン会社に複数の債務があったり、クレジットカードのカード会社にキャッシングなどで多額の借金がある場合でしたら、それが理由でカードローンの審査に通らないことが多いのです。

多数の金融業者から融資を受けている場合でしたら、それだけで返済が大変だと容易に想像がつきます。そうなると、大手消費者金融会社のカードローンでしたら、銀行並に審査が厳しいですから借入れができない場合が多いのです。

また、100万円の融資を希望しても、融資可能限度額が50万円に制限される場合があります。それは総量規制などが影響していることが多いのですが、属性が低くて満額の100万円の融資を受けることができなく、50万円の融資となってしまうのです。それでも、この場合は融資を受けることができるだけ、ましとも言えるでしょう。

借り入れの申し込みをした場合は審査状況によって、融資限度額が変わる場合があるのです。ですから、状況によっては、満額の回答を得ることができない場合があるということも、理解しておきましょう。

また、自分の債務金額の合計を把握していない場合は、知らず知らずのうちに、総量規制に引っかかってしまう場合があります。パートアルバイトとなると、年収も100万円あるいは200万円といったところではないでしょうか。

総量規制は消費者金融会社からの借入れの場合、年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。ですから、年収が200万円と言った場合は、60万円を越える金額までしか融資を受けることができないということになるのです。多額のお金が必要なときに、これだけしかお金を借りることができないとなると、これは大きな問題となるのです。

お金がたくさん必要な場合はどうしたらいい?


消費者金融会社のカードローンを借りる場合は、総量規制といった問題にぶつかってしまいます。

これは大手消費者金融会社で借りても中小消費者金融会社で借りても、総量規制は消費者金融会社全体にかかってきます。ですから、消費者金融会社であれば、どこで借りても総量規制にひっかかってしまうということになるのです。年収が100万円という人では、消費者金融会社からの借入れは、総額で30万円と少ししか借りることができないのです。

それでは、これ以上のお金が必要になった場合は、どうしたらいいのでしょうか。その場合は、銀行からお金を借りるという方法があります。総量規制というのは、消費者金融会社からの借り入れのみ適用される規制なのです。

ですから、銀行は総量規制対象外となっているので、融資額が総量規制にひっかかるのであれば、総量規制が適用されない銀行カードローンへ、融資の申込みをするようにしましょう。

しかし、銀行に融資の申し込みをするといっても、銀行の審査に通らなければいけません。現在は銀行カードローンの貸しすぎが、総務省などで問題視されています。銀行の審査が厳しいという、これまでの傾向から真逆の結果が出ているのです。

それは、大手消費者金融会社のカードローンの審査に落ちても、銀行カードローンの審査に通ってしまうというものです。これこそ、総量規制の問題で、大手消費者金融会社のカードローンからは、借りることができなかったので銀行カードローンに申し込みをしたら、審査に通ってお金を借りることができたというケースです。

消費者金融会社は貸金業者です。ですから、お金を貸したくてしょうがないのに、総量規制の問題があってお金を十分に貸し出すことができないのです。水商売の人が、消費者金融会社にカードローンの申し込みをしても、融資希望額よりも少ない金額の融資しか受けることができなかったというのは、総量規制で消費者金融会社も満額の融資をしたかったのに、それができなかったということですね。

したがって、キャバクラ嬢だから、融資してもらえなかったということではありません。総量規制の問題もあるので、借り入れの申し込みをする際には、事前に消費者金融会社の担当者に相談するのもいいでしょう。水商売をしているというのがばれたくなければ、それを伏せて会社名だけを申し出ればいいです。

また、カードローンの申し込み書の欄に、職種が水商売という事を必要はありません。店舗勤務あるいは、サービス業でも問題ないのです。そして、キャバ壌向けということではありませんが、消費者金融会社の多くはレディースローンを用意しています。これは女性専用のカードローンですから、利用しやすいでしょう。

水商売だからどこでお金を借りる?


消費者金融会社のローン審査では、属性云々の前に、どうしても総量規制の問題が立ちふさがってしまいます。ですから、他社借入れがなく、初めてのカードローンの申し込みという場合は、銀行系カードローンに融資の申し込みをするといいでしょう。

銀行カードローンは審査が厳しいということですが、それは当たっているようでもあり、違うとも言えるのです。というのも、銀行カードローンの審査が厳しいと思っている人は、すでに他社借入れがあったり多重債務状態になっていて、銀行カードローンの審査に通らない人の声だからです。

自分が、銀行カードローンの審査に落ちているのですから、銀行の審査は厳しいということになるのです消費者金融会社の場合は、どうしても総量規制という壁に当たってしまうので、まずは、総量規制の適用のない、銀行系カードローンに申し込むのが第一です。

他社借り入れがないと、銀行のカードローンも驚くほど、簡単に審査に通ることでしょう。水商売であって、さらにキャバクラ嬢であっても、銀行カードローンを利用することができるのです。

また、カードローンですから、ローンカードを発行してもらえます。これは、返済だけではなく、返済途中であっても融資可能額の範囲内で、いつでも借り入れができるというものですから、ある程度返済をしていれば、融資可能額が増えて行きます。そして、その間で借り入れができるのです。

もっともこれには注意すべきポイントがあって、融資可能額が増えていくと、どうしてもこれだけ使えると考えてしまうのです。ですから、融資可能額一杯まで常に使うクセができてしまうと、いつまでたっても借金を完済することができなくなるのです。

そして、水商売という職業柄転職する事も多いでしょう。転職した場合は、銀行や消費者金融会社に、速やかに報告しなければいけない決まりになっています。法的な強制力があるわけではないのですが、審査などに影響するので、このあたりは職業を変わった場合に、報告しなければなりません。

また、そういった情報は信用情報機関では把握していないので、銀行がその情報を信用情報機関に報告するようになるのです。

まずは、金利の低いところから借りるのが基本

借金ですから返済しなくてはいけません。その返済についてですが、金利の低いところから借りるのが基本です。そうなると銀行カードローンがもっとも金利が低いのですから、銀行から借りるのが返済を考える意味では、選択肢として一番にくるものなのです。

水商売は借りやすいところで借りる


総量規制の問題もありますが、借りやすいといえばやはり消費者金融会社でしょう。多くを借りようと思えば銀行のほうがいいのですが、使い勝手を考えると、貸金業者である消費者金融会社のほうがいいでしょう。

それでも、他社借り入れが多くなってくると、大手消費者金融会社などから借りるのが難しくなってきます。仕事で属性が決まるわけではないといっても、水商売などのサービス業は、どうしても属性が低くみられがちです。

女性専用のレディースローンはどういったもの?と、疑問に思う人も少なくないと思いますが、レディースローンだからといって、審査が緩くなるというわけではありません。また、金利で優遇されるというものでもないのです。審査基準にしても金利にしても、通常のカードローンと何ら変わるところはありません。

それでは、どこが違うのかというと、女性スタッフが応対してくれるというものです。通常、男性女性関係なく担当者がいるのですが、女性には女性の担当者がつくのが、レディースローンの、特徴となっているのです。

銀行系ローンがいいのですが、審査が厳しければ、大手消費者金融会社になり、そこも厳しければ、中小消費者金融会社のカードローンに申し込むようになります。そこでも、お金を借りることができなければ、街金といった小規模の消費者金融会社がありますから、そこでなら審査に通るでしょう。街金はブラックでも、借りることができるとされています。

これは口コミなどに書かれているのですが、実際に消費者金融会社や銀行に融資の申し込みをすると、信用情報機関に与信情報などの照会をします。そのときに、申し込み者がブラック、いわゆる金融事故を起こしているとわかったら、その時点で審査落ちとなるのです。

しかし、街金ではそのような、個人信用情報機関に加盟していない街金が多く、独自の審査をしているのです。ですから、本人確認のための電話確認など、簡単な在籍確認と住所の確認、さらには給料明細書の提出などで簡単に審査に通り、融資を受けることができるのです。

もっとも、街金の場合は規模が小さいですから、借りるお金も多くても50万円まででしょう。10万円などの小口融資でしたら、書類の提出がなくても、即金でお金を借りることができるかもしれません。

借りやすい反面で、金利が高いのがデメリットとなるでしょう。それでも街金も貸金業協会の会員ですし、都道府県知事の許可を受けて、営業していますから、上限金利の20%を越える貸し出しはしていないので、その範囲内で金利手数料を添えて返済していくようになります。