ソープ嬢は申し込みはできる

ソープ嬢は大手消費者金融カードローン、銀行カードローンともに申し込みができます。
ソープ嬢だけではなく、各種風俗嬢は収入証明書があれば、在籍確認ができることで、カードローンもキャッシングも可能です。

最低限の条件として

ソープ嬢としてその店に1年以上は勤務していること。と言われるのですが、浮き沈みが多いソープ嬢では1年程度で退職する方も多いです。3年も同じ店というのはよほど条件が良いとか、人気者です。人気でいうと引き抜きもある世界であり、実際には1年というのはベテランの域に入ります。

1年というのも、ソープ嬢では毎日ご出勤という方も少ないでしょう。安定収入で言えば、毎月このくらいという金額ができるのですが、数日の勤務でも同年代OLの倍以上の収入の場合も多いです。一応、1年以上の店勤務で安定収入があるソープ嬢なら、申し込みして審査されることになります。

審査内容

申し込み後ではたいてい質問は少ないのですが、ソープ嬢の場合はいろいろと聞かれることがあります。それは、勤務日数や在籍確認などことです。

消費者金融の場合、職業で風俗業と項目があります。それだけのとき、後でキャバ嬢?ソープ嬢?との質問があります。正直に回答して、店名も書き、堂々と在籍確認を受けましょう。

店の人にバレる

基本的に、ソープ店では事務が電話対応です。そこに在籍確認の電話がカードローンの担当者が直接かけることになります。そのとき、担当者は○○キャッシング業者とは言わずに個人名になります。ですから、完全なプライベート電話になります。いますか?だけであり、本人と変わることは必要ありません。

又、ソープ店では、別会社として事務所が設置されていることがあります。こちらでソープ嬢の管理しているのなら、ソープ店でなく、事務所の電話でも対応しています。その時には、接客業で対応もできます。

ソープ嬢は接客には変わらず、風俗業に抵抗があある方は、事務所の○○会社で接客業でも違反ではありません。そこでも、担当者が個人名で○○さんはいますか?と言います。はい働いていますという回答がえられると審査はOKです。

一応ソープ嬢も審査対象です

風俗業と言う項目がある時点で、全ての風俗嬢の審査が受けられることがわかります。要は審査で借りれるかどうかですが、最低1年程度の勤務実績があり、在籍確認だけは絶対です。この在籍確認ができないと、まず審査は通らないことになります。店にはばれないと思われるのですが、事情があれば話すことも可能です。

在籍確認では担当者の名前です。しかし、電話してほしい時間などがあれば、相談もできます。その時にインターネット申し込みではなく、電話での申し込みであり、女性担当者が良いのなら、レディースカードローンの利用が良いでしょう。担当者と話しをしながら申し込みができます。

給与明細がないと借りれない?

ソープ嬢の働き方としては、風俗店勤務は基本です。部屋を借りる形での商売ですが、料金体系もそれぞれです。

風俗業界では収入は多いはず

ソープ嬢の収入は毎日勤務ではないにしても、真面目に勤務している方はそれなりの収入でしょう。キャッシング業者としては安定収入が基本ですが、ソープ嬢は除外していません。ただし厳しい対応として風俗業の限度額が低いです。

OL以上の高い収入だというのに、総量規制範囲内と言えば、かなり高いけれど、これしか借入できないの?担当者に言われることはありませんが、カードローンでは安定収入以外、返済の信用ができるまでは、限度額が低いです。高い収入のソープ嬢でもそれは同じことで、最初のカードローンは多くの借入ができないと思った方が良いでしょう。これは、仕方のないことでしょう。

ソープ嬢で1000万円の年収なの

このような方もとても多いです。では、収入証明書を見せて?と言われたときには、明細があるでしょうか?

最近では、ソープ嬢でも給与明細もあります。本当に1000万円というのは嘘ではありません。毎月100万円以上の収入もありますので、実際には給与明細はあった方が審査は通りやすいです。

しかし、中には給与明細がない場合があります。1000万円の年収が虚偽?と疑われるのは心外であり、証拠を集めましょう。

証拠というのは?

キャッシング会社審査では、必ず店に担当者が電話をして在籍確認をします。そこで、そこの店の料金表などを入手します。スクショでも対応しています。

そして、数ヶ月の手書きでも良いので、出勤表や給与明細を計算していきます。そこで月に100万円の収入があれば、年収1000万円も嘘ではありません。ある中級クラスのソープ嬢ですが、週に5日勤務で、日給で2万円を4本で1日8万円です。1週間で軽く40万円という収入です。ソープ嬢は思った以上に稼げる職業ですが、体を張っている以上、当然です。

そんなにうるさくない場合も

カードローン業者では、ソープ嬢というだけで高給取りだと言うことがわかっています。その上で、総量規制という内容ではなく、風俗業のような不安定な収入の場合は、最初は低額キャッシングになることが多いです。

給与明細もなく、ソープ嬢というだけでは、信用が低いのは仕方のないことです。審査では、どうしても安定収入以外では、信用が低く限度額が限定されます。ただし、順調に返済をしていくことで、借入額は上がります。

大手消費者金融カードローンでは、風俗業の利用者は多いです。最初は少なかったけれど、という方も多いです。ソープ嬢が審査に関係するのは、在籍確認であり、収入があることはわかっています。それで、最初だけは完済能力を確認のために少額融資になるだけです。

ソープ嬢は10万円しか借りれない?

風俗勤務では、ソープ嬢でも借入ができます。勤務先がソープだとしたら、その収入が高いことはわかっています。

キャッシング業者では、風俗業の申し込みでも対応していて、申し込み内容と信用情報、在籍確認で審査が進みます。普通の方の審査と同様です。安定収入で引っかかることがありますが、それでも最低10万円程度の限度額がきくことがあります。それしか借入ができないになんてというのが本音です。

どうしてソープ嬢が10万円しか借入ができない?

安定した収入ではないからです。安定というのは、完済の大条件です。カードローンでは、限度額では収入が低いと少ししか借入ができません。その時に、借入が少ないと少しずつ返済が確実にできれば良いのです。ソープ嬢では永遠に勤務ができるものではありません。

カードローン審査では、勤続年数なども深い関係になります。ソープ嬢では数年でやめる方もいますが、そのような対応では、どうしても少しの限度額になってしまうでしょう。

担当者では、信用情報で金融事故がないと、申し込み内容では、ソープ嬢で勤務していることがわかれば、普通に借りれることになります。風俗勤務での借入ではそんなに考えることがありません。

とりあえず借りれるだけ

確かに限度額が少ないことでは、最初だけです。どうしても増枠したいときには、収入証明書などが必要だったり、完済した実績があれば多少は借入ができるようになります、融資できるけれど少額であり、総量規制までの借入したいと言えば、相談をしてみましょう。

ソープ嬢でも借りれる

最近は風俗勤務でも借りれる。それだけも対応でしょう。借りれる可能性があるのが、収入があることが証明が必要です。確定申告書などがあると、かなりの確率で総量規制までのキャッシングができます。

しかし、実際には風俗勤務ではキャッシングができないと思っている方が多いです。ですが、実情としては、大手消費者金融だけではなく、銀行カードローンも借りれるようです。

在籍確認は銀行名で行うこともあります。クレジットカードのキャッシングも借りれる場合がありますが、こちらも在籍確認があります。ソープ嬢では借入ができるということで、収入があり、在籍確認ができることが基本です。

信用情報で延滞遅滞していない、その他金融事故があれば別問題ですが、ソープ嬢である身分では普通に申し込みしても大丈夫です。キャッシング会社的には、ソープ嬢の申し込み対応という口コミが多数あります。

不安定な収入で借りれないって本当?

ソープ嬢の中で、借入ができるのにできないと決めつけている方も多いです。それは風俗勤務だからであり、デリヘル、キャバ嬢などの風俗に勤務していることで、審査通過しないと言う口コミがあります。

口コミはいい加減な内容になっていますが、最近では風俗業でも普通に借入ができます。キャッシング会社審査では、収入だったり、金融事故の有無などで確認をします。

ソープ嬢は借りれる

ソープ嬢では1年程度勤務していることが条件であり、返済ができることが必要です。風俗勤務になっていることでは、一応返済条件が揃っていることが必要です。信用情報としては金融事故がなく、借入ができることとして、在籍確認ができれば、それでOKです。

審査では、担当者が直接質問してくることがあり、勤務日数や1回の料金などを聞かれます。収入証明書があれば解決できる質問ですが、実際に勤務している現役ソープ嬢であれば審査は順調に進みます。ソープ嬢であることがわかれば、収入が確かなことはわかります。

信用情報では金融事故がないことが証明されたら、収入があるソープ嬢として審査され借りれることがあります。ソープ嬢であることで審査落ちになることはありません。審査次第でソープ嬢は借りれます。

担当者が知りたいこと

キャッシング会社審査では、信用情報の内容では金融事故の有無、クレジットカードの内容もキャッシングも全てです。既に借入ができていれば、ソープ嬢としても申し込みができます。信用情報の内容では、数多く借金、返済していないなどのブラック情報がなければ良いわけです。

金融会社では、ソープ嬢は除外しないでしょう。風俗勤務では、借入ができる対象として、実際の利用者も多いです。大手消費者金融でもカードローンが持てたと口コミがありました。安定収入の内容では、ソープ嬢では毎月勤務している、それが1年以上も続いていれば、安定収入となります。

利用者が風俗勤務でも対応しているので、安心して申し込みをしてみて下さい。キャッシング業者では、融資対象としてソープ嬢も対象者です。

デリヘルよりは有利かも?

この言い方は、語弊がありますが、給与明細が存在しているからです。デリヘルで明細があれば良いのですが。風俗勤務で借りられないというのは、不安定な収入であることが問題です。

デリヘルもソープ嬢も毎日勤務していないにしても、確実に収入は高いです。しかし、不安定収入であることで、10万円程度のキャッシングになってしまうことは多いです。キャッシング業者としては、安定を求めることになり、その意味では風俗勤務は厳しい点はあります。

ソープ嬢はきちんと審査されるから、アリバイ偽造会社は使用禁止

風俗店勤務の方で、アリバイ偽造会社の利用を勧める方もいます。それは何かというと、風俗勤務では審査に通らないということです。

キャッシング業者では、風俗勤務、デリヘル、ソープ嬢では借入ができないという噂があります。キャッシング会社審査では、そのようなことはないと言いますが、ソープ嬢は借りれないとか、審査も受けられないという内容はあります。しかし、嘘の情報であり、それがアリバイ偽造会社の利用になってしまうことがあります。

アリバイ偽造会社でソープ嬢がOLに変身

要するに、アリバイ偽造会社の利用では、ソープ嬢なのに○○会社のOLとして在籍確認も必要とあれば、収入証明書も対応します。これがあれば、あなたの信用情報は新規更新され、OLでは年収3分の一の総量規制範囲内でのキャッシングができます。

ソープ嬢の方が年収は高いので総量規制も高いはずです。しかし、実際にはソープ嬢では総量規制までの借入ができません。多く借入ができないのは、不安定な収入として見られます。

ソープ嬢だけど確定申告したら?

総量規制までの借入を最初からきちんとしたいときには、確定申告がオススメです。アリバイ偽造会社に行くくらいなら、確定申告をしてしまうことです。これは公的書類として、ソープ嬢だけど、確定申告できていますと公言できます。

この確定申告では、納税者になっていたり、きちんとした計算をしていることで、ソープ嬢としての地位も確立します。いい加減な年収ではないことも証明することができます。アリバイ偽造会社では料金もかかるという問題だけではありません。

後でバレたら犯罪

アリバイ偽造会社は普通にインターネット上で存在しています。部屋を借りるときに、インターネット上保証人対応のアリバイ偽造会社があります。そこで、カードローンでも使ってしまうことができます。

何てということはない、アリバイ偽造会社が在籍確認してくれる、OLなどの会社提供であり、年収保証もしてくれること。それが、普通の審査になりますので、アリバイ偽造会社があれば、ソープ嬢の職を隠して、キャッシングができます。バレたら、虚偽申請として大手消費者金融カードローン審査落ちで、そのカードローンは二度と申し込みもできません。

ソープ嬢は堂々と申し込みを

審査に通るかどうかはわかりません。ここで問題になるのは、ソープ嬢でも普通に申し込みができるということです。収入があることが証明ができ、在籍確認ができればOKです。最初は少ししか借入ができない人もいますが、完済していくことが何回かあれば、信用も高くなって、借入額も多くなります。