↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


キャバ嬢は個人事業主、確定申告との関係

キャバ嬢はどんな働き方をしているかによって、従業員、アルバイト、パート等の区別ができます。それは雇用契約の内容になります。

キャバ嬢は個人事業主ということ

雇用契約としては、アルバイトやパートでは、1時間○円、○日払いにする。もしこれだけのお金の契約では、時給制のアルバイト的なことですが、キャバ嬢本人としては、お金は時間に対しての報酬として受け取ることになります。

そこで、個人としてキャバ嬢で働く。雇用契約では、アルバイト的でお金をもらう。多くのキャバ嬢がこのパターンです。

個人事業主として行うこと

キャバ嬢で働いています。年収は500万円ほどですと報告している場合もありますが、確定申告している?と聞かれたらどうでしょう。キャバ嬢の中で確定申告をしている方としていない方が存在しています。

なぜ、確定申告はしなくてはならないと思っている方、要注意です。この確定申告をしている方が個人事業主ではなく、確定申告を指定なくても個人事業主になっていることになります。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


従業員との違い

個人事業主と従業員の違いは、キャバレーで従業員のすべての税金等の計算をしてくれます。国に対して既に納税している段階で、解決をしています。アルバイトでも源泉徴収を納めている場合でも一応は、その情報があります。

そのまま個人事業主でも良いですが、キャバ嬢で源泉徴収があるところも少ないでしょう。また、源泉徴収があるのなら、確定申告をしたのなら、還付金がある場合もあります。そう言われると確定申告もすることでしょう。それとは別に、従業員として雇用契約されていないとしたら、個人事業主として確定申告をすることが必要です。

年間38万円以上の報酬がある場合

ただし、確定申告に関しては、年間38万円以上の収入がある場合です。副業では20万円以上の場合です。キャバ嬢として働いて、38万円以下の収入の時には確定申告は必要ないでしょう。

しかし、雇用契約で従業員として雇われていないのなら、個人事業主です。その自覚がないことで、年間38万円以上の収入で、いきなり税務署から連絡がきたとの報告もあります。税務署からは無申告の報告とともに、高額な追徴課税が請求されることになります。

キャバ嬢なのに確定申告しなくてはならない?そんなことは知らなかったという方も多いですが、実は確定申告をしなくてはならないです。

月収38万円ではなく、年収38万円以上の収入があるキャバ嬢は全員平等に確定申告をしなくてはならない事になっています。無申告のままでは、突然税務署からの手紙でびっくりしてしまうかも?

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


キャバ嬢は確定申告しないと大変なことになる? 

会社勤めの方は、12月に年末調整としてお金が戻ってくることがあります。1月1日から12月31日まで、結婚した、子供が生まれた、生命保険に入っている等の情報があれば、戻りが多いようです。

なぜお金が戻ってくるの?

会社の経理では、従業員の給料の中で税金の支払いも代行しています。その中で、1年間の税金の見直しが12月に集計されることになります。

ところが、会社の従業員以外の方は、この行為を自分でしなくてはならないです。それが、毎年2月から3月にかけて行う確定申告です。ちなみに、確定申告は税務署では1年間対応していますが、この時期に行うことで、その年の税金等が決まります。

確定申告は会社の経理が行うことを自分で行うことです。どんな場合で収入がある場合でも、この税金等の計算はきちんと行わなければならなりません。

個人事業主というと

街なかの商店やフリーランスの方々ですが、キャバ嬢等の風俗嬢のほとんどが個人事業主になります。

キャバレーで、店員として働いている方で、従業員として保証している方では個人事業主ではありません。しかし、キャバ嬢等は個人に対して、雇用では時間制での報酬だけで、税金等の配慮はないでしょう。せいぜい源泉徴収をしている程度です。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


源泉徴収があるということ

キャバレーがキャバ嬢に対して源泉徴収をしているということは、それだけ収入があるということを報告しています。既に税金の支払いがありますが、それではキャバレーから受け取った報酬が多いことでは税金も高くなります。

また、源泉徴収を受け取って確定申告をしていないことでは、本当の所得の確定もできていないことがあります。

源泉徴収はされていない

キャバレーによっては、源泉徴収をしていないことが多いでしょう。

キャバ嬢は使っているけれど、そのままの契約のお金の支払いをしている。その時には、キャバ嬢が自分で税金の支払いをしなければならないです。源泉徴収をされていない時には、それが出費になります。

源泉徴収されている時には、確定申告によってお金が戻ることがあります。これが冒頭に挙げた会社の経理が行う年末調整に近いことです。ですから、キャバ嬢としては、どんな場合でも確定申告はしなければならないのです。

個人事業主の確定申告は義務

個人事業主は必ず確定申告をしなければならないという義務があります。確定申告しなければ違反であり、後に追徴課税の請求で免れないことがあります。芸能人等で、脱税のニュースがありますが、確定申告をしていないキャバ嬢も同様です。

キャバ嬢によっては、高収入の方もいますが、その際の追徴課税は大変なものです。個人事業主は確定申告が必須。キャバ嬢はキャバレーの従業員ではなければ個人事業主になりますので、確定申告は絶対です。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


キャバ嬢が確定申告していないと… 

キャバ嬢は個人事業主です。自分が個人事業主である自覚はもちろんなく、誰も教えてはくれないことも多いです。突然税務署からの手紙が来て驚くこともあるのでご用心。

税務署の手紙、追徴課税の内容がすごかった

もともと収入が高いキャバ嬢の場合は、税金の額も大きいでしょう。そして、過去にさかのぼって請求される追徴課税では、驚くほどの金額になります。

フリーランス、風俗嬢等は個人事業主です。実はとても多くの国民が個人事業主になっていることがあります。そして、この個人事業主は確定申告をしなればならないと決められています。

なぜ確定申告が必要なの?

例えば、月に100万円稼ぐキャバ嬢がいたとします。キャバ嬢のお金は、毎月キャバレーから給料として受け取ります。これが会社員であれば、100万円の給料だとしても、税金の支払いがされて、90万円程度になっている場合が多いでしょう。

ところがキャバ嬢の働き方として、キャバレーで税金の支払いなどはしてくれません。これが、個人事業主やアルバイトの違いです。会社員は会社で行ってくれるのですが、100万円まるまんま受け取って、納税もしていないのなら、おかしな話しです。

おかしいと言うのは、キャバ嬢として100万円も収入があるのに、納税もしていない、所得として申告していないことになります。この所得では、それぞれの自治体では税金も都道府県と市区町村で関係するだけではなく、国民保険にも反映される大切な情報です。

毎年、住民の所得の内容を知らなければならない。キャバレーではそうした手続きをしていないことでは、自分で確定申告をしなければならない。キャバ嬢は確定申告をする個人事業主ということになります。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


税務署としては調べなくては

その地区の税務署としては、○○という住民がいる。長年申告もしていないし、生活保護をもらっている様子もない。そこで、キャバレーで源泉徴収をしているのなら、そこからの年収がわかります。

高額キャバ嬢なら、相当な追徴課税になりますが、源泉徴収もない時には、無申告者としてやはり高額追徴課税が来ます。要するに、無収入であれば、それでも確定申告は必要ですが、キャバレーとしてキャバ嬢に給与として出している金額がわかると、無収入もごまかしがきかないことになります。

それでも100%ではない

現在、キャバ嬢の確定申告率は低いとされています。バレずにまるままお金を手にしているけれど、税務署からもなにもきていない方が多いでしょう。税務署としてもそこまで手が回らないことが事実ですが、突然追徴課税がやってきます。

また、良心的なキャバレーでは、キャバ嬢に対して確定申告を勧めているところもあります。初めて確定申告が必要だと知ったとか、キャバ嬢が個人事業主であることを自覚したという報告が多いです。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


個人事業主の確定申告は絶対、キャバ嬢も良いことがあるはず

個人事業主は毎年確定申告をして、自身の所得が決まります。そこから、国民保険税、住民税の金額が決まります。この納税は国民の義務です。

キャバ嬢も確定申告しなくてはならない

キャバ嬢だけではなく、フリーランスなどで働く方で、年間38万円以上の収入がある方は確定申告をしなければなりません。

たくさんの例がありますが、最近在宅ワークを開始して、年間収入が100万円あったとか。株投資で儲けた人、2つ以上から収入がある方などです。こぞって2月近くになると確定申告の動きがありますが、キャバ嬢も同様です。

確定申告すると良いことがあるの?

いいことがあるからではなく、確定申告しないと悪いことが起こると言ったほうが良いでしょう。

納税は国民の義務です。確定申告をしていないキャバ嬢では、納税どころか、収入も定まっていない存在です。なんとか隠れてということは脱税そのものです。

個人事業主であるキャバ嬢の確定申告は既に始まっています。確定申告を良いことと捉えるためには、準備が必要です。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


多くの個人事業主も行うこと

個人事業主をしていく上では、100万円の現金収入があるとしても必要経費が必ずかかります。キャバ嬢も同様であり、それを毎日領収書として記録を残すことが必要です。

あるキャバ嬢は、お客さんのプレゼント代、店の衣装代などの領収書をとっておいたと言います。または、タクシー代なども必要経費になります。ですから、確定申告は2月ですが、実は毎日のキャバ嬢として仕事で利用する必要経費は領収書があれば、収入から差し引くことができます。その記録がきちんとあればOKです。スマホで記録だけでも良いのです。

年間500万円からキャバレーから報酬があったとします。その中から、必要経費が年間200万円あったとします。そこで、課税金額が300万円になります。まだ、差し引く要素としては、基礎控除、生命保険控除などがありますが、500万円の収入があるからと、500万円そのままに課税されるものではありません。

個人事業主は1年間かけて、様々な必要経費を計算して、2月の確定申告に挑んでいます。キャバ嬢も同様に行いましょう。

キャバ嬢は個人事業主と言う自覚

キャバ嬢など風俗嬢すべてが個人事業主といえるでしょう。そこで、毎年確定申告が必要になります。

面倒なことと言えば、必要経費の計算ですが、これだけはしないと1000万円の収入で1000万円そのまま申告してしまうと大変な税金になります。ですから、必要経費は節税のためであると考えれば良いでしょう。節税しているキャバ嬢というのは個人事業主として確立されている立場です。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


キャバ嬢で持続化給付金を手にできる人

コロナ感染拡大の影響は、キャバ嬢にも大きな影を落としました。そこで、あるキャバ嬢は持続化給付金100万円の給付を受けたと言います。

キャバ嬢は誰でも申請できるの?

個人事業主ならできます

キャバ嬢は個人事業主です。知らなかったとの口コミも多いですが、キャバ嬢はキャバレーの従業員ではない場合は毎年確定申告をしなければならない個人事業主になります。従業員であれば給与所得であり、経理がすべての手続きをしています。

ところが、従業員ではないキャバ嬢では、自分で領収書を集め、毎年もらった収入から必要経費を差し引き申告することが必要です。雇用関係で、キャバ嬢では個人事業主を雇うことになります。税務署に開業届まで出せば完璧ですが、毎年確定申告を行うキャバ嬢も存在しています。

このようなキャバ嬢の場合は、コロナの影響で減収した時の持続化給付金の給付対象になります。確定申告をしている個人事業主のキャバ嬢なら、ということです。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓


持続化給付金の内容

2020年1月から12月までで、どこかの月で2019年の同月よりも収入が50%減少した。その証拠を示す振込情報があることが必要です。それまでの収入の帳簿(手書きでOK)、そして確定申告書です。しかも、2020年にしっかりと申告していることが必要になります。

これまで行う場合は、持続化給付金もキャバ嬢などの風俗嬢でも受け取ることができます。融資ではありませんから、返済不要です。上限で100万円ですが、水商売など働くアルバイトなども確定申告が必要で、個人事業主になります。

持続化給付金は、本来コロナがなければこれだけの収入があるという証明が必要です。50%減になった月の差額に12をかけた金額の給付になります。

2019年3月50万円稼いだキャバ嬢が、2020年3月10万円しか稼げなかった。その時に差額の40万円に12をかけて480万円になります。そのときには上限が100万円の持続化給付金の給付になります。

キャバ嬢であれば、この数字はありがちなことでしょう。確定申告をしている個人事業主キャバ嬢であれば、今回の持続化給付金の対象になります。

今からでも間に合う?

一応持続化給付金の期限は12月までになりました。ただ、確定申告もしていない場合は対象外になります。単に確定申告と言っても書類が揃わないとダメでしょう。

持続化給付金のための確定申告というのは甘い考えですが、これからはキャバ嬢は個人事業主としての確定申告をすることは絶対のことです。忠告だけではなく、キャバ嬢としての義務です。

インターネット上にも情報がありますが、これからすべて領収書を集め、キャバ嬢に関係するものであれば、確定申告の時に必要経費として収入から差し引き申告がすることができます。

↓↓↓コロナに負けない!自宅で仕事できます!!↓↓↓