キャバ嬢がお金借りる


キャバ嬢をやってたらお金を稼いでいるイメージですが、それは人によります。キャバ嬢でも火の車の女の子もいれば、目標をもってしっかりと貯め込んでいる女の子もいるでしょう。時給といってもコンビニのバイトと比べても数倍はいきますから、中には5千円という時給もあるくらいですから、単に時給という仕事でくくることができないと考えていいでしょう。

また、キャバクラというのは風俗なのかどうなのかということになると、広義でいうと風俗なのですが、性風俗ではないということになります。飲み屋と一緒ですから、肉体的にもそれほどきつくはありません。飲み過ぎると大変ですが、そこは商売ですからセーブはしていることでしょう。

さらに、キャバ嬢の場合は、昼間は働いていて夜だけバイトしているという女の子が多いでしょう。専業でキャバ嬢のみやっているという女の子もいるかもしれませんが、現在はどちらかというと、昼の仕事と兼業しているキャバ嬢のほうが多いようなのです。それを考えると、副業としてもやっていける仕事がキャバクラだと考えていいでしょう。

性風俗の場合は肉体的にも疲れるので、副業という形にはなかなかなりづらいといえます。そうなると、昼間の仕事で給料をもらいながらキャバクラの仕事もしなくてはいけないというのは、どういった理由なのでしょうか。短絡的に考えるとやはり借金の返済ということになるのですが、そこは人それぞれ事情があります。

前述したように何か将来的な目標があって、キャバ嬢をしてお金を稼いでいる場合もあるでしょう。単にお金が欲しいというだけで、副業でキャバ嬢をやることは考えにくいのです。そして、もう一つはキャバ嬢の仕事をやらざるをえないことです。それが借金の返済ですね。

理由はどうあれ、また、副業なのか専業なのかはどうあれ、キャバ嬢でお金を借りることができるのかを考えてみます。一般的に考えると昼間は正社員として働いているのでしたら、正社員の属性を利用してお金を借りるのが一番手っ取り早いです。正社員ですから、銀行からもお金を借りることができるでしょう。ですから、キャバ嬢を副業で昼間は正業を持っているのでしたら、そちらの属性でいくらでもお金を借りることができるでしょう。

一方で、正社員の属性の良さを利用して銀行でお金を借りまくってしまったら、すぐに返済に行き詰まってしまうことでしょう。そうなると、副業をするしかなく、そうして返済しなくてはいいけなくなるのです。夜のバイトでしたら、コンビニバイトなどでしたら埒があかないケースもあるので、必然的にキャバ嬢ということになりますし、もっとお金を稼ぎたいのなら風俗嬢になる女の子もいるのです。

また、昼間が正社員ということでしたら、お金も銀行カードローンなどに融資の申し込みをしても審査に通りやすいのですが、正社員ではなく、非正規雇用の派遣社員や契約社員、さらにはパートアルバイトとなると話は違ってくるのです。

お金を借りるなら、消費者金融会社よりも銀行カードローンのほうが金利が低いので、返済利息が安くなるので有利です。ですから、借りるなら銀行カードローンがいいのは間違いないのですが、非正規雇用となると途端に銀行カードローンの審査基準のハードルが高くなるのです。これが正規雇用されている正社員でしたら、銀行カードローンの審査を通過するのはそれほど難しくはないでしょう。

正規雇用と非正規雇用では、銀行カードローンの審査通過率がかなり違ってくるのです。それは収入の大小というのも要因の一つとしてあげられますが、それ以上に雇用が安定しているのかどうかということが問題になります。終身雇用が崩れたといって久しい日本の雇用情勢ですが、それでも、正社員の雇用は企業から保証されています。雇用契約を非正規雇用者のように毎年あるいは数ヶ月ごとに更新しなくてもいいのがその理由です。

つまり、非正規雇用の人は雇用が有期契約となっていて、毎回更新しなくては次の雇用がないのです。ですから、雇用が更新されるかどうかは会社が握っているということになるので、会社の一存によって雇用が切られるか継続されるかどちらかということになります。そこを銀行側は雇用が安定していないと見ているのです。

したがって、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通るのは難しく、お金が必要となると消費者金融会社のカードローンなどからお金を借りなくてはいけなくなるのです。もっとも、先述しているようにキャバ嬢で働いている女の子が昼間は正社員で働いていると、銀行カードローンでもかなりの金額を借りることができます。

そう考えると、正社員で昼間働いていて夜はキャバ嬢で働いているというのは、それだけかなりの借金を抱えているとも考えられるのです。そこで、昼間の仕事は関係なくキャバ嬢に絞ってお金を借りることができるのかどうかを調べてみましょう。実際に、キャバ嬢の場合は時給がよく、その気になればたくさんのお金を稼ぐことができるでしょう。

しかし、キャバクラの場合は自由出勤となっていることが多く、そのため出てもいいし出なくてもいいということで、よほど自分で自分を律することができないと、キャバ嬢の勤務形態もゆるゆるになってしまいます。ですから、何か目標をもってキャバ嬢をやらないとお金を稼ぐことはできないですし、借金の返済もできないということになるのです。

キャバ嬢はお金借りれる?


キャバ嬢は、銀行カードローンに融資の申し込みをしても審査に通るのでしょうか。副業ではなく、専業としてキャバ嬢をやっている場合を考えてみます。

銀行カードローンの場合は、正規雇用か非正規雇用かということが職種よりも重要になります。キャバ嬢の場合は時給での収入となることから、区分としてはパートアルバイトと同じような扱いになるでしょう。収入が多いですから、パートアルバイトの中でも信用度あるいは返済能力は高いということになります。言うなれば属性は高いということです。ですから、銀行カードローンの場合でしたら、申し込み対しての銀行側の回答は審査落ちにならない可能性が高いです。

もっとも電話による在籍確認が行われることが多いです。キャバ嬢の場合は、どのように在籍確認が取れるのでしょうか。これはたいていのキャバクラでしたら、アリバイ会社があるので、そこでいいように電話で応対してくれます。在籍確認というのは必ずしも本人が電話に出る必要はなく、本人の名前で職場に在籍していることが分かれば大丈夫なのです。

キャバクラといっても、見るからにキャバクラという店名が会社名になっていることはなく、会社名は、例えば「東洋観光」といったような差し障りのない名前になっていることが多いです。ですから、銀行カードローンの申し込み書には、キャバクラという名前を書くことはありませんし、職種もサービス業で問題ありません。ですから、キャバクラに勤めているということも伏せても大丈夫なのです。

しかしながら、銀行のカードローン審査は審査基準が厳しいので、キャバ嬢で収入が多くても審査に落ちる場合があります。これは、パートアルバイトで括られてしまうと、属性が低いということになって、審査に通ることができないのです。また、水商売と分かることはないので、申込者のほうから水商売という言葉は出さないほうがいいでしょう。

まずは、銀行カードローンの審査に通って、キャッシングというのがベストなのですが、銀行カードローンの審査に通らなければ、消費者金融会社のカードローンに頼ることになります。アコムやプロミスといった大手消費者金融会社のカードローンとなると、キャバ嬢のような水商売でも積極的に融資をしてくれるので、融資の申し込みをしても審査に通ることができるでしょう。

楽天銀行カードローンなどの銀行系カードローンと比較しても、消費者金融会社のカードローンのほうが審査基準が低いので、審査に通りやすいのです。

キャバ嬢が消費者金融会社から借りる


キャバ嬢は一般的にお金を稼いでいるイメージですが、中には借金をいしている人も少なくないようです。友人知人からお金を借りる場合、あるいはキャバ嬢にお金を貸してくれと言われた場合は、キャバ嬢に限らず個人間では借用書を作ったほうがお互いのためです。

また、消費者金融会社に融資の申し込みをする際には、金額によっては収入証明書が必要となります。たいてい、50万円以上の融資の申し込みとなると収入証明書の提出を求められることが多いようです。

さらに、消費者金融会社のカードローンといえども、審査に通るかどうか心配な場合については、事前に消費者金融会社の融資担当者に相談したほうがいいかもしれません。審査に通るか通らないかといったボーダーラインにいる場合、審査に落ちた場合、次の申し込みまで申し込みブラックがあるので半年は待たなくてはいけないからです。

ですから、いきなり審査落ちとなるよりも、融資担当者にあらかじめ相談して審査に通りそうかどうかを確認してから、消費者金融会社のカードローンに申し込むようにした方が、審査通過率も高くなります。また、電話確認、俗に在籍確認と呼ばれているものですが、偽装会社にキャバクラの経営会社がなってくれるので、在籍確認にもばっちりと対応してくれるでしょう。

消費者金融業者で借りる


消費者金融業者は、プロミスやアコムといった大手消費者金融会社だけではありません。というよりも、2,000社近くある消費者金融会社のほとんどは、中小消費者金融会社あるいは小規模な街金で占められているのです。

ということから、大手消費者金融会社のカードローンからお金を借りることが難しければ、中小消費者金融会社や街金からお金を借りるといいでしょう。複数の借金があるキャバ嬢の場合、属性が低くなっているので、大手消費者金融会社のカードローンの審査に通るのが難しくなる場合があるのです。

返済能力も厳しくみられますし、消費者金融会社の中でもカードローンの審査基準は最も高いので、キャバ嬢といえども属性が低くなっていると、審査に通ることはできません。

消費者金融会社以外で借りる


中小消費者金融会社や街金は審査も緩く、属性が低くなっていても審査に通り、お金を借りることができるでしょう。

しかし、総量規制に引っかかっている場合は、いくら審査が緩く通りやすいといっても、法律は曲げることはできません。収入の3分の1を借入れしている場合は、いくら属性が高くてもお金を借りることができないのです。

そのような場合は、ネットの個人間融資掲示板を利用する方法があります。個人間でのお金の貸借りになるのでリスクはありますが、リスクはむしろ借りる側よりも貸す側にあります。借りる側としてもしっかりとこれまでの実績などを確認して、誰から借りるのがいいのかを判断しましょう。