風俗嬢は借りれる

風俗嬢の融資やキャッシングに関しては、普通の職業として取り扱われると言われています。以前は水商売の方の申し込みができない時もありました。

風俗嬢とは風俗業で働く女性たち

最近では、ホストも風俗嬢としての立ち位置があります。俗に風俗嬢といっても、風俗という店舗などに属して働く方を対象にしていると言っても良いでしょう。

接客業務として、フリーで働く、バイトとして働くなどの働き方は自由です。審査では、働き方と収入の内容で聞かれる事になりますが、現在は風俗嬢だけでは審査落ちになることはないといえるでしょう。

OLとの違い

風俗嬢は、アルバイトとして働いている方が多いです。日当だったり、1時間○○円というキャバ嬢。ソープ嬢では、1人○○円の形で客から支払いを受けて、店に払います。それぞれの働き方と収入の方法が違うのですが、OLと違うのは、安定収入ではないけれど、収入額がとても大きいことです。

ソープ嬢などは1ヶ月100万円の方も少なくないでしょう。ただし、収入証明書がない、安定感がないことで言えば、低い信用になります。普通のアルバイト、パートの属性になりますので、審査次第ということと、特に個人信用情報機関の内容を審議されることになります。

個人信用情報機関では、クレジットカードの情報なども詳細に審査されることになります。日頃から収入が高いことで、お金の使い方などを確認されるのですが、個人信用情報機関で金融事故がない風俗嬢は普通の大手消費者金融カードローンの審査にも通ります。

アルバイトでも借りれる

その要因としては、大手消費者金融カードローンではアルバイト、パートにも年収3分の一の総量規制範囲内の借入ができます。勤続年数1年程度などの決まりはありますが、風俗嬢でも同じです。

ここで借りづらいと感じられるのは、1年以上の勤務している風俗嬢でなければ借りられないということでしょう。風俗嬢を何年か同じ店で働いていることが、大手消費者金融の審査通過になります。

収入証明書はないけれど

もし確定申告書があれば、何の問題もありません。風俗嬢で確定申告しているのであれば、総量規制範囲内のキャッシングも可能になるとの報告があります。風俗嬢だけど、納税しているなどの事実があれば、収入証明書がない風俗嬢より、安心ができるということです。

安定収入が審査で認められることで言えば、風俗嬢では収入証明書がない方は、確定申告をオススメします。そうではなくても借りれることが多いですが、その時には総量規制以下の限度額になってしまう。最後に風俗嬢の悲しい現実がありますが。

デリヘルのキャッシングは少しむずかしい?

風俗嬢の中でも融資が難しいのがデリヘル関係でしょう。これは、風俗嬢本人の問題ではなく、所属デリヘルの形態です。

デリヘルで働くということ

いくつか形があるのがデリヘルです。待機所で待っていて指名がでたら、送迎の車で指定場所まで行く。アリバイ会社があり、これは家族や友人対応のものです。そして、アパートなどを借り上げて住まいとして提供してくれる場合もあります。○日には家にいてというスケジュールがあったりという管理されているデリヘルでは、大手消費者金融カードローン審査などもスムーズです。

上記のアリバイ会社ですが、審査の時に勤務先と書くことも、この場合は有効です。大手消費者金融の審査では在籍確認がありますが、事前に在籍確認のことがわかれば、電話番号なども普通に書くことができます。担当者が対応して、〇〇さんがいると言えれば、審査OKです。デリヘルとして給料だけではなく、風俗嬢1人1人を大切にしているのなら、審査もスムーズです。

その上で申し込み

アリバイ会社を使わなくても、デリヘルとしての申し込みもできます。ここで必要なことは、毎月きちん収入があることと20歳以上で1年以上同じところで働いていることです。勤務先が一定であり、風俗業の項目がありますので、あとは在籍確認だけです。それができれば、借りれる場合があります。

電話番号が予約だけ

それでも事情を話すことでうまく行くことがありますが、携帯電話の番号しかない。デリヘルの体系がきちんとしていないとうまく行かないことがあります。

普通の予約としての電話をしなければならなければ、在籍確認はうまく行かないでしょう。デリヘルに対して在籍確認だから確認したいということが言えるのなら審査もうまくいくかどうか、です。

デリヘルでは、カードローン、キャッシングは禁止はないのですが、ここはうまく審査が進まないことがあります。デリヘル会社そのものも問題ですが、在籍確認がうまく行かない点だったり、収入証明書がない時には、自分で作らなくてはならないこともあります。

風俗嬢としてデリヘルの場合は、会社の体系と在籍確認が可能な電話番号が存在していること。などを確認してみて下さい。これが、キャバ嬢やソープ嬢であれば、店が対応の在籍確認もできますが。収入証明書に関しては手書きの収入で確定申告をすることが理想です。明細でもあれば良いのですが、この存在も審査を左右するものです。

デリヘルの風俗嬢でも借りれるとの口コミはありますので、1年以上勤務している方は、審査がうまくいくかを確認することが必要です。

風俗嬢は電話申し込みがオススメ

風俗嬢のキャッシングでは、インターネット申し込みではなく、電話申し込みが良いとの話しが多いです。キャッシング審査では、インターネット申込が多いのですが、電話でもOKです。そして、レディースローンを選択することが、担当者が必ず女性になります。

電話申し込みが良い理由

事情を聞かれることが多い風俗嬢の申し込み。インターネットでも問題はないのですが、注文がある時には、最初に話しができるので問題がありません。それが、在籍確認の電話だったり、その時に源氏名が良いとか。収入も具体的に日数があとから聞かれることがあります。それも事前に言うことができ、電話の申し込みだけで、あとはスムーズ審査が期待できます。

風俗嬢の中には、店ではなく事務所みたいなところでの在籍確認もできます、風俗店の経営している会社で○○観光株式会社となっている場合もあります。これは、普通にその会社名の明記でOKです。接待業として、風俗嬢であることも告げることないでしょう。

大手消費者金融カードローン、銀行カードローンでは50万円以下のキャッシングでは収入証明書も不要です。あとは個人信用情報機関の内容を確認するだけの審査であり、そのまま在籍確認がOKです。

ブラックリストではないことは、風俗嬢などの職業関係なく審査落ちです。反対に、風俗嬢であり、電話申し込みで事情を説明して、事務所に在籍確認をお願いと言えば、それはそれで早い時間の審査が済むことになります。

風俗嬢は別に関係ない

よるのお仕事としてアルバイトとして風俗嬢をしていたとしても、収入があることは審査でわかります。収入証明書があれば、明細でも良いので見せて下さいと言われることがあります。

大手消費者金融では少ないのですが、風俗嬢だからということはありません。キャッシングでは、金融事故がないのなら、一職業として認定されていることになります。風俗嬢も水商売も審査次第で普通に審査に通るので、あまり気にせず審査を受けて下さい。

一つだけどうしても腑に落ちないけれど

それが限度額です。風俗嬢の申し込みでは初回は低いです。これは、アルバイトの方は少ないこともあるのと同じです。それと長期間の勤続年数が保証されないことで言えば、どうしても少ない借入しかできないことになります。

人気風俗嬢であれば、1000万円以上の年収の方もいます。では、総量規制範囲内333万円の限度額がいきなり与えられるか?というと、そうではないようです。これが、OLなどでは限度額はこの範囲内です。安定収入の点では、この風俗嬢の扱いは多少雑になってしまうのは仕方のないことでしょう。

アリバイ会社で審査を受ける風俗嬢

風俗嬢は勤務先があります。それが、店であることが必要です。デリヘルでは、マンションの一室での事務所対応している場合があります。電話も携帯電話だけで、予約とホームページだけで経営している。闇営業に近いけれど、お金だけは支払いをしてくれる場合があります。

デリヘルでは毎日仕事がないにしてもそこそこ収入があります。そこで、OLは安定収入ですが、1ヶ月の収入ではデリヘルの方が多いことになります。収入は多いけれど、安定してないのがデリヘルということです。

不安な勤務先

そんな勤務先がイマイチ不安なデリヘルだったり、その他風俗嬢の場合は審査は通らないことがあります。風俗嬢としてはまとまった収入があり、勤務環境はそんなに悪くないのに、キャッシング審査は通らない。そんな場合もあります。

だめなんだなぁ、アリバイ会社

そこで、大手消費者金融カードローンの申し込みでは、アリバイ会社を使う方もいます。この時、その風俗店でアリバイ会社を対外的に作っている場合があります。親に対して、風俗店とは言えないのでというものです。

風俗店が用意するアリバイ会社は仮の姿ですが、ここでいうアリバイ会社とは、インターネット上の架空会社です。あなたが事務員であるように、OLであるように証言をするというアリバイ会社です。

過去にアリバイ会社を使った風俗嬢

大手消費者金融カードローンの審査に通らなかった。在籍確認もできないし、うまく話しができなかったので、友達に聞いたアリバイ会社を使って審査を受けました。アリバイ会社では会社名と電話番号の記入だけに気をつけるように言われました。昼間のアルバイトとして申し込みをしたところ、普通に借入ができました。

在籍確認はアリバイ会社が担当してくれたので何の問題なく、今もそのカードローンを使っています。風俗嬢で収入があるので、キャッシングにも問題ないと思っていますし、きちんと完済経験もしています。バレたとしたら、その会社辞めましたと言えば良いのだけであり、アリバイ会社の利用は良かったと思っています。

もしそれがバレたら

バレるとかばれないの問題ではなく、キャッシングの際に嘘の事情を書くことが違反です。その会社がアリバイ会社のものだとわかったら、大手消費者金融から訴えられたとしても文句が言えません。
ですので、アリバイ会社の利用は絶対にしないことです。虚偽申し込みでの契約は全て解約であり、違反であり、犯罪です。

風俗嬢専門キャッシングはヤミ金?

ある情報によると、キャッシングの中で夜職、風俗嬢限定の金融業者があるらしい。風俗レディースローン、風俗専門でのホームページではなく、電話番号や全国風俗街のビルの一角での直接審査が条件です。

風俗嬢専門だから安心

誰もがそう思うことでしょう。実際の審査内容を見てみましょう。消費者金融、カードローンと大きく違うのは審査がないことです。

肝心なのは、働く店の名前と今の給料です。お金に困っている、その理由をいうだけで在籍確認ではデリヘル、ソープ嬢では予約をいれて完了。キャバ嬢では○○ちゃん来ている?と客のふりして手慣れた感じです。ここまでの対応も素早く審査に通ります。上記だけが審査です。

また、違うところでは100以上の質問がある場合もありますが、とにかく個人信用情報機関内容は問わないことです。事情はわかったからと言われるのですが。

勤務先も住所もバレた上で

やっと金利の話しです。その前に、風俗嬢専門というのだから、限度額も弾みそうですが、たいてい数万円です。そして、金利は週に50%程度です。

えっ?という高い金利ですが、この手のキャッシングは全てヤミ金が行なっています。金利の話しを聞いて、借りませんでは通用しないことも。すなわちこの風俗嬢専門キャッシングの多くは、闇の組織が行う金融であり、全て違法業者です。

店の名前だけはシッカリと聞く。返済ができないと断ってしまうと、急にクビになってしまうことがあります。それは影からの嫌がらせであり、汚い方法で追い込まれます。

一度借りてしまった場合は、高い金利で返済ができないとわかると、ヤミ金組織の風俗店でタダ同然で働かされることもあります。キャバ嬢からデリヘル、ソープ嬢と全て周防風俗店勤務になります。逃げようにもバラすとか、訴えるという脅し付きです。

風俗嬢専門キャッシングなんて借りない

大手消費者金融も銀行カードローンも普通に申し込みができます。事情を話す上では1年以上の勤務している。毎月ほぼ安定した収入を得ているなどの条件が必要です。

要するに、風俗嬢も接客業務として認められていて、在籍確認ができるのなら、確定申告などをしているのなら、信用度はとても高いです。ですから、風俗嬢専門とか、特別なキャッシングなどに迷わないことです。まれに、風俗店での独自のキャッシングをしていることがありますが、内容は確認して下さい。

大手消費者金融では総量規制範囲内年収3分の一が限度額で、金利が20%です。カードローン審査では個人信用情報機関に金融事故がないことで、普通に審査を受けることができます。在籍確認も店にばれないように行なってくれます。不安なら、申し込みの時に電話で行うことで、質問してみてください。

審査次第では風俗嬢は普通のキャッシングが可能です。銀行カードローンだって借入ができますし、ブラックリストになったのなら中小消費者金融の審査も受けることができます。普通のOLと同じキャッシング業者を使うことが可能です。