確定申告のすすめ キャッシングのためだけではない

消費者金融や銀行カードローンの審査は、収入と勤務先、さらに過去の返済状況が大きなポイントになります。

仕事と言えば様々な種類がありますが、風俗はどうでしょう?
実際に風俗嬢でありながら、消費者金融も銀行カードローンも作れます。
特に銀行カードローンの場合、専業主婦もOKのカードであれば問題なく審査に通過することができます。

意外なようですが、銀行カードローンの専業主婦枠は収入は必要ないのです。
ですから、在籍確認等もなく、風俗嬢であることも告げる必要はありません。
ただし、限度額は小さいです。

消費者金融にしても、限度額を最小限度にすることで、審査は通りやすくなります。
ただし、在籍確認の必要性はありますから、ここをクリアすることができればです。

もし風俗嬢だとバレたとしても、少なくとも収入があることを証明することができると、審査は通るのです。中には風俗は最初からNGのところもありますから、このようなところは除外して考えてみてください。

大手消費者金融の中でも在籍確認が不要なところもありますが、その場合は身分証明書だけでの限度額の小さなキャッシングになります。一応風俗嬢でもOK、これが結論になります。

風俗嬢の中には、毎年確定申告をしている方もいます。
確定申告をする方は、個人事業主の分類になりますが、収入と必要経費を全て帳簿に付けて、毎年申告をしているのです。

こうすると年収がでてきて、税金も支払うことになる場合もありますが、風俗嬢でありながらきちんと行っている方がいます。こうした方のキャッシングに関しては、属性が個人事業主になり、収入証明書も提出できますので、風俗だからという憂いがなくなります。

ただ、現金で手渡される収入等の扱いはどうするの?きちんとした書類は?と気になるところですが、帳簿を付けた上で、支出のためのレシートなどが揃っていれば問題ないのです。

あまりに高額ではない限り、自分の収入証明書を毎年獲得することができます。
キャッシングのためではなく、一個人として税金も支払う個人事業主としての社会的地位を自分で確立することもできるということです。ただ詳しい点については、店側にも影響することがありますから、税理士などに相談をすると良いでしょう。

消費者金融の審査のためにこんなこともする?と思う方もいますが、これはキャッシングのためだけではなく、社会的地位のためです。大人として是非やっておくことが必要なことなのです。キャッシングができるというのは、そういう大人に対してだけの行為だからです。