風俗嬢だけど個人事業主としてもキャッシングできる

風俗嬢ですが、個人事業主としてキャッシングの申込をしている方もいます。
ソープ嬢が個人事業主?そうです。ありの話しです。
この方法で、大手消費者金融も銀行カードローンも借入ができます。

必要なことは確定申告

個人事業主とは確定申告をしている人と言っても過言ではないです。
確定申告は、個人で収入を得ている方が年収を出すために申告をするものです。
これがなければ税金も決まらないですし、絶対になくてはならないものです。

風俗嬢として働いている場合、職業を個人事業主としたい場合は、申告をしたら良いのです。
しっかりとして風俗店では、年末調整なども行っていて、社員として取り扱っている場合があります。その場合には、接客業としての申込がオススメです。

ただ、日払いでもらっていたり、年末調整的なことをしていない、Wワークの方は確定申告をオススメします。

必要なもの

風俗店からの明細があれば、そのすべてです。明細はない。
毎回現金でもらっている場合は、自分でメモ書きで良いので、毎回もらった金額を付けておいて、その合計が年収です。それで十分です。そこから必要経費などを抜いたり、そのまま年収として申告をしても良いです。

水商売では必要経費もきちんと申告ができますが、そうなると年収も下がります。
確定申告書で不備がなければ、キャッシング申込の際に年収になります。

属性は個人事業主であり、水商売ではないです。
確定申告書で、キャッシングができ、収入証明にもなります。
その時に、業種なども聞かれることになりますが、風俗店でも良いです。

個人事業主の場合は、在籍確認が自身の電話になります。
固定電話があれば良いのですが、最近は携帯電話でも相談に乗ってくれます。
その時に風俗嬢ですが、というのもOKです。
風俗嬢でも確定申告書があることで、かえって収入証明があり、信用が高いです。

確定申告をするメリットとデメリット

普段の生活でも個人事業主として名乗る事ができます。
収入証明もあり、各種クレジットカードの契約もできます。このメリットはとても大きいです。

収入によっては、税金が発生することになりますが、一社会人としては、風俗嬢だけどきちんと納税もしているということで言えば、信頼感は大きいです。Wワークだったり、所得税の支払いをしている場合は、いくらかかえってくることもあります。

また、既婚者の場合は、配偶者の収入なども鑑みて確認してみてください。
扶養範囲内の収入などで、考慮が必要なこともあります。