風俗嬢 キャッシング カードローン


風俗嬢の人は、お給料も良くてお金に困ることはないだろうと思っている人は多いかもしれませんが、お給料がいい分使い方も派手な人が多いものです。

そして、地方の風俗ではそんなにお給料がよくない場合もありますし、ホストなどに貢いでいるという人も少なくありません。つまり、キャッシングを考えている風俗嬢は少なくないということで、問題なく審査に通るのかということを考えてみました。

職業は何であろうともお金を借りるときに借入先を思いつくのは、銀行カードローンや大手消費者金融などのカードローン会社だと思います。結論からいいますと、キャバクラなどの水商売でも風俗嬢でも毎月の安定収入がある人であれば、一般の人と同じように申し込みすることが出来ます。信用情報などに問題が無ければカードローン審査にも問題なく審査通過することが出来るでしょう。

勤務先を記入する時はお店の名前ではなく、株式会社〇〇という風な名前があると思うのでそちらを書くようにしましょう。不安があるとすれば、在籍確認ではないでしょうか。在籍確認電話はサラリーマンでも嫌がる人は多いです。職場に金融会社からの電話かががってくると思うと落ち着かないものですし、上司や同僚に借金することがばれてしまうのではないかと心配になるからです。

ですが、担当者は個人名で友達を装ってかけてきてくれますし、クレジットカード会社から電話がかかってくるかもしれませんと、一言断っておくのもいい方法だと思います。金融業者に嘘の電話対応をしてくれるというアリバイ偽造会社を利用する人もいるようですが、犯罪の一つである詐称罪に問われる可能性もあるようなので、そのようなことをするのはやめて、正攻法でクリアしましょう。

風俗嬢の中には、体験入店などの日払いのバイト形式でいろんなお店で働いているという人もいると思います。そのような人は審査通過は難しいと思います。風俗の派遣会社に登録して色々なお店に行かれている人は、派遣会社を勤務先に書けば大丈夫です。

大抵の金融会社では50万円以上の借り入れ限度額の場合に、本人確認書類とともに収入証明書の提出が必要になると思います。風俗嬢やソープ、デリヘルなどは個人事業主となるので給与所得者のような源泉徴収票はなく、自分で確定申告をしなければいけません。なので、収入証明書は確定申告書の写しでいいと思います。

風俗嬢でも消費者金融やカードローン会社で融資を申し込みして、借り入れしている人はたくさんいらっしゃいます。風俗嬢という職業が気になるのであれば来店ではなく、ネット申し込みや自動契約機で申し込みすれば、問題はないのではないでしょうか。

風俗嬢 キャッシング 審査


風俗嬢やソープ嬢、デリヘル嬢など水商売に携わる人もキャッシング出来るのかと不安を持っている人がいらっしゃるようですが、れっきとした職業ですから当然借り入れ可能です。水商売をしている人の中には、収入が結構あっても出ていく方が多いという人もいます。いざというときに、お金が借りれるかどうかは大きな問題だと思います。

例えば、大手カードローン会社にはレディースローンを扱っている業者があります。アイフル公式HPを見ればわかりますが、女性オペレーターが電話に出てくれる女性専用フリーダイヤルがあります。他にもプロミスにもレディースローンがあるようです。レディースローン審査が特に甘いということではなく、カードローン担当者が女性で色々相談したり話しやすいのです。

また、派遣会社から風俗のお店に派遣されて働いている人もいると思いますが、消費者金融カードローンでは派遣会社で働いている人でも条件が合えば審査に通る可能性が高いです。心配する必要はありません。大手消費者金融の審査通過率は40%台半ばなので、半分以上の人は審査に通らないということではありますが、それは信用情報に問題があったり他社借り入れが多いということが原因の場合が多いです。

信用情報に自信がなかったり、金融事故を起こしてから一定期間経っていなくて、大手消費者金融では審査に通らないという人は、審査基準が甘い中小消費者金融会社に申し込んでみるといいでしょう。

例えば、愛媛のセントラルなどはブラックの人にも対応、スピード融資で全国対応もしている業者です。そのうえ、女性専用ローンで即日振込にも対応しているマイレディスという商品もあります。

過去の金融事故よりも、返済能力を重要視して融資OKとしてくれるのが中小消費者金融や街金です。もちろん、風俗嬢や水商売の人でも毎月安定した収入があると審査に通る可能性が高いと思われます。

気になるところは、在籍確認の電話かと思います。借金をするときにアリバイ会社を利用して在籍確認の電話対応をしてもらったり、嘘の所得証明書や給料明細書を作ってもらう人もいるようですが、それは法に触れることなので利用するのは危険ですので止めておきましょう。

在籍確認の電話は業者からは友達を装ってかけてくれますし、最初に頼んでおけば夜に電話をかけてくれると思います。そして、50万円以上の借入限度額の場合は所得証明書が必要ではありますが、それ以下の金額の借入であれば運転免許証などの本人確認書類のみでOKです。

また、お店では源氏名が基本なので、本名で在籍確認の電話がかかってきても誰かわからないということも考えられます。それに対応するには、カードローン申込みする際に源氏名と本名の両方で確認してほしいと伝えることで解決できると思います。このあたりは、色々不安ではあると思いますが、審査担当者に不安なことを伝えておくことで解決できるのではないでしょうか。

風俗嬢 キャッシング 消費者金融


一見、風俗嬢などの女性は給料も多くお金をたくさん持っていて、銀行系カードローンや消費者金融系でお金を借りる必要など無さそうに感じますが、実は金遣いが荒い人も多く、カード会社やキャッシングサービスの利用者も多いのです。

中には闇金に手を出してしまっている人もいるようですが、風俗嬢でも通常のカードローンサービスや金融業者などの金融機関で借入できますので、ヤミ金とは関わらないようにしましょう。

風俗嬢の中にも、過去に金融事故をおこして信用情報にブラック情報が記載されていて、大手カードローン会社では借金できないという人もいるのではないでしょうか。そういう人も借入できる可能性がある消費者金融としては、中小消費者金融や中堅消費者金融、街金とも呼ばれているような老舗消費者金融だと思います。

このような審査が甘い中小規模の金融機関は、過去の金融事故や他社借入の数よりも、今現在安定性のある収入があって借りたお金を返済していける能力があるかをポイントに審査通過の判断をします。風俗嬢であれば収入は多くて安定しているでしょうから、消費者金融側としては貸したい人になると思います。

必要書類としては、免許証や健康保険証などの本人確認書類と、50万円以上の借入限度額の場合は確定申告書などの収入証明書類が必要です。この辺はアコムなどの有名カードローンと同じ流れです。加えて、気になるのは在籍確認の電話連絡だと思います。業者からは個人名で掛かってくるので借金がばれる心配はないでしょう。

しかし、お店の中では源氏名で通っている場合が多いので、急に在籍確認の電話で本名で問い合わせがあっても誰かわからない場合もある事でしょう。そういう場合は、消費者金融の電話担当者に事情を話して、源氏名と本名の両方で在籍確認してもらうように最初にお願いしておくといいと思います。せっかく審査に通っても、在籍確認OKが出なくて審査落ちとなってはもったいないですから。

カードローン審査通過ポイントは、安定した収入があって返済能力があるかどうかだと思います。その点に関しては、風俗嬢やソープ嬢、デリヘル嬢の人達は返済能力は普通のOLさんよりあると思います。審査通過の可能性は十分にあるので、申込時に事情を話して在籍確認の件をしっかりお願いしておくとお金を借りることは難しくないと思います。

風俗嬢 キャッシング ローン


突然ですが、アリバイ偽装会社というのをご存知ですか?キャッシングの際に風俗嬢のような水商売の人は信用がされにくく、審査に通りにくいのでアリバイ偽装会社に依頼して、架空の会社に勤めているように職業も偽装して在籍確認の電話に出てもらったり、給与明細書や収入証明書を偽装してくれる会社のことをいいます。

アリバイ偽装会社は水商売の人が部屋を借りたり、無職の人がお金を借りるときにも利用されるそうです。勤務している風俗会社からお金を借りるときに、偽装会社を紹介されるパターンもあるようです。

風俗嬢などの夜の仕事をしている人は、お給料をもらってはいても個人事業主としての報酬を得ている場合が殆どです。お店から雇われているわけではないのです。ですから、自分で確定申告をして税金を払わなければいけませんし、社会保険には加入できないので自分で国民健康保険と国民年金に加入しなければいけません。そういった点でも、大手金融会社などでは個人事業主に対しては収入に安定性が無いということで審査が厳しいということは多少はあると思います。

しかしながら、20歳以上で安定した収入があって返済能力があると判断できれば、たとえアルバイトであったとしても、大手有名カードローン会社でも借入できるというのが、キャッシングの基礎知識です。個人信用情報にブラック情報が無く、他社借り入れも少なく、総量規制の範囲内で、毎月安定した収入があれば、プロミスなどの大手消費者金融でも借り入れできると思います。むしろ、専業主婦よりも借りやすいのではないでしょうか。

水商売をしている人は、貸金業者でお金を借りれないといったネガティブ情報を信じて、アリバイ偽装会社に依頼する必要はないと思います。アリバイ偽装を使って嘘の申告をしてしまうと、詐欺罪が成立してしまうかもしれません。そのような危ない橋を渡らなくても正攻法でお金を借りることが出来るので、正々堂々とお金を借りるようにしましょう。

在籍確認が心配なら、申し込みの時に担当者に事情を説明して源氏名と本名の両方で在籍確認をしてもらうようにお願い出来ると思います。収入証明書が必要な場合でも確定申告書があれば大丈夫です。お金が借りれないと思って、手っ取り早く闇金融などには絶対に借りないでくださいね。

風俗嬢 キャッシング 方法


風俗嬢などの水商売だと、キャッシングができないとか審査に通らないという噂があるようですが、毎月安定的に収入がある人の場合には、そのようなことはありません。

例えば、体験入店で日払いを転々とする働き方をしているケースでは審査に通らないと思いますが、一か所のお店で勤続して働いて収入が安定しているケースだと、大手の銀行系消費者金融の審査にも可決されると思います。

また、派遣会社から派遣先の風俗店に働きに来ている人もいるようです。そういった人は、派遣会社という勤務先があるので、日払いとは違い申し込みOKで条件が合えば審査に通ることが出来ます。

大手消費者金融などでは女性専用のレディースローンがあって、女性担当者が色々相談に乗ってくれるので、話しやすいのではないかと思います。特に、夜の仕事の場合は、在籍確認も必然的に夜でないとできないと思います。そういった場合も、大手であれば融通を利かせてくれるそうなので、女性の担当者のほうがなにかと話しやすいのではないでしょうか。

しかしながら、過去に金融事故を起こした経験があって、まだブラックリストに名前が挙がっている状態の人ではそのような訳にはいかないかもしれません。信用情報に傷がある場合や他社借り入れが多い場合は、審査が柔軟な中小消費者金融や街金であれば審査に通る可能性がありますが、大手消費者金融や銀行カードローンでは審査に通らないと思われます。

中小や街金でも審査は柔軟なので、風俗嬢や水商売の人でも審査に通る可能性はあると思います。愛媛のセントラルという街金にはレディースローンがありますが、中小ではあまり女性専用ローンを扱っている業者は無いでしょう。

しかし、融通は効く業者が多いので、在籍確認の電話を源氏名と本名の両方で確認してほしいとか、在籍確認は夜にしてほしいなどといった細かな要求に応えてくれる業者も中にはあるかもしれません。そして、それを探すのには少し大変かもしれませんね。

それでも、風俗嬢や水商売という理由だけで、お金を借りたくて申し込みしても審査落ちする、ということはありません。確かに、風俗嬢やデリヘル嬢などは個人事業主という立場なので審査の中で厳しい目で見られるということはあるかもしれません。それでも成人していて毎月安定した収入があれば、審査は通るはずです。

もし審査落ちしたのであれば、それは収入が安定していない、他社借り入れがあるなど何らかの理由があるのだと思います。職業に貴賤なしだと思います。