風俗嬢でも審査に通る方法

消費者金融では、最初から風俗はNGとされるところは多いです。
理由としては、不定期的な収入を挙げるからです。

審査で言う収入は、継続的な収入であることが目的ですが、風俗嬢をしている方の中にはすぐに辞めてしまったり、収入も不定期な場合が多いです。社員と言うかたちではない限り、水商売を含む風俗は、最初から審査に通らないことがあります。

ただ、風俗嬢を雇う会社に勤めている場合は別です。
風俗店を経営している◯◯株式会社の社員の場合は、審査が通ります。
風俗嬢だけではなく普通の店員として勤めていたり、コックだったり給仕などでは、飲食業としての職業になります。

そうした社員契約をしている風俗嬢、会社でそう決めている場合などでは、在籍確認もできれば審査は通る可能性があります。会社組織の風俗嬢の存在もあり、なんと社会保険、雇用保険までついているところもありますが、このような形であれば完全な正社員です。

風俗経営ではなく、飲食業と登録している場合もあります。こうした場合、モグリの経営ではなく、いろいろ会社の一部門として風俗店を経営していることもあります。

消費者金融としては会社名があり、社会保険証もありの風俗嬢、ただし風俗嬢とは言わず社員というのなら、拒否する理由はありません。後は、本人の個人信用情報機関の照会等の審査が通る可能性が大きいでしょう。

もちろん公的な収入証明書も発行されることになります。
しかし、風俗嬢でここまで社員扱いされるところはあまりないのが実情かもしれません。
金融機関としては、風俗と聞くだけで審査も通さないと言うのは、不規則な給与体系だからです。また、返済の心配もあります。

入るお金は大きいのにどうしてキャッシング?
それだけ支出も大きいとなると、返済ができる?と疑心暗鬼になります。

しかし、会社組織で社員扱いになると、それが風俗嬢であったとしても、消費者金融側としては確かめようがありません。記載された電話番号に在籍確認の連絡をして、この人は確かにいますということになれば、審査が通るのです。風俗嬢であったとしても、自分の雇用体系によっては、キャッシングは可能になるということです。

実際には、在籍確認と収入の安定が取れた場合、風俗嬢でも大手消費者金融のキャッシングカードを持っている方は多くいます。ごまかしではなく全ての書類が揃っていれば、消費者金融としてもNGとは言えないのです。