お金が必要なときの調達法


お金が必要になった場合、そのお金が少額な場合でしたら、友人知人に借りるのが一番手っ取り早いでしょう。そこで気になるのが少額というのがどのくらいの金額かということです。友人知人だったらいくらでも貸してくれるというわけではありません。お金がない友人に貸すのですから、あるとき払いの催促無しということはわかっているはずです。

それでも、ずっと返してもらえないというのも考えものですから、借りるほうとしてもマナーとしていついつまでに返済すると言うことを伝えるのと、借用書をきちんと作っておくのもマナーと言えるでしょう。ここは親しき仲にも礼儀がないといけない部分ですね。

そうした場合、いくらくらいでしたら、友人知人も出しやすい金額なのでしょうか。一般的にはすぐに出せる金額となると、それは1万円とされています。ですから、1万円がすぐにでも必要というときは友人知人を頼るのが一番いいでしょう。

また、1万円くらいでしたら、クレジットカードのキャッシングを利用したらいいのは間違いないでしょう。これだと、誰にも迷惑をかけずにお金を借りることができます。クレジットカードを持っていない人は珍しいでしょうから、1万円程度でしたら、友人から借りるかクレジットカードのキャッシングがもっとも手っ取り早いでしょう。人間関係のもつれが嫌だったら、クレジットカードのキャッシングが一番いいかもしれません。

さらに、たまに勘違いしている人がいるのですが、クレジットカードを利用したショッピングが翌月一括払いだと金利手数料が掛からないので、キャッシングも同じように翌月一括払いだと金利手数料が掛からないと思っている人もいるようですが、クレジットカードのキャッシングの場合は、キャッシングした翌日からしっかりと金利計算がされます。

ですから、締め日まではしっかりと金利計算された額を返済利息として、支払日に銀行口座から引き落とされるのです。1万円の金利手数料ですからそれほどの金額にはならないのですが、金利としてはかなり高い部類に入ります。そういった点も気をつける必要があるでしょう。

1万円ということでしたら、日払いのバイトなどで一晩でなんとかなるお金でもあります。昼間仕事しているのでしたら、土日に分けて仕事をするといった方法もあります。日払いが条件ですから、ガテン系のバイトになってしまうと思いますが、一晩あるいは土日の2日間でしたら、余裕で1万円以上の稼ぎになると思います。ガテン系や日雇いの求人情報誌などもあるのでそういった情報誌を利用するといいでしょう。

他には、自宅にある不要品を買取業者に買取りをしてもらう方法もあります。なんとかかき集めると1万円くらいの買取になるでしょう。コミックや書籍などはある程度お金になるので有利です。シリーズ物でしたら、全巻そろっていればそれだけで、数千円くらいにはなるでしょう。もっとも手放していいものであればいいのですが、買取りしてもらった後に後悔するようでしたら止めたほうがいいです。

少額でしたら、友人知人を頼る、クレジットカードのキャッシングを利用する、さらには不要品を買取ってもらうといったことができるのですが、必要なお金がもっと高額になってしまうとどうでしょうか。5万円あるいは10万円となると、友人知人に頼るのは無理でしょう。身内に頼ると言う方法がありますが、それももう少し最後の手段にとっておきたいでしょう。

夜は土日に働くのもかなり日にちがかかってしまいますし、体調管理も大変です。クレジットカードのキャッシングという手もあるのですが、翌月一括というのは難しく、クレジットカードのキャッシングは思いの外金利が高いので、高額のキャッシングはしないほうがいいでしょう。買取にしてもそこまで高額になると、家庭にある必要なものまで買取に出さなくてはいけなくなるので、現実的ではありません。

そうなると考えるのは、銀行や消費者金融会社でお金を借りるということです。特に銀行カードローンでしたら、金利が低く返済利息も少なくて済むので、まとまったお金が必要なときは是非とも利用したい金融商品と言えます。もっとも、銀行カードローンの審査基準は高く誰でも気軽に借りることができないのがネックと言えるでしょう。

実際に銀行カードローンを借りるには、ある程度の属性の高さが必要です。属性というのは借りやすさや返済能力を表わす一つの指標です。属性を決める項目はさまざまなものがあって、その中でも雇用形態が大きなウエイトを占めているのです。雇用形態というと正規雇用と非正規雇用があるのですが、そうなると正規雇用の人のほうが属性が、非正規雇用の人よりも高いのは容易にわかると思います。

また、非正規雇用でもさまざまな職種があります。派遣社員や契約社員でしたら、多少属性は高くなるかもしれませんが、パートアルバイトと契約社員は一括りにされる場合もありますし、いずれにしても、非正規雇用の人は銀行カードローンの審査に通るのは一苦労となるのは間違いありません。それは、風俗で働いている人でも同様なのです。

風俗嬢となるとどういった雇用形態になるのでしょうか。基本的に風俗嬢というのは個人事業主になります。キャバ嬢などは時給で働いているからアルバイトでは?と思う人もいるかもしれませんが、厳密にはキャバ嬢は労働者ではなく、お店と業務委託契約を結んでいる個人事業主なのです。

時給いくらといいながら、指名や同伴などキャバ嬢はいくらでも上限無しで稼ぐことも努力次第で可能です。会社の残業とはまた違うということになるのです。

風俗嬢でも借りれる?


風俗嬢は、風俗店に雇われているわけではありません。ですから、非正規雇用あるいは正規雇用という雇用契約をお店と結んでいるわけではないのです。なので、時給でもありません。

よくキャバクラでしたら時給いくらという形で給料が支払われるのですが、それはわかりやすく言っているだけで、正しくは報酬ということになるのです。ですから、キャバ嬢であっても時給ではなく個人事業主ということになります。

もちろん、個人事業主でも銀行や消費者金融会社のカードローンに申し込んでもいいのですが、個人事業主の場合は過去3年間の収入証明書の提示など、さまざまな手続きが必要になってくるのです。それよりも手っ取り早いのが、お店を経営している会社が風俗嬢のアリバイ偽造会社となって、あたかも風俗嬢が一般的にその会社で働いている様に見せるのです。

電話での在籍確認なども行われるので、そういったときにこういったアリバイ偽造会社は大きな効力を発揮してくれることは間違いありません。もっとも、収入証明書などは自分で用意しなくてはいけないのですが、それでも、きちんと会社勤めをしているということになると、昨年度の収入証明だけでいいことになるのです。

アリバイ偽造会社でもさまざまで、電話での在籍確認だけとれたら良いという所と、あたかも何年も働いたように見せかけてくれるところもあります。いずれにしても、限りなく詐欺罪に近いグレーゾーンということになるので、大きなリスクも抱えているということになります。

一般的に風俗嬢というのは収入が多くなるでしょう。しかし、稼いでいる期間が短いので昨年度の収入がゼロという人も中にはいるかもしれません。そういった場合は、直近の3ヵ月間の給料明細の提出を求められる場合があります。そういったときもアリバイ偽造会社は大きく貢献してくれるのです。

しかしながら、風俗嬢の場合は多くのお金を借りることはできないでしょう。昔でしたら、お店からお金を借りてそのお金を返済できるまでは、お店を辞めることができないといった一種の囲い込みがありました。現在は全くゼロというわけではなく、仕事を借金の完済までやりとげる自信があれば、お店からお金を借りたほうが手っ取り早く返せる場合があります。

消費者金融会社で借りる


風俗嬢がお金を借りる場合は、消費者金融会社で借りるのが一般的でしょう。消費者金融会社のカードローンは銀行カードローンと比べてもキャッシング審査が緩くなっているので、風俗嬢でも十分に借りることができるでしょう。

勤務先への在籍確認に不安を感じる人がいると思いますが、お店を経営している親会社がアリバイ偽造会社となってくれるので心配はいりません。申込者の職業もサービス業ということでそれほど深く追求されることはないでしょう。詳しく聞かれた場合は、飲食業あるいは接客業で問題ありません。在籍確認電話も、勤めているかどうかを文字通り確認することが目的ですから、所在がわかれば本人が電話口に出る必要はありません。

いずれにしても、消費者金融業者の電話確認はそれほど厳しいというわけではないので、本人確認で何か問題が起きる可能性はゼロに近いと考えていいでしょう。消費者金融会社の窓口の担当者もわかっているのかもしれませんが、アリバイ偽造会社自体が問題になることもありません。

風俗嬢でも借りることができる


基本的に収入のある人は、消費者金融会社で問題なくお金を借りることができます。もっとも審査の過程において、申込者が希望する金額の借入はできないこともあります。例えば、100万円の融資を規模しても属性の関係によって、50万円までの借り入れしかできなかったという例はよくあるのです。

また、風俗嬢が他の消費者金融会社から借り入れをしている場合でしたら、総量規制に引っかかる場合があります。年収の3分の1間でしか借りることができません。もっとも昨年度の収入が風俗嬢ですから、500万円程度あるようでしたら。150万円以上はトータルで借りることができます。

しかし、きちんと確定申告をしていることが条件となるので、それが無い場合は直近の収入証明書などで計算してもらうしかありません。そうなると実際の収入よりも少ない額で計算されることになります。

風俗嬢がお金に困るケース


風俗嬢は基本的に給料は日払いです。日に3万円とか4万円以上もらうこともあるでしょう。そういった風俗嬢がお金を借りなくてはいけない状況となると、数十万円あるいは数百万円単位のお金になることが多いです。

そういった場合は、消費者金融会社などからお金を借りることを考えるよりもお店に相談したほうがいいことになります。返済するまでお店を辞められないなどの制限がありますが、それでも、消費者金融会社などから借りるよりも返済は楽でしょう。

結果的に返済しなくてはいけないお金ですから、どこで返すかだけの違いです。そうなれば今勤めているところでしっかりと働いて、借金を返すのが一番の近道ということになるのです。