風俗嬢がキャッシングをする時

キャッシングをする時に、収入だけではなく勤務先を問われます。
この時に風俗である場合、審査は通るのでしょうか?

各消費者金融では、対象条件において、風俗お断りのところは結構あります。
この場合の職業は風俗の申告でのキャッシングは難しいでしょう。
しかし、その記述がないところでは、風俗であったとしても

  • 店での在籍確認が取れる
  • 定期的に出勤している
  • 安定した収入が見込める
  • のなら、審査対象になります。
    要は在籍確認が取れること、確実に収入を得ていることが証明されることが審査条件です。

    ちなみに大手消費者金融でも風俗NGの記載がないところは多いです。
    ただし、「本名で在籍確認ができる」、これが最低条件になります。

    事情があって風俗になっている方の場合、本名も適当に告げたり住所も定まっていない方もいます。そうした場合の審査は対象にならないとされています。

    同じキャッシングでも、銀行カードローンは審査に通りません。風俗というだけで審査落ちになります。大手消費者金融でのキャッシングも可能ということですから、もし風俗でも一応申込をしてみると良いかもしれません。

    ここまでの風俗勤めは、風俗嬢を指します。
    社員ではないのですが、ほぼ毎日出勤、定期的な出勤をしている方が対象です。
    月に数回の風俗嬢は対象にならないとされていますが、中には在籍確認のときに毎日来ているようにごまかして審査が通る方もいます。

    たいていの方が思うことですが、風俗嬢は月に数回の出勤だとしても、それなりの収入を得ることができます。人気のある風俗嬢の場合は、毎日出勤すると高給取りと言っても良いかもしれません。ですから、月に数回の出勤だとしてもキャッシングの返済に支障がない限り、一応は審査にとおりますし在籍確認の際の言葉を信じるしかないでしょう。

    尚、大手消費者金融の場合、50万円以上の借入のときには収入証明書が必要になります。
    これが問題ですが、風俗嬢の中にも、確定申告を怠らない方もいます。その方の場合、確定申告により収入証明ができますから、多額のキャッシングも可能になります。

    ビジネスとして誇りを持って風俗嬢をしている方もいますので、そうした方のキャッシング事情は何も問題がないと考えられます。

    風俗嬢だけではなく、水商売全般、ホステス業の方は大体同じような条件になっていますので、風俗NG以外のところに申込をしてみると良いかもしれません。