誰でもお金を借りれるわけではない。風俗嬢の場合はどうなの?


まず、お金を借りるということを考えます。誰でもお金を借りることができると考えている人もいるかもしれません。実際にお金が必要にならないと、お金を借りるというのはどういうことなのか実感がわかないという人も少なくないでしょう。

時に、個人的な関係で、友人や知人にお金の貸し借りをすることがあります。中には、友人知人と言えどもお金の貸し借りはしないという人もいることでしょう。それでも頼まれれば嫌とはなかなか言えません。気軽にお金を貸すことができるかどうかは金額にもよるでしょう。

昼の昼食代くらいでしたら、貸すよりもたまにはおごってあげて恩を売っておくのもいいかもしれません。お金を貸すということは返してもらうということです。ですから、貸す相手が信用できるということが第一条件ということになります。

友人知人でしたら問題はないのでしょうが、ちょっとしたまとまったお金となると、少しは心配になるかもしれません。実際にお金がらみで友人を失くすということはよくあることです。

親しき仲にも礼儀ありで、ちょっとした少額の貸し借りでしたらいいのでしょうけど、数万円といったまとまったお金になると、銀行や消費者金融会社などから借りたほうがいいということになります。もっとも、借りるということで銀行や消費者金融会社の名前を出しましたが、クレジットカードのキャッシング機能を利用するのが一番お手軽でしょう。

クレジットカードのキャッシング機能の盲点

ここで気をつけたいのが、クレジットカードのキャッシング機能です。キャッシングですから利息を支払わなければいけません。そこで、多くの人が陥るのが一回払いなら金利手数料が掛からないのでは?ということです。クレジットカードを利用してショッピングをして翌月払いにした場合に、金利手数料が掛からないのでキャッシングも同じように掛からないのでは?と思ってしまうのです。

しかし、キャッシングの場合はショッピングと違って、翌月一括払いでもしっかりと金利手数料が掛かるのです。キャッシングだから仕方がないとあきらめるのもいいのですが、クレジットカードのキャッシングの金利は結構高いので、数万円あるいは数十万円借りた場合は注意が必要です。その点、消費者金融会社のカードローンの場合は、30日以内に返済するのであれば金利手数料が掛からないというサービスがたくさんあります。

1ヵ月の金利手数料はわずかだから、あまり気にしないという人もいるかもしれませんが、こういうところから金銭感覚というものを磨いていかないと、借金癖のある人はいつのまにか大きく損をしているということになるのです。ちょっとしたことに気を遣いながらお金を借りることで、無駄な出費を抑えることができるので、こういった小技は是非ともマスターしておきたいものです。

もっとも、短期間の場合、金利手数料を支払いたくないという事であれば、クレジットカードのキャッシングを利用しないというのは基本と考えてもいいでしょう。クレジットカードのキャッシングですが、たいてい15%~18%です。これは銀行系のクレジットカードも同様です。大手消費者金融会社のカードローン並の金利と考えていいでしょう。高いと見るか低いと見るかは人によって違うでしょう。

クレジットカードのキャッシングはカードローンと違って、審査もなくすぐに現金を手にすることができます。コンビニがあれば、深夜でも対応してくれるところがあるので便利です。もっともクレジットカードと作る際に審査があることを忘れてはいけません。

お金を借りることができる人はどんな人?

クレジットカードの説明になってしまいましたが、当然ですが、お金を借りる人はお金を必要としている人です。だからといって、誰にでもお金を貸してくれるわけではありません。個人間の貸し借りを説明しましたが、信用がおける人に貸すというのが前提なのです。

それは、一般の人が銀行や消費者金融会社にお金を借りるのも同様です。信用がおけるかどうかを判断するために、カードローンなどの申し込みがあると銀行などの金融機関、消費者金融会社などの貸金業者などは審査を開始するのです。

これはその人が信用できる人なのか、お金を貸してもきちんと返済してくれるのかを調査するわけですね。継続した安定収入があり、他社からの借入れがないなどであれば誰でもお金を借りることは容易です。継続した安定収入の定義は簡単です。毎月決まった額の収入があるかどうかということです。そして、これからも収入があるかどうかがポイントとなるのです。

風俗嬢は安定収入なのかを考えてみましょう。安定収入でしょうか。高収入のような気がしますが、歩合給というか働いてこその高収入ですから、働かなければ無収入です。当たり前のことを言っているのですが、会社員となると固定給です。ある程度働かなくでも収入を得ることができます。

休んでも有給もあります。しかし、風俗嬢にはありません。働いてこその収入ですから、このあたりはアルバイトと似ていると考えていいでしょう。そうなると、高収入ではあっても安定した収入とは言えなくなるのです。

それでは風俗嬢はお金を借りることはできないの?ということになるのですが、そうではありません。学生でも主婦でもフリーターでもお金を借りることができる時代です。風俗嬢だから、お金を借りることができないという世の中ではないのです。

お金を借りるにはどこがいいの?


お金を借りるとなると銀行がすぐに出てくるのですが、風俗嬢がお金を借りるとなると銀行はしんどいかもしれません。銀行とのつきあいが長くあって給料などの振り込みがある、他社からの借入れがないなどが条件となる場合が多いからです。というよりも、多重債務ではないことや安定した収入があることが条件となるのは間違いありません。

中には、銀行でも専業主婦がお金を借りた例があるという声もあります。パート主婦がお金を借りることができないことがあるのに、収入が全くない専業主婦がお金を借りることができるのはどういったことでしょうか。それも銀行カードローンが利用できるというのですから、それも気になるところです。

実体は世帯収入です。専業主婦ということで、配偶者がいることが容易に想像できます。配偶者がいなければ専業で主婦もできないわけですから。そういうことで配偶者の安定した収入によってカードローンの融資を受けることができるのです。

よくある在籍確認はどうするの?という素朴な疑問が出るのですが、その場合も配偶者の職場に在籍確認の電話が入ることになります。余談になりましたが、本題に戻して風俗嬢はどうでしょうか。おそらく銀行では、よほど過去に大きな取引履歴がないとカードローンの審査には通らないでしょう。

歩合制であり給料も日払いとなるなど、風俗店で働く女性が高収入なのは周知の事実なのですが、それが安定収入とはいえないところが問題というわけですね。体調不良などで働かない日が続くとその期間は無職になるのですから、銀行などはその点を重視することになるのです。

消費者金融会社では借りることができる?

結論から先に言うと、消費者金融会社であれば風俗嬢でもお金を借りることはできるでしょう。消費者金融会社にも幅があります。大手消費者金融会社から小規模な消費者金融会社で、俗に街金を言われるところまでまちまちです。中小の消費者金融会社や街金などではお金は借りやすくなるでしょう。それでも金利が高くなるというデメリットもあります。

そして、風俗嬢という商売を隠してお金を借りたいという人も多いでしょう。キャッシングローンなどのフリーローンであれば、借りやすくなるかもしれませんが、職業欄などは必須で記入しなくてはいけません。さきほども専業主婦の説明で、在籍確認で勤務先などに話が入ると説明しましたが、風俗嬢の場合はそれも問題になるでしょう。多くの金融業者は間違いなく在籍確認をします。

信用度をはかるための措置なのですが、そこで虚偽があれば審査は打ち切りとなるのは当然です。キャッシング審査はある程度厳しく行われ、最終的な判断は金融業者が下すことになります。このことから審査の内容は大手も街金もそれほど変わることはありません。

審査はまんべんなく緻密に行われるのですが、その審査結果を見て融資をするかどうかの判断はそれぞれの金融業者が決定するのです。その判断に甘さや厳しさがあるということですね。以上のことから、風俗嬢でも借りることができるというのを口コミ情報などでキャッチして、金融業者を選定するのがいいでしょう。

風俗嬢がお金を借りるってどういうこと?


一般的に風俗嬢はお金持ちというイメージがあります。高収入ですから当然誰もがそう思うことでしょう。月に100万円以上稼いでいるのではと邪推してしまいがちです。

しかし、すべての風俗嬢がそうだとは言えないようです。月に100万円以上の収入のある風俗嬢は限られていますし、やはりそれなりに努力をする人たちです。それでも数十万円の収入はあるでしょう。しかし、それ以上に浪費癖がついてしまうといくら高収入でもお金が足りなくなってしまうのです。

また、お金がないから風俗嬢に転身したという女性も少なくありません。中には多重債務で借金まみれになってしまって、にっちもさっちもいかなくなって風俗店で働くようになったという人も少なくないのです。

お店からお金を借りるという手は?

これは昔はよく聞く話でした。しかし、昔からお金を借りたはいいのですが、そのまま逃げてしまう女性も少なくなかったのです。信用問題もありますし、現在はお店が貸し出しをするということはそれほど多くはないようです。昔以上に現在の女性は信用がおけないということなのかもしれません。

もっとも、そればかりではなく、お金が欲しい女性はがんばってすぐに高収入になるのですから、お金の心配がなくなるということが大きいようです。

本当にお金を必要としている風俗嬢は多い

多くの風俗嬢は高収入で目的をもってお金を貯めていることでしょう。しかし、全ての風俗嬢がそうではないのです。中には生活の足しにしている女性もいるでしょう。借金の返済に追われている女性も少なくないと思います。借金の返済に追われているという人は、反対にさらに借金をしなくてはいけない状況になっているかもしれないのです。

風俗嬢はお金が借りにくい?

多くの風俗嬢が体験談として、お金をこうやって借りたというのをブログで書いています。中には、金融会社の偏見もあったという書き込みも少なくないのです。

それは風俗の仕事に対しての偏見です。安定した収入とは言えない点もあるでしょう。しかし、融資を受けることができない最大の理由は、風俗店勤務ということです。日払いですから、収入証明書がないことも痛い点でしょう。

実際にお金を借りると考えたら、個人事業主として確定申告をして、所得証明書を発行して提出する必要があります。このあたりは知識が必要になるのですが、お店からの給料は税金が天引きされていないことが多いです。いずれにしても、風俗嬢は確定申告をして税金を納めなくてはいけません。そういった意味では、収入証明書の提出を言われてもそれほど困らないかもしれません。

もっとも、確定申告をしていることが前提になります。実は確定申告をしていない風俗嬢が多いのも問題となっているのです。なので、金融会社が収入証明書の提出を求めるのも理にかなっていると言えなくもありません。

風俗嬢の多くは、というかほとんどになるようですが、雇用契約という形態ではありません。ですから、給与明細も無い場合が多いということです。したがって、社会保険ではなく国保に国民年金です。失業保険もありません。さらに所得税も引かれていませんから、高収入ではあるけれど、出て行くものも多いということですね。

だからこそ、風俗嬢でも確定申告が必要で、個人事業主としてきっちり確定申告をしなくてはいけないのです。確定申告をすることで、税金を納め所得を証明することができるのです。これがあると、大手消費者金融会社のカードローンの審査も通るかもしれません。

風俗嬢が審査に通るのは難しい?


多くの風俗嬢が、口コミなどでキャッシング体験談の書き込みをしています。たいていの人は消費者金融会社でカードローンの申し込みをして審査に通っているということです。

中には、審査に通らなくて闇金からお金を借りて返済してという猛者もいます。闇金は金利も高くすぐに貸してくれるので、背に腹は代えれなかったというケースが多く、確かにきちんと返済さえすれば何もないということですが、やはり闇金で借りることはやめたほうがいいでしょう。

キャッシング業者にもいろいろあるのは先述しています。できれば、消費者金融会社の中でも大手消費者金融会社のカードローンを利用したいところです。中には女性専用のレディースローンを用意している消費者金融会社もあります。

通常のカードローンと何が違うのかということになるのですが、金利が若干安い、少額融資に対応しているなどの特典があるようです。在籍確認電話が悩ましいところですが、風俗店の多くはそんな悩みに対応してくれています。

俗にアリバイ偽造会社というのですが、在籍確認の電話にもきちんと対応してくれるところが多いですから、事前に確認するといいでしょう。カードローン審査はどこもきっちりと行います。

審査に厳しいかどうかというのは、結局は融資をするかどうかの判断ということになり、これが消費者金融会社によってマチマチだということです。もちろん消費者金融会社の担当者の一存で決まるわけではありません。

電話確認が取れることが最低条件となっていることが多いので、借金の申し込みをするというのをお店に言うのも、気が引けるという女性も多いかもしれません。しかし、お金を借りるのが前提ですから、そのあたりは気をしっかりと持って望みたいところです。

風俗店によっては借金の相談に乗ってくれるところもあります。中には借金の肩代わりをしてくれるところもあるかもしれません。そこは自分の判断なのですが、風俗店に借金の返済をして窮屈な思いをするのか、消費者金融会社にコツコツ返済していくのかの違いです。どちらが自分にとっていいのかもきちんと判断したいところですね。

結局のところ風俗嬢は審査に通る?

大手消費者金融会社のカードローン審査にパスしたいのであれば、収入証明書の提出は必須と考えたほうがいいです。

風俗嬢の場合はここがネックとなる場合が多いので、難しければ風俗店からの借入れができるようでしたらそちらのほうがいいかもしれません。あるいは、しっかりと確定申告をして収入証明書を発行してカードローンに申し込むといいでしょう。

デメリットとしては、確定申告の時期が決まっていることです。タイミングによっては、かなり待たなければいけないのがネックとなりそうです。対応業者によっては借入れの申し込みをしても、収入証明書は不用というところあります。それは、中小消費者金融会社や街金になるでしょうし、金利も高くなることが多いので注意が必要です。

カードローン会社も、申込者には安定収入のある仕事に就いていることを求めています。それは融資がしやすいというだけで、全ての人がそれに該当するわけではなことも承知しています。ですから、風俗嬢だからといってあきらめる必要はないのです。

できれば金利の低いところから借りたい


金利が低いということになれば、大手カードローン会社がいいでしょう。1%の違いはそれほど大きくないと思うでしょう。

しかし、クレジットカードのポイントでも1ポイントでも欲しさに買い物をしたり、ポイント2倍デーなどを利用しているのではないでしょうか。そのようなクレジットカードの買い物ポイントとカードローンの金利の1%、かなりの違いがあります。ですから、たとえ1%でも低い金利のカードローンを選びたいということになるのです。

審査に通りやすいかどうかは、キャッシング口コミ体験談等を参考にしたらいいでしょう。また、他社借入件数が多い場合はおまとめローンなどを活用したらいいと思います。

職業に関係なくお金を借りたいのでしたら、中小消費者金融会社や街金のほうがいかもしれません。銀行系カードローンが一番いいのですが、借入れは難しいでしょう。給料明細書がきっちりもらえるような風俗店ですぐに所得証明書が取れること、他社借入件数が少ないことなども条件になるとしたら、このあたりは最低でもクリアしないと銀行系カードローンの利用は難しいのです。

キャッシング申込者に多重債務者が多いというわけではありませんが、風俗嬢で新たに借入れの申し込みをするということは、風俗嬢の高収入でも支払いに窮していると思われるので、それが逆に審査を厳しくさせているのかもしれません。

基本として考えたいこと

大変ですが、確定申告をすることです。日払いにしているのでしたら、その日払い金を加算していくようにしましょう。いずれにしても、税金を支払わなくてはいけませんし、何もしなくても追徴がきます。そのためにも確定申告をしておく必要がありますし、なによりもお金を借りるときに所得証明が必要で、それを発行するには確定申告をしておくのが最低条件となるのです。

カードローン審査通過も至難となるかもしれませんが、中堅消費者金融会社では通過する可能性が高いです。風俗嬢でもソープランドに勤めているというと、それだけで高収入というイメージになりますが、実際には出て行くお金も多いのでそれほど生活が楽というわけではないのかもしれません。

基本として考えたいことは、借金の支払いがきつくても滞納しないことです。借金の返済のために借金をするのは御法度という声もあるのですが、信用情報を大切にしたいのであれば、その方法も悪くはありません。多重債務者であればまず一つの債務を終わらせることです。そういった地道な努力で返済を一つ一つなくしていくことが大切ということですね。