風俗嬢でも申込ができる

大手消費者金融、銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠も風俗嬢で収入があれば、審査通過ができます。風俗嬢では、カードローンが持てないと不安な声もありますが、そんなことはありません。

カードローン会社の対応

例えば、◯店で風俗嬢として勤務していたとします。
◯店では、風俗嬢に対して給与明細を出しているのなら、それが証拠になります。
もし、給与明細がないとしても、風俗嬢の種類によっては、平均的な年収がわかります。
その数字から年収を出し、限度額が低いですが審査が受けられます。

審査では、◯店に金融業者の担当者が直接電話をして、申込者が働いていることを確認します。
それがわかると、申込者が収入証明書がないとしても働いていることがわかり、審査に通ります。もちろん信用情報で問題がない場合ですが。こうして無事に風俗嬢だとしてもカードローンも持つことができますし、キャッシングもOKです。

銀行カードローンでも審査に通り、在籍確認もあります。
風俗嬢だからとカードローンもできないし、キャッシングも無理なことはありません。
OLやアルバイトと同様に普通に申込をしてみてください。

初めてのキャッシングでも大丈夫?

風俗嬢であることはキャッシングでは関係ありません。
20歳以上で収入があることが審査では大切な要件です。25歳で風俗嬢として1年以上勤務していれば、審査通過ができます。

初めてでも大丈夫ですが、クレジットカードの利用が1度でもあると尚良いでしょう。
これは、クレジットヒストリーがあり、クレジット経験があった上でキャッシングをする方が信用情報は信用されやすいとされています。

携帯電話の分割払いでも、遅滞なく返済をしていれば問題はありません。

風俗嬢と言えば

ソープ嬢、キャバ嬢などですが、デリヘル嬢の場合は在籍確認がどうなるかが問題でしょう。
自分の携帯電話に仕事が入る形では、事務所みたいなところがありません。

客のように電話して良いか、デリヘルとして働いていることの証明ができるかを確認してください。事務所で待つタイプのデリヘルであれば、事務所に電話をしてもらいましょう。

◯さんはいますか?だけでも良いですが、受け付けで不審がられるようであれば、在籍確認であることを話しておくとスムーズです。複雑な風俗嬢の場合は、インターネット申し込みではなく、電話で申し込みをすると良いでしょう。

レディースローンなどでは、事情を話しやすいですし、在籍確認についての相談もできます。
事前にカスタマーセンターでデリヘル嬢の申し込みで確認をすることも可能です。

風俗嬢だからと借りられない、申し込みができないことはありません。
すべて大手消費者金融、銀行カードローンでの申込の要領です。
安心して申込をしてみてください。

風俗嬢の審査で在籍確認で困っている方へ

風俗嬢でのカードローンやキャッシング申込で戸惑ってしまうのが在籍確認です。
SMBCモビットでは、在籍確認がない大手消費者金融のカードローンです。
しかし、在籍確認がないのは社会保険証のある方であり、風俗嬢の在籍確認は存在しています。

風俗嬢は在籍確認しづらいという口コミ

審査で信用情報でも問題がない場合、在籍確認での最終審査が待っています。
OLなら会社に金融業者担当者が電話をして◯◯さんはいますか?と聞くだけです。
そこにいれば、電話が変われば在籍確認だと言われます。居ない場合、勤務先の電話口で「今はここに居ない」という表現だけでOKです。

在籍確認は勤めていることが分かれば良いからです。
その後、在籍確認はしないでしょう。では、風俗嬢でとどうなのでしょう?
同じく店に電話をします。そこで、◯◯さんはいますか?と同じ質問です。◯◯さんって誰?源氏名しか知らない店のスタッフがそう言った途端、在籍確認が複雑になります。

源氏名では在籍確認ができる?

大手消費者金融でも対応していますが、一応確認が必要です。本名での在籍確認しかしていない場合は、電話に出る店の人に私は◯◯と伝えておかなければならないでしょう。

しかし、忙しい時間帯などで、うまく伝わらなければ、在籍確認が失敗します。ですから、源氏名でできるのであれば、事前にそれを金融業者の担当者に伝えることが必要です。

源氏名での在籍確認ができることもありますので、遠慮せずに伝えておきましょう。
ベストなのは、本名での在籍確認ですが、風俗嬢だとわかると金融業者でも源氏名在籍確認に対応してくれる場合があります。

確認がどちらができるか?

風俗嬢の多くは、スタッフに本名を伝えていない場合があります。
金融業者での源氏名での在籍確認ができないと、それで困ってしまうことも起きます。
その時には、店側に事情を説明して、在籍確認がきますから、本名での確認がきたら、きちんと対応をお願いしておく、これが良いかもしれません。

店も夕方の開店前でスタッフだけが来店している時でも在籍確認は可能です。
金融業者としては、その店で働いていることが分かればOKなのです。在籍確認では、本名と源氏名で難しいとされるだけで、解決してしまえばなんて言うことはありません。

私用電話が禁止の風俗店も少ないですが、スタッフに在籍確認といえるのが一番楽でしょう。
本名も伝えることができるのなら何よりです。

金融業者では会社名は言わない

消費者金融であること、銀行カードローンであることは在籍確認では伝えないです。
ですから、クレジットカードの在籍確認だと店に伝えることは可能です。

キャッシングは禁止だけど、クレジットカードのショッピングのための申込だと言えば、在籍確認もスムーズかもしれません。試しに行ってみると、クレジットカードの在籍確認なら良いとの判断もあります。在籍確認の成功は店側の都合によります。

申込後の確認電話って大丈夫なの?

風俗嬢での銀行カードローンや大手消費者金融カードローンの申し込みで躓いてしまう場合が多いのは、確認電話が来た時です。確認電話って必ず来るものではないのですが。

WEB完結ではないの?

カードローンの申し込みでは、最近はWEB完結のものがほとんどです。
申し込みもインターネットで、審査結果がきて借りれる。

単純にはそうですが、インターネット申し込みの項目で金融業者が「?」な点があれば、記載している電話番号に電話がかかってきます。風俗嬢ではその確率が高いと言われています。

もちろん他の職業でも同様ですので、風俗嬢だけが特別ではありません。
WEB完結では、確認電話があるとはない情報ですが、まれに電話がかかってくるらしいです。

・何を聞かれるのかしら?

風俗嬢の場合は、出勤状況です。
風俗嬢とは、どの分野ですか?週に何日出勤をしていますか?などです。
勤続年数は入力していますが、風俗嬢で月金で出勤している方は少ないでしょう。
年収にもよりますが、勤務状況の確認が入ることが多いです。

そこでは、週に3日程度の勤務、月に20日程度の勤務が望ましいでしょう。
もし、それよりも少ないとしても、金融会社にはそう伝えておくことが必要です。

どうして、そんなことを聞かれるの?

それは、風俗嬢だからというよりは、安定した収入を得ていることが必要だからです。
週1日の出勤ではとても安定した収入とは言えないでしょう。一応、真面目な風俗嬢であり、キャッシングをしても返済能力があるのかを確認したいだけです。

この確認電話がきたとしても、怪しいからではなく、本当に確認だけをしたいからだけです。
後で、在籍確認もして店で働いていることは、担当者が確認をします。その前に勤務実績がどの程度なのかの電話がきます。

携帯電話がつながるの?

これは無作為で行う確認電話です。
音信不通にならない、住所などもいい加減ではないかの確認です。
住所は、身分証明書の提出がどんな金融会社でも存在していますが、電話は違う名義のものではないかを、無作為で確認するそうです。

風俗嬢だからではなく、不意にかかってくるらしいです。
カードローン会社としては、風俗嬢は差別していません。単に他の職業と同様に接客業としての取扱をしています。しかし、確認電話がゼロではないらしいので、かかってきた時には、少し印象が良くなるように元気に対応しましょう。

収入も風俗嬢の相場も、金融会社では押さえています。
ソープ嬢で月収10万円では、大丈夫?と感じられるのですが、100万円とある場合もどのような勤務になっているかを聞かれることがあります。お店のこと、一回の料金のことまで聞かれることがあります。

中小消費者金融は風俗嬢でも審査対象になる

中小消費者金融は、ブラックでも借りれる金融会社として評判があります。
ブラックとは、ブラックリストの略で信用情報の金融事故がある方です。

しかし、情報サイトなどでは、大手消費者金融や銀行カードローンでの審査落ちの方を指すことが多いです。ですから、カードローン会社で借りられないブラックでも借りれるのが中小消費者金融だと考えて良いかもしれません。

ブラックリストなのにどうして借りられるの?

その理由は審査基準にあります。
大手消費者金融と中小消費者金融の違いは、申込の段階からです。

大手消費者金融にあって中小消費者金融にないものは、ローンカードです(ローンカードのある中小消費者金融は少数)。中小消費者金融にあって大手消費者金融にないものは紙の契約書です(借用書のようなもの)。

この点だけでも、大手消費者金融ではインターネット申し込みで、紙の契約書もなくローンカードでATMでキャッシングができる。中小消費者金融では、紙の契約書の取り交わしがあり、ATMでの借り入れができないことがわかります。

そして、決定的な審査の内容では、中小消費者金融では申込後に必ずどんな人にも確認電話が入ります。

確認電話も審査の1つ

大手消費者金融でも確認電話がまれに入る方がいます。
しかし、中小消費者金融の確認電話は、もろ審査です。

大手消費者金融申し込みブラックや多重債務の融資ブラック、金融ブラックと言えば債務整理者などの申し込みが多い中小消費者金融。電話で事情を聞かなければ審査は進まないです。
どうして中小消費者金融に来たのかを説明しなければならないことも少なくないです。

風俗嬢だから?

それは理由にならないでしょう。
風俗嬢は、金融機関の銀行カードローンも大手消費者金融も普通に申込ができます。
中小消費者金融でなければ借りられないことはありません。

大手消費者金融などの審査も受けずに、風俗嬢だから中小消費者金融でなければ借りられないと思ってというのはもったいないことです。

中小消費者金融は大手消費者金融審査落ちで行く金融業者であり、まだ大手消費者金融も銀行カードローンも申込をしていないのなら、そちらから申込をして、NGだったら中小消費者金融に行くことです。

中小消費者金融って専業主婦でも借りれると聞いたけれど

中小消費者金融でも配偶者貸付制度がある金融業者だったら、専業主婦も借りれることがあります。大手消費者金融にはない審査基準の1つです。

配偶者貸付制度は、配偶者の信用情報と総量規制の審査があり、その審査通過ができれば、専業主婦にも借りれることがあるという制度です。
ただし、多少複雑な審査であり、簡単ではありません。

ブラックではないのに中小消費者金融でも借り入れができない

風俗嬢であれば、信用情報の内容でよほどの金融事故がなければ、中小消費者金融での借り入れができます。

金融事故も大きな問題ですが、風俗嬢では収入があります。きちんと働いていることで、社会人として、生活者としての収入があるのなら、風俗嬢は審査対象になります。

しかし、専業主婦も配偶者貸付でやっと借りれるかどうかですが、無収入の方は、中小消費者金融でも審査に通らないです。親と同居しているから、生活費はあるというのは審査落ちです。

また、日雇い労働者や風俗嬢では体験入店で1ヶ月程度の働きでは中小消費者金融でも借り入れができません。審査基準が低く、ブラックブラックでも借りれる方がいますが、収入が安定していて、勤続年数が1年程度なければならないです。

しかし、ブラックリストとなってしまったとしても、収入がある風俗嬢なら、中小消費者金融での借り入れができることはあります。

金融ブラックになったらどうしたら良いのか?

キャバ嬢のキャッシングでは、大手消費者金融や銀行カードローンの審査に通らない。
それは、風俗嬢だからではありません。

大手消費者金融の審査基準

大手消費者金融の20歳以上で収入があるという審査条件があります。
アルバイトやパートの収入でも借り入れができますので、風俗嬢ではかなり高い収入があります。しかし、現在にはパートやアルバイトの方が審査通過の可能性が高いでしょう。
それは、風俗嬢だからではなく、収入が安定しないからです。

安定しない収入とは?

正社員、パート、アルバイトの共通点は毎月決まった収入が安定していることです。

ところが、風俗嬢や個人事業主では収入があるとしても安定感にかけます。しかしながら、風俗嬢でも毎週3日~4日の出勤だったり、それが何年間も続けていることで、安定収入として判断されることが多いです。それが証明できると、風俗嬢でも不安定な収入ではないと審査に反映されます。

ベストなのは、キャバ嬢で給与明細がある方です。
そのような働き方をしている風俗嬢の場合は審査は普通に通ります。

ブラック風俗嬢の現実

ところが、すでに多重債務者になっている場合は、大手消費者金融の借り入れは困難です。
カードローン会社では、2社以上の申込ではなかなか借り入れができないのが現状です。
風俗嬢だとしても、高い収入があるとしても多重債務の申込では新規キャッシングができません。

そこで、中小消費者金融の選択ですが、融資ブラックでも借りれることがあります。
返済能力があること、総量規制範囲内であれば借りれます。

気をつけたい闇金

街金では高額の借り入れができるらしいとの情報もありますが、これは嘘です。
街金は中小消費者金融であり、その多くは最初から50万円以下の少額キャッシングしかできません。キャッシング審査は、大手消費者金融よりも多く、審査では電話でいろいろと聞かれます。

多額キャッシングなどの情報があるのは、闇金である可能性が高いです。
風俗嬢では、なかなか借りられないよね?と近寄って来る場合があります。
闇金のルートの風俗店などの紹介があることも。

これはもっと高い風俗店の紹介ですが、闇金の息がかかっている可能性が高く、闇金も法律外の営業なので、その風俗店もまともなところではありません。

街金も中小消費者金融と同じ審査であり、総量規制範囲内の少しのキャッシングしかできません。融資ブラックブラックで、中小消費者金融しか借り入れができない。最悪そこの審査落ちの場合は、もうそれ以上の申し込みはオススメしません。
自身で多重債務者になっている場合は、無理してキャッシングをしようとしないことです。

誰でもそうですが、中小消費者金融での審査落ちをしたのなら、法律事務所などの借金相談をすることをオススメします。絶対に闇金などに引っ掛からないように。
ローン審査では、総量規制と返済能力でNGなら、法律内のキャッシングができないのですから。