風俗嬢でも借りれる大手消費者金融

風俗嬢などのキャッシング事情では、審査次第で借りれることが多いです。
しかも大手消費者金融、銀行カードローンでも風俗勤務だけの審査落ちの原因にはならないようです。

20歳以上の収入がある方

大手消費者金融も銀行カードローンも審査対象は、20歳以上の方です。
収入では、パートやアルバイトでも審査対象になりますから、借り入れができるかは審査次第です。風俗嬢のキャッシングでは、いろいろな情報が飛び交っています。

中には夜職は借りられない、スナック勤務などは借りれるけれど、風俗は難しいとも言われています。しかし、風俗全般のお仕事をされていたとしても、審査をしてみないとわからないと言うのが審査です。少なくとも、20歳以上で収入があるのなら、風俗嬢だって審査されることになります。

即日融資もできる

これは大手消費者金融限定です。
すぐに借りれる基準として、銀行カードローンでは審査通過でもきちんと数日かかります。大手消費者金融でも申込のタイミングで翌日以降の借り入れになってしまうことがあります。

すぐにということで、風俗勤務だから特別な審査が行われることは決してありません。
どんな申込でも、審査に時間がかかるのは、職業での限定はありません。

収入証明書がない場合

大手消費者金融では50万円以下の借り入れでは収入証明書は必要ありません。
風俗嬢として1年程度の勤務をしています。
これで、一定の借り入れができることがあります。

収入証明書を必要とすることがある場合、給与明細などがないことは正直に言いましょう。
それで借り入れができない場合もあるかもしれません。

それは、風俗嬢だからではなく、申告だけの年収では信用されないという原因があります。
個人事業主なども同様であり、給与明細が求められる審査も存在しています。

大手消費者金融の審査

大手消費者金融では、収入証明書が必ず必要ということはありません。
1万円とか少額の借り入れでは、信用情報の金融事故がない場合は借りれることが多いです。

キャバ嬢などでも、融資キャッシングとして信用情報が良い内容であり、収入証明書がなければ10万円程度の利用限度額で審査通過ができる場合が多いです。

少ない金額しか借りられない。
収入証明書がないことでは、その判断が多いです。
金融事故があるのなら、収入証明書を求められることなく審査落ちになります。
できれば、収入証明書がある方が風俗の審査は通りやすいと言えます。

風俗でも借りれると見て良いか?

20歳以上で風俗勤務1年以上が理想です。
少なくても半年以上は続けて同じ店なら良いでしょう。
給与明細があれば、より審査は通りやすく、限度額も総量規制範囲内になります。

風俗嬢のキャッシングと収入証明書

風俗勤務のカードローンやキャッシングの審査は不安です。
風俗勤務だからと借り入れができないことはありません。
ただし、OLと違う要因があるのは確かです。

申し込みのときに困った

それが、収入です。
50万円以下のときは、たいてい収入証明書は不要ですが、一部の職業では必要になります。
それが、風俗や個人事業主です。

金融会社としては、一応返済見込みがないと審査に通すことができません。
風俗と個人事業主では、収入が不安定だと思われています。個人事業主では、毎年確定申告をしていることが条件であり、そのコピーがあれば信用されることでしょう。

ところが、風俗嬢の中には日払いでの雇われ方をしている場合があります。
それでは、収入証明書もなく給与明細もありません。OLなどでも給与明細を捨ててしまっている方は厳しいですが、通帳の振込などで会社名が入っていると信用されます。
風俗嬢も同様ですが、その金額が安定していなかったりするとなかなか難しい審査になります。

店の方に相談ができますか?

正直にカードローンの申し込みをしたいと言えれば良いのですが、言えない場合はクレジットカードの申し込みでも良いでしょう。

とにかく、給与明細みたいなものがあれば出しほしいと言ってみてください。
1~2ヶ月分で良いので、給与を出しましたというと証明があれば、審査は通りやすいです。

店に言われて、確定申告しています

最近では、風俗嬢も確定申告をするように言われることがあります。
確定申告をしている風俗嬢は、個人事業主としての扱いになりますが、申告後は納税もしなくてはならない場合が多いでしょう。

ですから、カードローンの借り入れということですが、この場合の収入証明書はバッチリOKです。間違いなく、大手消費者金融、銀行カードローンでも総量規制範囲内の審査に通ります。

収入証明書があるだけで、信用は全く違っていて、風俗嬢だけど個人事業主としての確定申告書の存在はとても大きいものになります。借り入れで躊躇している場合も収入証明書の問題をクリアすることで、借りれるので安心してください。

給与明細があればなお良し

給与明細をもらっている働き方をしているのであれば、それが収入証明書になります。
納税をしているかどうかの問題ではなく、毎月お給料をもらっていることが分かれば審査は通過できます。

キャバ嬢などでは、必要経費などを差し引いた明細が細かく表示していることも少なくありません。その給与明細はしっかりとっておいて、カードローン審査のときに役立つツールになります。

風俗嬢の在籍確認について

風俗店の経営では、◯◯商事という会社名が正式名称の場合があります。
Aという風俗店のキャバ嬢だとします。

勤務先はAですが、B商事の会社が行っているのがAです。
この場合、勤務先としてB商事でも間違いはないでしょう。
勤務先がB商事で、電話番号がA店です。

決して間違いではない

風俗店の信用の問題ですが、法人化された会社が風俗店を経営している。
それだけでも給与がしっかりとでているという信用ができます。

しかし、会社の電話番号はAです。
これは在籍確認のためであり、B商事では風俗嬢の名前も知らない場合があります。
在籍確認でそのような方は居ませんと言われると審査落ちになります。

事情を話さなければならないこともありますが、勤務先として商事会社ですが、風俗嬢ですというのも、審査としては大丈夫でしょう。
最初からA店の風俗嬢ですというのも良いのですが。

一応風俗は隠したい

風俗嬢はキャッシングが難しいという口コミだけではなく、自分が風俗勤務であることを隠したいという心情の現れです。

わからないでもないですが、カードローン、キャッシングの審査ではあまり抵抗がありません。
収入があるのなら、堂々と借り入れができます。

B商事で把握しているのであれば

例えば、B商事がA風俗嬢のこともすべて把握していて、事務職などもしている場合もあります。
この場合、朝に大手消費者金融の申し込みをして、B商事での在籍確認ができます。
このメリットとしては、在籍確認が早い時間にできることです。

即日融資ができる大手消費者金融では、在籍確認までができなければなりません。
風俗店では夜職の場合が多く、在籍確認が遅くなってしまうことがあり、即日融資が不可能な場合があります。しかし、日中の在籍確認が可能な場合は、早くにキャッシングができます。

B商事での在籍確認ができるA風俗店勤務であれば、即日融資が確実になります。
お店の在籍確認も、従業員などが、まだ出勤していないですが、でもOKです。
また、本名とは別に源氏名を伝えて、両方からの在籍確認ができる大手消費者金融もあります。

方法はいろいろですが、風俗勤務でもお金を借りれることがあります。
信用情報や申込内容、そして在籍確認ができれば、カードローンを持つことができます。
大手消費者金融だけではなく、銀行カードローンもOKです。

金融事故があればNG

例えばすでに多重債務者になっていたり、債務整理直後などでは、大手消費者金融の借り入れができないとされています。こちらも風俗だからではなく、どんな職業でも金融事故者には貸付をしていません。

ブラックになったらどうしよう?

大手消費者金融も銀行カードローンも信用情報に金融事故があるブラックリストにはどんな方にも審査通過はできません。

公開されていない審査基準

ブラックリストに関しては、だいたいの口コミ情報が多いです。
多重債務者で3社程度、続けて申し込みをしてしまった申し込みブラック。
総量規制以上の借り入れ希望、大手消費者金融では専業主婦を含めた無収入者は審査落ちです。
ブラックというのは審査落ちの俗語的な言い方ですが、大手消費者金融も銀行カードローンも案外と審査が厳しいことあります。

風俗嬢は?

風俗嬢だけでは金融事故はありません。
ただし、ブラックまでは行かないですが、体験入店で1ヶ月程度の勤務だったり、月に数回の出勤。日払いだとしても、月にいくらくらいもらっているかを明確に回答できない場合は、審査に通らないでしょう。

融資キャッシング、ローン会社では風俗店勤務は否定をしないでしょう。
しかし、収入内容の把握や勤続年数が短期間では、退職の恐れがあると考えます。
電話で確認したときにあちこち転々としているとか、金融会社に申し込みをしているとうっかり話してしまうと、落ち着かないことが理由で借りられない場合もあります。

審査内容の公開はありませんが、真面目に借りて、真面目に返す態度が申し込みのときになければならないでしょう。一応、このような場合は、ブラックリストとなってしまうことになります。

中小消費者金融、街金

大手消費者金融や銀行カードローンで借り入れができない方にオススメなのが、街金や中小消費者金融です。こちらは、総量規制範囲内であれば、なんとか借りれることがあります。
大手消費者金融の審査落ちブラックリストでも借りれるとされています。

キャバ嬢などの利用も多いです。
地元にある街金などでは、あのお店で働いているという会話が成立します。
あのお店もその方の評判もある程度理解ができることの信頼感ができます。

もちろん信用情報は関係しますが、柔軟審査ができる街金や中小消費者金融では、返せる見込みがあるのなら借りれるという審査が話題です。ブラックOKとか、ブラック対応という口コミ情報が多いですが、ブラック対応消費者金融なら、大手で審査落ちでも、風俗でも相談ができます。

収入証明書はありますか?

大手消費者金融では必須ではなかった収入証明書も、中小消費者金融では絶対に求められます。
収入証明書がなければ借りられないことは多いです。

日払いであり、だいたい月に30万円程度は頂いてます。
その上で融資ブラックブラックであり、キャッシング審査は不透明です。

お店での証明がしてもらえませんか?とか、確定申告でもできませんか?と言われてしまうことはあります。収入証明書がなければ貸せないね。案外と冷たくあしらわれてしまうこともあります。

このようなことにならないよう、風俗嬢も収入証明書などは用意しておくことをオススメします。給与明細がないのなら、確定申告です。

中小消費者金融と街金でも借りれるけれど

キャバクラ嬢、ソープ嬢などの風俗嬢もカードローンを持つことが可能です。
信用情報の照会と在籍確認ができたのなら、即日融資が大手消費者金融では可能です。
低金利の銀行カードローンの審査も通りますので、風俗嬢を理由に申し込みを諦めるのはもったいないことです。

風俗でも借りれるのはどうして?

それは、収入があるからです。
お金を借りるときに必要なことは、返せるだけの収入と信用です。
その2つを審査しますが、風俗勤務ではきちんとお給料をもらっていて働いている労働者です。
審査基準に合えば借りれることになります。

街金や中小消費者金融でも

ブラック融資の街金や中小消費者金融では、大手消費者金融や銀行カードローンではチュ苞審査に厳しい場合でも、ここで貸してくれるチャンスがあります。
街金などでは、大手消費者金融と同様に年収3分の一の総量規制範囲内しか借りられないです。

そして、たいてい50万円以下の限度額です。
信用情報の内容にもよりますが、収入証明書と在籍確認ができ、総量規制範囲内で電話で詳細に話をして審査を受けたら、大手消費者金融ブラックリストでもローン審査が可能です。

ヤミ金とは違う

風俗嬢や水商売の方が借りる怪しい金融業者などは、噂として危ない所と言われています。
確かに怪しい金融業者は全国にありますが、街金や中小消費者金融は、正規の金融業者であり、決して怪しいところではありません。その証拠に、審査が甘いですが細かいです。返済も厳しくて、延滞遅滞は持っての他です。

融資無職は確実審査落ちですし、サラ金と言われているわりにはきちんと審査体制が整っています。水商売などが出入りするというのは、言い方が乱暴ですが、ブラックリストでも借りれるという意味でしょう。

ネームバリューがない金貸しと聞くだけで、怪しげな雰囲気がありました。
しかし、今はインターネットの時代であり、中小消費者金融も街金も口コミ情報が満載です。
怪しい金融業者であれば、調べることができ、本当にあそこは危ないから行かないほうが良いとの忠告があるくらいです。

街金利用者

風俗だけではなくいろいろな申込者がいます。
総量規制範囲内で少額しか借り入れができないことを承知での申込がオススメです。
闇金ではないことは自己責任で調べた上で申込をしてください。

すぐに借りれる場合としては、来店審査で審査通過ができる方です。
そして、中小消費者金融と街金の借り方としては、完済ができない借り方は絶対にしないことです。ブラックリストで貸してくれるのですから、そこを裏切ることは違反行為です。
というのは、大義名分であり、取り立てもしつこいからです。

法律違反でギリギリの取り立てもしてきます。そして、債務整理もなかなか厳しいので、中小消費者金融や街金では、無理なキャッシングならオススメできません。