風俗嬢 キャッシング 電話確認

風俗嬢や水商売など、夜間勤務をしている女性がカードローンの申し込みをする場合、一番ネックになるのは電話での在籍確認電話です。日中に事務所に人がいるような会社であればいいのですが、そうでなければ在籍確認が取れずに審査に落ちてしまう事もあります。

夕方からでも事務所に人がいる場合であれば、申し込みの際に「日中多忙のためお電話は17地以降にお願いします」などのコメントを備考欄に残しておけば、本人確認の対策などになります。もし、完全に夜間しか営業していないお店での勤務の場合は、勤務先を風俗店とするよりも自営業者として申し込みをする方法が一番かもしれません。

実際に風俗の多くは、風俗嬢を自社の従業員として契約しているよりも、個人事業主に報酬を払っているという外注契約をしている場合も多く、社会保険への加入や源泉徴収などの、税金の徴収もしていない場合が殆どです。なので、風俗嬢の多くは自分で確定申告をしなくてはいけないという人が殆どです。

実際にちゃんと確定申告をしていれば、収入証明書などを取得する事ができますので、自営業として申請するのは簡単です。この場合、業種などは適当で構いませんが、できれば店舗などが必要でないような、ネット通販やネイルやエステなどの出張サービスなどにしておけばいいでしょう。

もしくは、このような自営業として、きちんと確定申告ができていない人や、勤務実績が短くて収入証明も取れないというような場合は、多少お金がかかりますが、アリバイ偽造会社を利用するという方法もあります。

アリバイ偽造というと聞こえが悪いですが、主に風俗や水商売などをしている人の利用が多い会社で、アリバイ会社が指定の会社を用意してくれます。日中の在籍確認ができない人の為に代わりに電話を受けてくれたり、社名も用意してくれたりします。

そのような勤務実績のない会社で申請すると、詐欺になるのでは?と、心配になるかもしれませんが、しっかりと働いているのであれば問題ないのです。ただし、1万円前後の費用がかかりますので、その辺を経費と割り切って問題無い人であれば、アリバイ会社というようなキーワードで検索してみるといいでしょう。