犯罪との境界線 それでもキャッシングする?

風俗を職業としていることを引け目に感じている方は多いです。
事情があってのことですが、キャッシングの必要性を感じた時に消費者金融に申込に行ったら、風俗はダメと言われてへこむ方もいます。一応、風俗でも審査が通るところはありますが。

風俗NGのところでは、もともとお金に困って風俗に行っている?と勘ぐってしまいます。
確かに、世間的にはそう見えてしまうのです。それなのにキャッシングをしたいなんて、返済ができないのではないかと心配になります。

そこまで言われたら何も言えない状態ですが、現にお金に困って風俗嬢でキャッシングするとなると、返済ができなくなってしまう可能性も高いといえるでしょう。

ただし、高給取りとされる風俗嬢でもキャッシングが必要な事はあるでしょう。
お店に借りると言う手もありますが、風俗店では仮会社を作っている場合があります。

消費者金融の申込のときにその会社名を書いて、提出をするのです。
当然電話番号もあり、在籍確認は仮会社が行ってくれます(風俗店の方が対応)。
これで比較的スムーズに審査は通ります。

もちろん職業は風俗ではなく、事務員などと書くことになります。
果たして違法なのか?ということですが、バレたら違法です。
しかし、そのダミー会社は風俗店が行っていることで、給料を支払っていることは確かです。
後はあくまでも本人の問題です。

当然このような場合の所得証明書はないですから、少額のキャッシングだけが対象です。
パートやアルバイト的な扱いです。会社としては存在していないのですが、収入は得ていることになります。これが全く関係のない知り合いに仮会社の依頼をするのは絶対にNGです。

風俗で働いている方の中には、前借り対策としてこのような対応をしていますが、これが店の知り合いの金融会社の紹介します、と言うのは危ないのです。
仮の会社で大手消費者金融の審査はまっとうなことです。

しかし、知り合いの金融会社と言うパターンはヤミ金であることが多いです。
そのような誘いには原則乗らないことですが、一応キャッシングが必要になったときには、仮会社なりのシステムがあるかを探ってみるのも一つの手です、

なお、主婦の場合は、専業主婦枠のある銀行カードローンがお勧めです。
この場合、風俗嬢であることは一切問われませんから、一主婦としてキャッシングが可能です。
借入限度額は小さいですが。