風俗嬢 銀行と消費者金融会社はどちらがいい?

お金を借りるには、銀行と消費者金融会社はどちらがいいのでしょうか。これは多くの人は銀行で借りるほうがいいと結論づけるでしょう。確かにそうなのですが、お金に困っている人やすでに他社借入れがある人などは、銀行から借りるには少しハードルが高いかもしれません。

どうしても消費者金融会社で借りると、世間体が悪いのは今も昔も変わらないでしょう。ですから、できるだけ銀行で借りたいのですが、お金に困っている人は総じて属性が低い場合が多いです。また、そういった場合は他社借入れをしていることが多いので、属性が低い場合でしたら銀行も簡単にはお金を貸してくれないのです。

属性というのは、信用という言葉に置き換えてもいいでしょう。パートアルバイトといった収入が安定していない人や、他社からの借入れがある人は銀行カードローンの審査に通ることはないでしょう。ですから、世間体が悪いといってもお金が必要なら、消費者金融会社のカードローンに申し込みをせざるを得なくなるのです。銀行カードローンのほうが良いのは世間体ばかりではなく、金利が低いのも大きな要因です。

というよりも、金利が全てといってもいいかもしれません。返済金額が少なくなるのですからそれはある意味当然といえるでしょう。消費者金融会社のカードローンと比較すると銀行カードローンの金利のほうが低いのです。

それが数%の違いであっても、返済総額が数万円あるいは数十万円違うことになるのですから、金利をバカにはできません。住宅ローンでしたら、数千万円のローンとなり1%金利が違うだけでも数百万円の利息差が出ることになるのですから、金利は1%単位ではなく0.1%単位で考えたいものなのです。

それでも、銀行カードローンに申し込みをしても審査落ちばかりしているのでしたら、銀行からお金を借りるのは諦めたほうがいいでしょう。最近では銀行のほうが借りやすいという話もありますが、総量規制対象外となっているだけで金額だけが大きくなっているからです。

反対に総量規制があるおかげで、消費者金融会社のカードローンの借りすぎということがなくなっているのも、最近の自己破産件数の減少に一役かっているのは間違いないでしょう。