風俗嬢の審査条件 収入と在籍確認を克服する

アイフルなどの大手消費者金融、銀行カードローンでも風俗嬢のキャッシングができます。
問題となるのが、収入と在籍確認です。

収入

収入証明書は確定申告をしている方や、派遣会社などで源泉徴収票などがある方は問題ありません。確定申告は個人事業主として源泉徴収票があれば、パートやアルバイト的な存在で審査になることができます。

問題なのが、なんとなくもらっている収入の記載がない場合です。
1日2万円くらいで、月に半分出勤で30万円くらいかな?という、安定収入ではないことが露呈してしまう。それでも、月に30万円ですと言い切ってしまうのです。

在籍確認

在籍確認は、勤め先である店に直接担当者が、個人名で電話をしてくるだけです。
源氏名でも対応、もし営業時間で支障があるのなら、開店前に誰かがいる時間に在籍確認電話をしてもらいましょう。

◯◯はまだ出勤していないのですが、この言葉だけでもいいんです。
申し込み者がここに勤めていることがわかれば、在籍確認ができます。
今日はおやすみなのですよ、でもOKです。

これで、収入と在籍確認の問題は解決です。
風俗嬢はキャッシングができないと、アリバイ偽造会社などが在籍確認を変わりにどうぞと宣伝している場合があります。そんなことをしなくても、きちんと口で伝えることができます。

レディースローンの利用

インターネット申し込みができる金融業者がほとんどですが、風俗嬢など担当者と話をしたいときには、電話申込もおすすめです。

その時にレディースローンにすることで、スタッフが女性になります。
例えば、ソープで働いているというのも男性には恥ずかしいですが、女性には平気でしょう。
収入や使いみちに関しても、同性で話せる、在籍確認などの要求もしやすいでしょう。

インターネットでもレディースローンを選択し、自動契約機でもレディースローンがあれば、ぜひ利用してみてください。在籍確認も女性からとなります。

借入ができる最低の条件

収入が高いことと希望額を抑えることで、風俗嬢の審査通過は思ったより楽です。
信用情報の金融事故がないことが前提ですが、せめて1年以上の勤続年数は必要です。
体験入店で1ヶ月しか働いていない場合はキャッシングは難しいです。

また、収入証明書が必要なのは、50万円以上の希望額です。これは、初回の借り入れとしてはハードルが高すぎです。最初のキャッシングとしては、必ず少額であること。完済を続けてから、ハードルを上げていきましょう。

確定申告などをしていない方は、不確かな収入での借り入れです。
絶対に返済に遅れないことが必要であり、無理のないキャッシングを心がけましょう。