風俗嬢 キャッシング 大手消費者金融

水商売をしている人の話を聞いていると、銀行などの金融機関や消費者金融で借入をしたい時も、夜の仕事というだけで審査に通りにくい事を聞いたりします。

キャバ嬢や風俗嬢は、カードローン審査に通りにくいというのは本当なのでしょうか?
実際のところ、風俗やキャバクラだからという理由で審査に落ちる事は少ないようなのですが、審査に通らない主な理由は、在籍確認ができないという点にあるようです。

基本的に在籍確認というのは日中に行われますので、夜のお店ではなかなか在籍確認をする事が難しいようですね。特に、銀行カードローンなどはこの在籍確認ができないと、絶対に審査に通りません。

また、大手消費者金融などであれば、在籍確認不要というケースもあります。これは社会保険に加入していて、健康保険証と数カ月分の給与明細が提出できる場合に限るというような、そういった条件が付いていることがほとんどです。

キャバクラや風俗勤務では社会保険に加入していることは、ほぼないと思いますのでこれは難しいですよね。しかし、絶対に審査に通らないというわけではないので、ここは自営業者として申し込むのが無難でしょう。

例えば、大手消費者金融のアイフル公式HPなどによると、自営業者でも本人確認ができる身分証明書などがあれば、申込可能となっています。

また、基本的にはカードローンの申し込みには、給与明細や確定申告書などの収入証明書が必要になりますが、50万円以下の限度額での申し込みであれば、不要となっています。よって、確定申告をまだしていないような勤務実績の短い人でも大丈夫です。

ただし、収入証明書が無い場合は、安定収入があるかどうかの判断が難しいため、場合によっては審査に落ちてしまう事もあります。そのような場合は大手ではなく、規模の小さな金融業者、いわゆる街金などを利用するのもひとつの方法です。

街金と聞くと怪しいイメージがあるかもしれませんが、正規業者です。ただし、大手よりも金利が高い場合が多いので、利用する際は金利などをしっかりと確認して申込をしましょう。