源氏名でローンは組める?在籍確認の壁

源氏名で働く職業の方と言えば、水商売や風俗業の夜職が多いことでしょう。
本名ではなく、店内だけの名前が源氏名ですが、芸能人なども同様です。

芸名ですが、彼らはテレビの外出は本名での生活です。
源氏名がある方も、店が終われば本名での普通の生活を営んでいます。
仕事上の源氏名、そのこと自体は何ていうことはありません。

芸能人であれば

例えば、ショッピングローンの利用の時、芸能人であったとしても在籍確認はあります。
その時には、自分はわざわざ芸能人だとは言わないと考えます。

ところが、あなたの職業は何ですか?芸能人ですということになると、審査内容が多少変わります。世の中に出ている芸能人なら、収入証明書等も多額の内容ですが、そこまで収入がない方もいます。

有名人なら顔パスではなく在籍確認があります。この時には、本名で行なわれることになります。たいてい所属事務所等での在籍確認になりますが、その時には本名が当然になります。
事務所では本名も当然承知しています。クレジットカード、カードローンも同様の対応でしょう。

源氏名の方は?

風俗業等の源氏名でも同様に本名での在籍確認がありがたいのですが、お店のスタッフの中には本名を知らない方もいます。もともと店内では源氏名だけで通用するので、上層部だけが本名を知っているということが多いでしょう。

ショッピングをしたり、カードローンでの在籍確認においては、店での在籍確認になり、源氏名出できるかは確認が必要です。

カードローンの多くは大手消費者金融では源氏名での在籍確認は対応しています。ショッピングローンの場合もできたとの口コミがあり、そこも大手です。審査はすべて本名であり、在籍確認というのは、その店で働いていることがわかれば良いので、源氏名での在籍確認もできると見て良いでしょう。

しかし、事前に確認をしてみましょう。
本名では在籍確認ができないことがわかれば、対応しない場合もあります。インターネット申込できるクレジットカードが多いです。その時に本名での申込になり、審査通過で在籍確認が行なわれます。

そのままでは本名の在籍確認になり、スタッフがそんな人はいませんと言えば審査落ちになります。ですから、源氏名での在籍確認をしたい時には、電話での申込でなければなりません。

芸能人等とは少し違う

本名以外のお仕事をしている方は、在籍確認という壁が大きいでしょう。
風俗業や夜職でもスタッフが源氏名と本名と両方理解している場合は、問題画ないのですが。
店だったり、勤務先での状況によりますが、源氏名での在籍確認が絶対にできないということはないでしょう。

夜職でも契約ができるクレジットとキャッシング

夜職の方の多くは、クレジットカード、カードローン、ショッピングローンなどは組めないと思っている方もいます。実はそんなことはなく、きちんと順序を踏み審査を受けることができれば、利用は可能です。

ショッピングローンはどう?

ショッピングローンは、商品にもよります。
高価な金額であれば、どんな職業でも信用情報と在籍確認をしっかりと行います。
収入や既存の借入が多くあると、その事実で借りられないこともあります。

そして、在籍確認です。職業と勤務先で、審査担当者で直接電話をするということになります。
その時に、自分が夜職であり、源氏名でしか在籍確認ができないとなると、審査内容に多少影響が出ることがあります。カード会社としては、在籍確認ができなければ返済能力を確認することができません。

ただし、その限りではない場合も

審査はありますが、在籍確認が不要なショッピングローンもあります。
それはそんなに高価ではない買い物の場合です。また、クレジットカードの利用と違い、1回きりのローンでは信用情報の内容だけで在籍確認がない場合もあります。

その時に無職だとしても、あなたの信用情報の確認だけで、金融事故情報がない場合は、普通にローンが組めることがあります。クレジットカード自体、無職でも作れる場合もありますが、利用金額が少ないのが条件になります。

風俗嬢です

クレジットカードにしてもカードローンにしても風俗嬢でも利用できます。
クレジットカードの場合は、一定の利用額が多少少ないこともありますが、楽天カードやドコモカード等は作りやすいです。

一度でも利用して完済していくことで、信用もつくる事ができます。特にクレジットはその場限りのローンであってブラックリストでなければ、在籍確認もなく数回払いの契約が可能です。

在籍確認以前の問題

風俗嬢でも源氏名での在籍確認の問題も何も、信用情報出金融事故情報があれば、契約はないです。高価なクレジットローン以外では、信用情報で問題がなければ、在籍確認もないのですが、高価なクレジットローンでは、信用情報で決まってしまいます。

風俗業にしても源氏名がある仕事でも収入が定期的にあるだけではなく、本名での信用情報での内容が大きな問題になります。在籍確認は最終的な審査になりますので、まずはブラックリストになっていないことです。

源氏名での在籍確認

ショッピングローンもカードローンも在籍確認をしなくてはならない時には、源氏名でも行うと言います。店のスタッフがそれでしかわからないということでは、担当者が対応してくれるはずです。

源氏名での在籍確認は、事前に申し出ることが必要ですので、インターネット申込では本名での在籍確認になります。ここは要注意です。

源氏名での在籍確認は申し出ることが必要

勤務先が風俗店、夜職でもショッピングローンもクレジットカードも大手消費者金融カードローンの申込もできます。何点か注意したいことがありますが、風俗嬢での利用もOKです。

在籍確認はあるの?

カードローンでは必ず在籍確認があります。
ただ、ショッピングローンでは在籍確認がない場合があります。
消費者金融などでは、1万円からの申込でもどんな場合も勤務先に電話をします。
クレジットカードなどでもショッピングローンでも、内容によっては行うことになります。
その時に、源氏名で働く水商売の方が源氏名でしか通用しないことを伝えることが必要です。

申込は電話で

クレジットカードの在籍確認がある場合、源氏名での在籍確認しか通用しない時には、インターネット申込では在籍確認ができないことになります。

カード会社の担当者が在籍確認のために勤務先に電話をする。
その時には、申込に書かれた本名ですので、店側としては本名を知らないスタッフが出た場合、「そのような方はいません」と言われます。それでは審査は通らないことになるだけではなく、虚偽申込としてその後の信用情報に影響が出ます。

虚偽申込にしないために

勤務先では源氏名を使っている。ただし名前は別にきちんとあり、その内容での信用情報になります。きちんと働いて収入があるのにもかかわらず、在籍確認の連絡不良によって、ショッピングローンも対応しないのであれば、不条理なことです。

自身が決して虚偽の申込はしていないのに、源氏名での在籍確認ができないだけでの審査落ちは話にならないでしょう。そこで、インターネットではなく、事情を話し、在籍確認があり勤務先に電話をする時には、源氏名を伝える必要があります。

原則的に水商売でも審査は通る

クレジットカード、ショッピングローンでは返済ができる方の申込はOKです。
特にクレジットカードでは、未成年で収入がない18歳、19歳(高校生は不可)でも、保護者の承認だけで、10万円程度の限度額での利用が可能です。

水商売では、不安定な収入であることだけが不安ですが、収入があることは確かです。
その証拠としての在籍確認ができるのなら、申込も審査通過も可能なはずです。そこでやり方さえ間違うことがなければ、源氏名での在籍確認を経て契約もローンの利用もできます。

カードローン、キャッシングでは、源氏名での在籍確認にも対応していて、店の都合の良い時間の在籍確認も行っています。ですから、ショッピングローンにしても、在籍確認があるのなら、源氏名でお願いしますといえることは確かであり、ローン契約もできます。
申込者が源氏名で働く風俗業、水商売の職業でも大丈夫でしょう。

ショッピングローンでは審査は簡単?

ショッピングローンとクレジットカードは違います。商品を手にしてその時だけの契約になります。店側としては、すぐに決済ができないことでの不安もあります。ここに信販会社が入ることでショッピングローンになり、単に分割払いになるのであれば、審査もない場合もあります。

例えば大型量販店

電化製品等の大型量販店では、当然のようにショッピングローンがあります。
独自のローンから、いくつかの信販会社のショッピングローン等の取扱をしてます。
信用情報の照会はその場で行なわれ、審査基準が厳しい、甘い等の違いから申込内容が変わります。

信用情報によって、使えるショッピングローンを選択することができます。
この時にクレジットカードの審査のように、在籍確認がされることはないと言います。
審査が甘ければ、信用情報だけで対応しています。

源氏名での在籍確認

よって、このような商品をショッピングローンとして契約の時には、勤務先を問われない審査になっていて、信用情報だけで問題になります。風俗嬢でもショッピングローンの契約ができないこともありません。

信販会社を介入しない

ジャックス等の信販会社を介さないショッピングローンで、手数料も無関係な分割払いの場合は、審査なしになります。

個人商店などでは、ローン会社を通さないで信用だけで分割ができます。
在籍確認もない住所氏名だけで、時には勤務先が聞かれたとしても、風俗業でも問題がないことも多いです。いつもこのような買い方をしていると、顔パスだけでの買い物もできます。

クレジットカードではこうはいかない

クレジットカードの申込では、ショッピングローンとは違います。
それは限度額が与えられる契約で、ここで購入した商品だけのものではないからです。店側の問題ではなく、クレジットカード会社が風俗嬢に対して、どう審査をするかで変わってきます。
ただ、風俗嬢でもクレジットカードを利用している方もいますので、源氏名での在籍確認にも対応することは考えられます。

また、多くの情報サイトでは、風俗嬢になる前に、クレジットカード契約をしておくことをオススメしています。20歳くらいでも簡単につくる事ができるカードもあり、在籍確認だけではなく審査全般についても面倒ではないといいます。

在籍確認をするのに源氏名と言うには、インターネット申込ではできない点においても納得でしょう。簡単に審査通過は、源氏名のない普通のお仕事の方が良いということです。

アリバイ会社で在籍確認は犯罪です

ショッピングローンでも高級な商品では在籍確認を要します。
クレジットカード同様の契約内容になります。これが数万円単位では、在籍確認もない信用情報だけの審査になります。

アリバイ会社の利用

アリバイ会社とは、風俗嬢などでクレジットカード、カードローンの申込の時に、自分があたかもOLなどで収入を得ているようにアリバイ工作をしてくれる会社を言います。
一定の料金の支払いで、ローン契約に必要な書類を用意してくれます。その一つが、在籍確認の電話の担当です。

勤務先をアリバイ会社にする

勤務先をアリバイ会社にすることで、電話番号を伝えます。
在籍確認そのものは、審査担当者が◯◯さんはいますか?と聞くだけですから、現在席を外しています、だけでOKです。ここで働いていることがわかれ良いだけです。
アリバイ会社の役目はそこまでであり、風俗嬢などは本名のまま審査を受けることができます。

メリットとして

クレジットカードにしてもショッピングローンにしても審査では、在籍確認だけではなく、勤続年数等も確認をします。

アリバイ会社では、1年程度勤務があると設定をしておく。そうすると、現在源氏名で行っている風俗業が数ヶ月だとしても審査に通過することができます。

あとは完済ができるのなら、アリバイ会社のまま借りれる算段になります。
本当は行ってはならないことですが、風俗嬢などの利用は絶えないです。

風俗嬢でも借りれるのに

最低1年程度の勤務が必要ですが、風俗店に在籍確認ができることで何も問題はありません。
源氏名での在籍確認をしている所もあり、返ってアリバイ会社を使ったことがバレたら、一切の信用情報ではブラックリストになります。虚偽の申込は犯罪であり、信用情報だけではなく、ローン等の申込ができなくなってしまうことがあります。

ショッピングローン、クレジットカード、カードローンにしても風俗だったり、水商売の職業を審査落ちの原因にすることはありません。不安定な収入だとしても、信用情報等の審査が問題になるのですから、アリバイ会社の利用は厳禁です。カードローンの審査にしても、源氏名での在籍確認ができますので、そのままの姿での申込と審査を受けてみて下さい。

実際にアリバイ会社で借りれたとの情報もありますが、もしアリバイ会社が摘発などを受けたとしたら、被害を被ることになります。危ない橋は渡らないで、真っ当な生き方をすることが正しいでしょう。無職でアリバイ会社利用も危険なことです。