風俗嬢でもキャッシングはできるの?

風俗嬢は一般的なOLやパートとは違うので、キャッシングができるのか不安に思う人もいると思います。

風俗嬢でも、条件を満たしていればキャッシングはできます。
どのようにキャッシングができるのか、ご紹介していきます。

風俗嬢でもキャッシングはできる

風俗嬢でも、条件さえ満たしていればキャッシングはできます。
その条件とは、継続的に働いていて安定した収入があることです。
満20歳を超えていれば、一般の人と同じ条件でキャッシングができます。

OLやパートのように、安定した収入となっていれば審査の対象となるのです。
風俗嬢だからと蔑視する金融会社は、ほとんどないに等しいです。

風俗嬢のキャッシング条件

風俗嬢の人は、以下のような条件であればキャッシングができるといえます。

  • 継続的で安定的な収入がある
  • 入社して半年以上
  • ブラックリストに載っていない
  • 総量規制に引っかかっていない
  • 本人確認雄在籍確認ができる
  • この5つのポイントを満たしていれば、風俗嬢でもキャッシングが可能です。

    風俗嬢でよくあるキャッシングの審査に落ちた理由といえば、日雇いバイトや体験入店状態の場合です。キャッシングは継続的に働いていることが条件ですので、日払いや体験入店の人では、審査通過はむずかしくなってしまいます。

    日雇いや体験入店状態の人は、コロコロ職場を変える人と認識されてしまうので、定職に就く人と判断されない可能性があります。
    そのため、支払い能力が低い申し込み者と判断されてしまうのです。
    同じ風俗店である程度長く働いていなければ、審査通過はむずかしいといえます。

    どのようなキャッシングであれば審査の対象となるのか

    キャッシング先といっても、色々あります。
    風俗嬢は、どのようなキャッシング先であれば借入ができるのか気になりますよね。
    銀行や大手消費者金融、中小消費者金融と種類がありますが、銀行系カードローンのキャッシングは該当しないと思うようにしましょう。

    銀行カードローンは非常に審査が厳しく、一般的な会社員でも審査の対象とならないこともあります。そのため、残念ながら風俗嬢の人が審査に通るのは厳しいといえます。

    したがって、大手消費者金融系などの消費者金融会社がオススメとなります。
    TVCMなどで目に付く大手カードローンでも、風俗嬢が申し込み者だからという、偏見を持たずに審査の対象としてくれますよ。

    キャッシング金額は少なくなることもある

    残念ながら、風俗嬢というのは、この先10年20年続ける仕事とは認識されません。
    そのため、キャッシング金額も少ない設定となってしまうことが大半です。
    少ない場合は10万円の借入金額となるところもあり、多くても50万円程度と思うようにしましょう。

    1度、審査さえ通れば、後の増額申請でキャッシングの上限を上げることができます。
    まずは、キャッシング上限金額が低くても、審査に通ることを考えた方がいいでしょう。

    風俗嬢がキャッシング審査を受ける際に気を付けるべきポイント

    風俗嬢がキャッシング審査を受ける際に気を付けるべきポイントは、在籍確認です。
    キャッシング審査には必ず在籍確認が必要であり、風俗嬢の場合風俗店が勤務先ですので、風俗店に在籍確認がいきます。

    そこで気を付けてほしいポイントといえば、金融機関が電話をしてきて、本名を言って電話を代わってもらえるのかです。

    風俗店というのは、本名ではなく源氏名で働いているパターンがほとんどです。
    電話に出る人が源氏名でしか覚えていないことがあり、本名を言っても伝わらないことがあるようです。それでは在籍確認になりませんので、審査通過となりません。

    在籍確認を通過するためには電話に出る担当者の人に、あらかじめ在籍確認が来ることを伝えて、本名を伝えるようにしましょう。その時は、キャッシングの在籍確認ではなく、キャッシュカードの在籍確認というといいですよ。

    いかがでしたでしょうか。
    風俗嬢でも、キャッシングは可能です。
    安定した収入が再前提ですので、安定した収入の上申し込みをするようにしましょう。
    風俗嬢だから借り入れ出来ないなんてことはないので、気にせず申し込んでみるといいですよ。