レディースローンはどこが違う?

女性専用のレディースローンというのがあります。これはカードローンの女性版なのですが、通常のカードローンと何が違うのでしょうか。

金利がカードローンよりも低いのでしたら、女性にとってかなりお得感があります。しかし、通常のカードローンとレディースローンの金利は全く同じです。多くの消費者金融会社が、女性専用のレディースローンを用意していますが、金利はカードローンと全く一緒なのです。

実際に、女性のためのレディースローンといっても、特典に目を見張るようなものはありません。ただ一つメリットがあるとしたら、女性スタッフがついていることでしょう。実際に窓口に行く場合、さらには電話での対応で男性スタッフが対応すると、どうしても身構えてしまう女性もいるでしょう。風俗嬢でしたら尚更ではないでしょうか。

そういったことも気兼ねもなくカードローンの相談をできるようにしたのが、レディースローンというわけです。ですから、金利で優遇するようなものではありません。女性のためのレディースローンは、女性スタッフのみで対応するということなのです。

基本的に電話サポートでは女性オペレーターが多いのですが、仮に女性からの電話が掛かってきて男性スタッフが出ると、女性に変わるといった配慮もしてくれるのです。

風俗嬢や水商売をしている女性でしたら、話し上手というイメージがありますが、実際のお金の相談となると、男性には話したくないといった心理が働くようですね。

女性スタッフの場合でしたら、風俗に勤めているといったことも正直に話すことで、これからの対応がスムーズにいく場合も多いでしょう。消費者金融系でしたらレディースローンで、このような対応をしてくれるところが多いのです。

また、申込時の在籍確認もアリバイ会社が応対してくれるのですが、風俗で働いているということを伝えると、電話が掛かるだけで在籍確認を取ってくれるところもあります。その配慮は、まさに消費者金融会社ならではといえるでしょう。

風俗嬢でも勤務形態にはいろいろあります。中には、派遣会社からのサポートといった待遇の風俗嬢もいます。このような風俗嬢の場合は、派遣社員として登録されている場合もあるので、審査通過率が格段にアップするのは間違いありません。

消費者金融カードローンの審査に通ろうと思うと、レディースローンがとても借りやすいです。最初はとっつきにくい部分もあるかもしれませんが、それでも同性と話すことができるのは、これからの返済計画全般についても相談しやすいでしょう。

担当者制をとっている消費者金融会社が多いですから、完済まで同じスタッフと向き合っていけるのは、大きなメリットと言っても良いでしょう。