キャバ嬢と勤続年数について

消費者金融の職業では、転職したての方は審査に通らないことが多いです。
これは、正社員なども同様です。キャバ嬢も体験で1ヶ月では、審査に通らないです。

消費者金融会社での勤続年数の見方最低でも1年間は働いていることが基準です

在籍確認電話で働いていることは証明できますが、勤続年数に関しては、収入証明書があれば良いです。あとは口頭での勤続年数になりますが、ここで虚偽はNGです。

半年して働いていない。
多分審査は通らないとは思うのですが、正直にはなしをして下さい。
ここで、個人信用情報機関などの確認で、問題がないとしても、
1年経ってからというのが、大手消費者金融や銀行カードローン審査でしょう。

中小消費者金融に関しては、半年程度で借りれることがあります。
こちらは金利が多少高いですが、サービスはカードローンがないくらいで、審査が甘くなっています。職業別編で言うと、キャバ嬢ではかりやすいと言っても良いでしょう。
キャバ嬢半年程度の信用情報で問題がないと、断然借りれると言っても良いです。

偽装会社、使っちゃった

まだ数ヶ月しか働いていないし、お金は必要だし。
でも、すぐに返済が出来るから、偽装会社を使いました。
そんな口コミを見つけました。これが借りれたというのですから、怖いはなしです。

確かに、中小消費者金融でも最低半年間の勤続年数がほしいですが、カード会社では1年とも言います。でも、お金がほしいのなら、偽装会社で働いているように見せかけての審査です。
収入証明も作ってくれて、在籍確認電話も問題なしです。
◯◯さんはいますか?今席を外していますで良いのですから、偽装会社は便利です。

ただ、金融機関や金融業者では偽装会社の情報はキャッチ済みです。
バレたら大変なことになるだけではなく、その金融業者からの借り入れは一生できないことになります。下手なアリバイはしないことです。

会社の上司にどうしてもお金が必要な事を言いました。
そうしたら、半年も働いていないけれど、1年働いていると言っても良いと言われました。
これも虚偽申請になるのですが、プロミスなどの大手消費者金融での、審査に通る場合は考えられます。勤続年数は、実際には聞かれないことであり、この方の場合は上司が1年と言えば、1年になってしまうことです。

あまり良い方法ではないですが、偽装会社を使うよりは良いです。
キャバ嬢で働く方の中には、人に言えない事情がある方もいます。
上司を巻き込んでのキャバ嬢作戦ですが、不正なことはしないことです。

見つかったら大変です。
見つからなかったら、なんでもしても良いという話しではないからです。

まともに行けば

1年以上のキャバ嬢、収入証明書もありでしたら、
水商売とは言え、キャバ嬢を含む方たちのカードローンもキャッシングもできます。

中小消費者金融などの相談もおすすめです。
キャバ嬢だからと借りれないことはないですから、きちんと申込をしてみて下さい。