キャバ嬢だから借りれないのではない

銀行系カードローンも大手消費者金融も、水商売の利用者はいます。
当然ながら、キャバ嬢も借りれます。1年以上働いていることが理想ですが、体験入店ではなく週3日以上働いている場合などは、相談をしてみて下さい。

審査通過の保証はないのですが、キャバ嬢での審査落ちはないでしょう。
審査の甘い消費者金融ではキャバ嬢だからではなく、半年以上の勤続年数なら審査をしてもらえるでしょう。

収入と総量規制について

金融事故があれば、プロミスなどの大手消費者金融と銀行カードローンの審査が難しいです。
これは、キャバ嬢は関係なく、多重債務者や総量規制範囲などが原因です。

例えば、キャバ嬢が多重債務で申込をしたとします。
借入をしているのですが、キャバ嬢としての収入が安定していないことで、多重債務はNGと断られることがあります。以前の申込の年収が生きている場合です。
仮に収入が上がっていたとしたら、改めて申込をしてみて下さい。

このときに必要なのが、収入証明書です。
これもキャバ嬢だからではなく、みな同じです。
総量規制を変えたい、不安定さが強調されるキャバ嬢では、しっかりと審査されます。

収入証明書は確定申告書

お店で給与明細があれば問題はないですが、それがない場合は確定申告がおすすめです。

収入証明書としては、公的書類として対応してくれます。
収入証明は、バイトやパートでもあった方が良いモノですが、総量規制増額などは必要です。
金融業者としては、水商売と聞くだけで、収入の高さはわかっています。

審査通過後、完済実績があれば信用ができます。
確定申告書があれば、すぐに増額の可能です。

キャバ嬢だからと言って卑屈になることはない

水商売のキャッシングは、多くの方が考えているよりも簡単です。
肝心の収入も証明ができれば問題ないですし、バイトでも借りれるのですから、週2日以上での勤務体制でも借りれることがあります。大手のカード会社でもです。

金融事故に関しては、ブラックになったのなら、中小消費者金融に行くことです。
これもみな同じですが、審査次第で借りられる場合があります。

未だに健在、水商売はNG

まだ、金融業者では、水商売は審査落ちのところがあります。
収入の不安定なことが理由ですが、バイトも借りれないです。

そして、個人事業主がダメであり、要するに会社に勤めていて、収入が一定ではないことが理由で審査に通らないです。キャバ嬢とかではなく、収入安定なし、社会保険証ではないから借りれないということのようです。