キャバ嬢でもキャッシング審査通過はできる

キャバ嬢の働き方の多くが、源泉徴収を引かれた形での報酬が多いです。
アルバイトとして、パートとしての接客業の働き方です。
場合によっては、源泉徴収されていない場合もあります。

キャバ嬢がカードローンの申込をする

たいてい普通にできます。
私はキャバ嬢であり、◯◯というお店で働いています。
それだけでも申込資格があります。ウェトレス等と同じ接客業です。

しかし、ウェトレス等のアルバイトより属性が低いのは、キャバ嬢の仕事柄で長期間できないのではないか?という懸念です。ですから、キャバ嬢を含め水商売では、限度額が低いことが多いです。

水商売は審査も通らないは嘘

アコムなどの金融会社では、水商売だけでは審査落ちはないです。
会社員ほどの高い属性がないのは、安定しない収入であることが問題であり、在籍確認ができ信用情報で問題がなければ借り入れができます。

15年勤続年数の正社員と2年程度のキャバ嬢では、案外と年収は同じくらいかもしれません。
それでも正社員の方が、限度額が高いのは、安定した収入証明書があるからです。

借り入れができないことはないですが、こうした属性による審査の違いはあります。
アルバイトやパートと同じ扱いになりますが、不安定さではキャバ嬢の収入はどうしてもマイナス要因が大きいです。

ローン審査では、このあたりの収入が安定しない、すぐに辞めるかもしれないことで、最初から多くの借り入れができない。金融業者だと言うのに、総量規制までも借り入れができない場合が多いです。

源泉徴収票をもらっていたら

源泉徴収票をもらう形のキャバ嬢では、確定申告をすることをオススメします。
お店では、◯◯というキャバ嬢を雇っていて、◯◯円の報酬がある。その上で、確定申告をしっかりとして、税金の支払いをしていて、個人事業主としてのキャバ嬢であれば、信用も高いです。

あるキャバ嬢では、この確定申告で個人事業主として申込をした大手消費者金融では、総量規制範囲内の借り入れができたといいます。それだけきちんとお金の管理ができていることが分かれば、キャバ嬢でも借り入れが、正社員並になるということです。

審査段階で、どの程度の信用をしてもらうこと、それができる書類を集めることが必要です。
それには、源泉徴収票、確定申告が必要であり、最低でも1年以上の勤続年数がなくてはならないです。

カードローンの申込、キャッシングでは、正社員でも新入社員の借り入れは難しいとされていて、それはキャバ嬢等の風俗関係だけではありません。どの審査でも、1年目は厳しいです。

キャバ嬢のキャッシングに必要な収入証明書について

大手消費者金融カードローン利用をしているキャバ嬢もいます。
水商売だけど、消費者金融カードローン申込が普通にできたと言います。困ったことはナシです。

キャバ嬢です。お店は◯◯です

カードローン申込では、職業と勤務先は必要です。
金融会社によっては風俗業、水商売等の欄があります。

そして、お店勤めの場合は、店名は絶対不可欠です。
ここに在籍確認をするためであり、時間をみて在籍確認をします。
◯◯さんはいますか?というだけで、キャッシングの審査であることは言いません。
源氏名と合わせて知らせることで信用されることになります。

ほんとうにカードローン利用できる?

キャバ嬢は、普通に働いてるだけで、収入は高いです。
信用情報で金融事故がないキャバ嬢では、在籍確認までスムーズに進みます。
その時にほんとうに働いていることが分かれば、審査に通ります。

収入に関しては、源泉徴収票などがあると具体的になりますが、最初数万円の希望額が良いとされています。

信用されて、借りて完済をしていくことで、総量規制範囲のキャッシングができます。
信用情報で金融事故がなく、収入があるキャバ嬢ならん審査に通らないことはないので、安心してください。

確定申告をしていれば

キャバ嬢として申込をして金融事故もナシ。在籍確認が通ればキャッシングは可能です。
その時に確定申告をしていると、もっと信用が上ります。

お店で言われることもありますが、キャバ嬢は個人事業主です。1人1人がお店と契約しているフリーランスのキャバ嬢であるのなら、申告をすることで、収入が確定できます。

日払いのキャバ嬢では、所得税の支払いをしていないことで、源泉徴収票がないでしょう。
その時は確定申告をすることで、より信用が高い個人事業主としてキャッシング審査を受けることができます。メモ書きで良いので、毎日の収入から必要経費を引いて申告をすることで、キャッシングの審査に必要な収入証明書ができます。

大手消費者金融カードローンなどでは、身分証明書だけでの審査もありますが、収入証明書が存在していることを強調することで、審査が通りやすくなります。

源泉徴収票があるキャバ嬢であれば、お店がきちんとしている証拠で、確定申告の必要性も言われることでしょう。しかし、ここは自身でも日払いでもらっているキャバ嬢では、私の収入証明書がないことに気がつくことも必要です。

日払いのバイトでは、キャッシング審査は通らないですが、キャバ嬢として確定申告をすることで個人事業主になることができ、キャッシングができることを認識してください。

大手消費者金融カードローンも楽にみてるキャバ嬢

キャバ嬢でアコムやプロミス等の大手消費者金融カードローンを持っている方は多いです。
カードローン利用に関しては、申込の時に審査がありますが、キャバ嬢で難なく審査通過の報告も多いです。

金融会社はキャバ嬢にもお金を貸す

それは、申込条件の20歳以上で安定した収入があると認めたからです。
その他信用情報の審査にも通過して、在籍確認ができれば問題はないです。

キャバ嬢でも借りれる。それは噂ではなくほんとうのことです。
銀行カードローンも同様であり、パートやアルバイトでも審査通過ができるキャッシングに付いては、キャバ嬢の仕事でも大丈夫です。

職業欄の水商売の項目

最近では、風俗業、水商売の欄があります。
いずれもパートやアルバイト扱いになりますが、キャバ嬢、ソープ嬢などでも借り入れができます。たいてい限度額が少ないと言われていますが、最初の申込で30万円程度の限度額がつく方もいます。信用情報で金融事故がないとか、多重債務者ではないことが条件です。

申込後に電話がくることも

これは、キャバ嬢等の風俗業の場合は確認の電話がきます。
例えば、キャバ嬢では月収が30万円超であることが多いでしょう。
その時に勤務体制を聞かれたり、どんな内容の仕事なのか、月に何日の勤務なのかなどです。

大した内容ではないのですが、申込内容の確認があります。
これは、個人事業主などでも良くある対応であり、キャバ嬢だからという理由ではないです。
その電話のあとに、在籍確認がされることが多いですが、お店の開店前だとしても、従業員がいて、申込者が在籍していることが分かればOKです。

もちろんその場にいる必要もありません。
こうして、案外とラクラクにキャバ嬢でカードローンを手にすることができるようです。

キャバ嬢のキャッシングのポイント

キャバ嬢という職業よりも、信用情報で金融事故がないことが必要です。
そして、せめて1年以上の勤務をしていることと、収入証明書があればなお良いです。
これは必ず必要ではないのですが、稀に給与明細などはありますか?と聞かれることがあります。

なくても審査通過している方はいますが、一応確認はすることがあります。
給与明細、確定申告書があれば、借りやすい環境であるということです。
大手消費者金融、銀行カードローンでこの対応であり、キャバ嬢の身分で堂々申込ができます。

金融事故があるキャバ嬢

この場合、中小消費者金融に申込をしてみましょう。
ここでは、収入証明書が絶対に必要であり、多重債務者などは返済ができると証明しなければならないです。そして、職業的にキャバ嬢でも申込資格があります。

風俗業と聞くだけで、収入が高いことはわかっていますから、あとは本人の返済能力を確認されることになるだけです。

キャバ嬢の必需品は健康保険証?

キャバ嬢のキャッシングでは収入と在籍確認ができることで、審査要件はOKです。
収入に関して言えば、OL以上のものがあることは誰もが知っています。
そして、ほんとうにそのお店で働いているかの在籍確認です。

金融会社の担当者が直接電話をして確認する作業です。
キャッシングではどの審査でも必ず存在しています。

確認電話の内容

申込をしてすぐに電話がかかってくることがあります。
そこで聞かれる意外な質問として、保険証はお持ちですか?です。
正社員なら社会保険証、共済保険証等ですが、その他では国民健康保険証になります。

これは、任意で申込をするものであり、パートやアルバイトの方で生計を立てている方は必需品です。夫の扶養に入っていたりする時には加入はしないですが、自営業者、個人事業主も国民健康保険証を使っています。

もし、キャバ嬢として1人で生活をしている場合、国民健康保険証は持っているはずですが。

保険証の質問の意味

1つは、収入の申告をしているか?です。
また既婚者や同居している義両親等の扶養に入っていることで問題はないです。
家族がいて、アルバイトとしてキャバ嬢をしているのであれば、問題はないです。

しかし、ひとり暮らしでキャバ嬢で、申告もしていない、国民健康保険証を持っていない場合は、審査に通らない場合があります。たいていお店などでも指導がある場合もありますが、国民健康保険証は必須のアイテムです。

確定申告をしていると当然なのですが、もらいっ放しの収入のキャバ嬢の場合は、早急に手続きをしてください。案外と風俗業で働く申込者では、この手の確認電話が多いと言います。
身分証明書で運転免許証だったから良かったという場合も、国民健康保険証がないのは一大事です。

安心して、キャバ嬢でも借りれる

職業的に言うと、キャバ嬢等の風俗業でも借りれることが多いです。
水商売でもキャッシングができるのは、収入があるからです。

ただし、金融事故があるブラックリストになってしまうと、大手消費者金融では借り入れができないです。中小消費者金融にいくことになりますが、審査が甘いのは確かですが、国民健康保険証がないとやはり厳しいです。

そして、カードローン利用しすぎて、にっちもさっちも行かないときには、中小消費者金融ではなく債務整理をすることも検討してください。こちらは弁護士等に相談ができます。

国民健康保険証がないことでできないことはないのですが、保険証がないことで早急に作る指導がされることは必須です。

アリバイ会社は使ってはNG キャバ嬢で借りれるキャッシング 

キャバ嬢や風俗業に働く女性の中には、カードローンの審査に通らないとアリバイ会社の利用をしている方もいます。

バレなければ良い?

アリバイ会社とは、申込をすると自分がなりたい職業につくことができます。
カードローンの申込の時に、キャバ嬢ではなく事務員とかパート職員となって申込ができます。
カードローンの審査では、50万円以下の申込では身分証明書と在籍確認で勤務先の電話だけがあれば審査に通ることが多いです。

そこで、アリバイ会社ではあなたが勤めている会社に成り代わることができるというものです。
金融会社からの在籍確認で、今外出していますと言えば、在籍確認がOKです。

信用情報で金融事故がないキャバ嬢がOLになって、総量規制で年収3分の一の限度額のある大手消費者金融カードローンが入手できる方法です。源氏名◯◯ちゃんが、実は昼間のOLで借りれるという画期的な方法として紹介されることがあります。

違反だよね?

アリバイ会社を使用することは犯罪です。
しかし、バレずに行ってしまうキャバ嬢等も多いといいます。
それは、水商売の方がキャッシングができないという噂があるからで、こうしたアリバイ会社でなんとかごまかそうということです。

現在、大手消費者金融も銀行系カードローンもキャバ嬢の申込は受け付けています。
わざわざこんな犯罪を犯してまで、アリバイ会社の利用をすることはしないでください。

バレたらどうなる?

アリバイ会社の利用がバレた時には、借り入れがある時には、一括返済をすることになります。
そして、新規借り入れが一切できなくなって、その金融会社では、二度と申込ができなくなってしまいます。

それほど厳しいのですが、もっと怖いのが、詐欺罪、詐称罪として訴えられることもあります。
アリバイ会社の利用はこうした犯罪をすることになりますので、絶対に使用しないことです。

キャバ嬢で申込を

ただし1年未満、体験で入店のキャバ嬢では、大手消費者金融も銀行カードローンも審査に通らないです。どうしてもここは難関とするもので、1年以上同じ店でお勤めをしてから申し込みをしてください。これは、キャバ嬢だけではなく、普通の会社員でも同様です。

金融会社では、勤続年数1年以上が審査要件となっていて、すぐに退職してしまいそうな方の受付はしていないです。だからアリバイ会社が流行るというのもわかりますが、犯罪になってしまうことはしてはならないです。

キャバ嬢でも1年以上の勤務で普通に借り入れができますので、安心してください。