誰でもお金を借りれる?キャバ嬢の場合はどうなの?


はじめに、お金を借りるということを考えてみましょう。誰でもお金を借りることができると思っている人も、そんなに少なくないでしょう。もっとも、実際にお金がどうしても必要といったように切羽詰まらないと、お金を借りるということがどういったことなのか、実感がわかないものです。

お金を借りるというと、少額だったら友人や知人の間でお金の貸し借りをすることが多いと思います。中には、友人知人と言えども、お金の貸し借りはしないという人もいるかもしれません。それでも、頼まれたら嫌とはなかなか言えないものです。気軽にお金を貸すかどうかは、貸す金額にもよります。昼の昼食代くらいなら貸すよりも、たまにはおごってあげることで、恩を売っておくのもいいでしょう。

お金を貸りるということは、返さなくてはいけないということです。ですから、貸す側にとって、貸す相手が信用できることが第一条件になります。友人知人なら問題はないのですが、それでもまとまったお金となると、少しは心配になることでしょう。実際にお金がからんで友人をなくすことはよくあることです。親しき仲にも礼儀ありということで、少額の貸し借りでも十分に仲違いの元となります。

数万円といったお金になると、銀行カードローンや消費者金融会社のカードローンから借りたほうがいいでしょう。もっとも、そういった金融機関や貸金業者からお金を借りる場合は、審査を受けなければいけません。属性の低い人でしたら、審査に通ることはできません。職場にも在籍確認の電話確認をすることになるので、それもクリアすることになります。

キャバ嬢など水商売をしている女性でしたら、在籍確認が難しい場合もあるかもしれません。しかし、たいていのキャバクラなど、風俗業のお店ではアリバイ会社などを用意しています。というよりも、きちんとした社名を持つ会社が親会社となっていることが多いのです。ですから、消費者金融会社や銀行などの融資の申し込みの際にも、勤務先はそういったアリバイ会社あるいは、偽装会社の名前を記入しても何ら問題ないのです。

また、融資を受ける際は、安定した収入というのが条件となる場合が多いです。その点をカードローン会社も重視してくるので、キャバ嬢の場合は高収入ではあるのですが、収入が安定しているかどうかは、疑問符が付くところではあるでしょう。

キャッシングローンを組みたい場合は、収入証明書の提出を求められる場合があります。キャバ嬢の給料は時給制となっていることが多く、時給単価が高くても、分類としてはパートアルバイトということになるでしょう。固定給ではないので、正規雇用の正社員とは属性の面では劣ると考えていいです。キャバ嬢の場合は高収入であっても、属性はそれほど高くはないということですね。

それでは、キャバ嬢はお金を借りることが、難しい職業なのかというとそうではありません。パートアルバイトの人でも、消費者金融会社のカードローン審査に通っているのですから、職種は不問ですし時給とはいえ高収入ですから、金融会社のキャッシング審査に通ることは難しくはないでしょう。属性について心配でしたら、消費者金融会社の受付窓口の担当者に相談してみるのもいいと思います。

カードローンを利用したいと思ったら、アコムやプロミス、アイフルといった、大手消費者金融会社に融資の申し込みをしなくてはいけません。そこでキャッシング審査を受けることになるのですが、銀行カードローンはだめ?と思うのですが、これはキャバ嬢だからだめというわけではなくて、勤務形態がパートアルバイトに分類される点がネックとなります。ですから、銀行カードローンは期待しない方がいいでしょう。

仕事も、風俗嬢やキャバ嬢といった名称を使わなくても、サービス業で大丈夫です。カードローンの審査に通ると、ローンカードを発行してもらえます。申込額に対して満額の場合もあれば、多少削られる可能性もあります。

在籍確認電話は、偽装会社が上手にやってくれるはずです。収入証明書は、市役所などから発行してもらいましょう。できれば銀行系カードローンのほうが、金利が低くて返済利息も少なくて済むのですが、銀行などの金融業者から借りるのは、恐らく難しいでしょう。

一つの方法としては、銀行系のクレジットカード会社のカードサービスを利用して、クレジットカードを持ってそれを利用することで、クレヒスを積み上げていくと、銀行との信頼関係が築けて、将来的に銀行系カードローンが利用できるかもしれません。

水商売向けの金融商品というのはないので、職業で弾かれるというよりも、勤務形態などで弾かれるケースが多いです。また、消費者金融会社のカードローンのほうが、キャッシングに対して、無利息期間があるのも嬉しいところで、銀行系カードローンよりも、使い勝手は良いといえるでしょう。

キャバ嬢でしたら給料は高収入になるのですが、どうしても勤務形態が不規則です。経営者には収入証明書類が取りやすいように、給与明細をきちんと発行してもらうように相談するのもいいでしょう。いずれにしてもキャバ嬢だからといって、キャッシング会社のローンの審査に落ちるということはありません。

キャバ嬢は安定収入なのか


キャバ嬢の収入についても考えてみましょう。キャバ嬢は安定収入でしょうか。高収入のような気もしますが歩合給というか、働いてこその高収入であってもともとは時給です。ですから、働かなければ無収入なのです。

当たり前のことを言っていますが、会社員は固定給です。ある程度働かなくでも収入を得ることができます。休んでも有給もありますが、しかし、キャバ嬢にはありません。パートアルバイトと同じと考えていいでしょう。そうなると高収入ではあっても、安定した収入とは言えなくなります。

それでは、キャバ嬢はお金を借りることはできないの?ということになるのです。そうではありません。学生でも主婦でも、フリーターでもお金を借りることができる時代ですから、キャバ嬢だから、お金を借りることができないという世の中ではないのです。

お金を借りるとなると、銀行がすぐに浮かんできますが、キャバ嬢がお金を借りるとなると銀行はしんどいでしょう。銀行とのつきあいが長く、給料などの振り込みがある、他社からの借入れがないなどが、条件となる場合が多いからです。しかも、安定収入ということで、正規雇用者が求められます。ですから、キャバ嬢がダメというのではないのです。

あくまで、パートアルバイトという雇用形態で審査に通らないことが多いのです。正社員であっても、多重債務ではないことが条件となるのは間違いありません。消費者金融会社であれば、キャバ嬢でもお金を借りることはできます。

もっとも、消費者金融会社にも幅があります。大手消費者金融会社から中小消費者金融会社、さらには小規模な消費者金融会社で、俗に街金と呼ばれているところまで、まちまちです。中小の消費者金融会社や、街金ではお金は借りやすくなるでしょう。それでも、金利が高くなるデメリットもあります。

そして多いのは、キャバ嬢という商売を隠してお金を借りたい人です。キャッシングローンなどのフリーローンでしたら、職業欄は必須で記入しなくてはいけません。多くの金融業者は間違いなく在籍確認をします。ちゃんと仕事をしているか、信用度をはかるための措置なのですが、そこで虚偽があれば、審査は打ち切りとなります。

ローン審査はある程度厳しく行われますし、キャバ嬢でしたら源氏名を使うと思いますが、申し込みの際は当然本名を使わなくてはいけません。在籍確認をうまくのりきる方法は、勤め先がアリバイ会社を用意してくれているので問題ありません。まずは、借りる前に確認しておいたほうがいいでしょう。

このことから、勤め先にはお金を借りるといったことを、事前に報告しておかなければいけないということになります。また、借りやすいからと、闇金融に手を出すのは絶対に止めましょう。

キャバ嬢がお金を借りれるのか


キャバ嬢はお金持ちというイメージがあります。高収入ですから、当然誰もがそう思うでしょう。月に100万円以上、稼いでいるキャバ嬢もいるようです。

しかし、すべてのキャバ嬢がそうだとは言えません。月に100万円以上の収入のあるキャバ嬢は限られています。やはり、それなりに努力をしているからです。それでも、数十万円の収入のあるキャバ嬢が多いでしょうですが、それ以上に浪費癖がついてしまうと、いくら高収入でもお金が足りなくなってしまいます。

さらに、お金がないから、キャバ嬢に転身したという女性も多いのです。中には多重債務で、借金まみれで、にっちもさっちもいかなくなって、キャバ店で働くようになったという、キャバ嬢も少なくないでしょう。

よく聞く話で、お店からお金を借りるというのはどうでしょうか。しかし、昔はお金を借りたはいいが、そのまま逃げてしまうキャバ嬢も少なくなかったようです。信用問題もありますし、現在はお店が貸し出しをするということは多くはないようです。昔以上に、現在の女性のほうが、信用がおけないということなのかもしれません。

もっともそればかりではなく、お金が必要なキャバ嬢はがんばってすぐに高収入になるので、お金の心配がなくなるということが大きいようです。

キャバ嬢は審査に通る?


多くのキャバ嬢が、ネットの口コミなどで、キャッシング体験談の書き込みをしています。借入れなら、銀行系消費者金融会社のカードローンが、おすすめという書き込みもあります。申込みをして審査に通るまでが短い、スピード審査をしてくれる消費者金融会社のローンが人気です。

また、給与証明書や源泉徴収票の提出を求められる場合もあるので、事前に用意しておいたほうがいいでしょう。在籍確認は、多くのキャバ点がアリバイ偽装会社を用意しているので、それを利用するようにしましょう。

アリバイ偽装会社といっても変な会社ではなく、親会社がキャバ嬢の身分を保証してくれるという意味です。アリバイとか偽装といった言葉を使うので、いかがわしい会社なのでは?と思う人も少なくないようですが、それにはあたりません。

また、免許証などの本人確認書類は必須ですので、これも事前に準備しておきましょう。キャバ嬢の中には、審査に通らないので、闇金からお金を借りて、返済してという人も少なくないようです。高金利ですが、それ以上に高収入ですから、一気に返済できるということですね。それでもヤミ金から借りるのは止めたほうがいいでしょう。

結局のところキャバ嬢は審査に通る?


大手消費者金融会社のカードローンの審査にパスしたいのでしたら、収入証明書の提出は必須です。

キャバ嬢の場合は、ここがネックとなる場合が多いです。キャバ店から借入れができるようでしたら、そちらのほうがいいかもしれません。あるいは、しっかりと確定申告をして、収入証明書を発行し大手カードローンに申し込むといいでしょう。

デメリットとしては、確定申告の時期が決まっていることです。タイミングによっては、かなり待たなければいけないのがネックです。貸金業者によっては、借入れの申し込みをしても、収入証明書は不用というところもあります。それは、中小消費者金融会社や街金では収入証明書が必須の場合が多いです。

カードローン会社も申込者には、安定した収入のある仕事に就いていることを求めています。しっかりと働いているのでしたら、キャバ嬢だからといってあきらめる必要はありません。