風俗嬢 キャッシング 審査

風俗嬢と聞くとお金には困っていない印象がありますが、急な出費があった場合や体調不良であまり出勤できなかった時などは、給料が少ない為お金に困る事もあります。

そんな時用にカードローンを利用できるといいのですが、なかなか風俗嬢だと借りる事ができない印象が強いですよね。特に、電話での在籍確認をする時のために、会社名や職業を記入しなくてはいけません。これはカードローン会社の店頭や自動契約機、ネット申し込みであっても変わりません。

この場合、会社が表向きは他の事業もやっている会社であればいいのですが、風俗経営だけだと完全に風俗嬢だとバレてしまいます。あまり、口に出して言いたくもないでしょう。審査もやや辛口になってしまうケースもあるようです。

基本的に仕事をしていて安定収入があれば問題はないのですが、風俗で働いている事自体が収入が安定しているのか心配になるという点で、審査担当の審査が辛口傾向になるみたいなんですよね。ですので、風俗で働く女性の多くはカードローン審査を申し込む場合は、自営業として申し込む事が多いそうです。

これは、1年以上勤務していれば収入証明などの証明書は取得できますので、自営業としての申し込みは可能です。事業内容は、美容関係やネット通販などなんでもいいですので、何か自分で店舗を持たずに自宅で行っているような内容で、申請するといいでしょう。

実際に自営業の内容まで深く突っ込まれる事はありませんが、店舗が必要になるようなものであれば、場合によっては店舗の住所などが必要になってくる事もありますので、そういった住所の記載が不要なネット関係の仕事がいいでしょう。

また、収入額やその年数によりますが、基本的に自営業で申請しても、最初は限度額が低いケースが多くなります。これは無店舗型の自営業者に多いのです。金融会社にとって安定性が未知数なので、最初は少額融資で様子を見るという感じになってしまうんですね。

しかし、何度か借りて返してを繰り返せば、限度額をあげる申請もできますので、まずは審査通過を意識しましょう。