風俗嬢でも借りれるカードローン

風俗嬢もキャッシングはできます。ただし、条件があります。

消費者金融カードローンの条件

それは、収入があることが証明できることです。
カードローン審査では必ず在籍確認をしますが、これは勤務先に直接電話をかけることで、収入があることを証明されるのです。

例えば申し込みのときに、風俗店で働いているといえば勤務先になる店を聞かれます。
または入力をしますが、その店に消費者金融担当者が直接電話をして、在籍確認ができればOKです。要するに、風俗嬢であること、収入があり返済能力があると認められることになります。

風俗嬢とは?

水商売を始め、キャバクラ、ホスト、ソープ、デリヘルなどを勤務先としている方たちです。
もともと実入りが良いので、手っ取り早くお金を稼ぎたい方にとっては良い職場です。

問題は収入と勤続年数

収入証明書があれば問題がないのですが、不定期で働いていて給与として明細書がない場合は、自己申告になります。

その時に日給◯円、月に何日出勤の形での申告になります。
この時に決して多くの金額は言わないこと、虚偽申請は厳禁です。

そして、収入証明書が必要のない、50万円以内の希望額が妥当です。
先月入店したばかり、まだ風俗嬢として、数ヶ月の場合の審査は難しいです。

実際審査をしてみないとわからないのですが、だいたい月収で50万円程度で、半年程度の勤務では審査落ちしてしまう場合もあります。風俗嬢以外の職種でも1年以上の勤続年数が必要とされていますから、金融業者によって、勤続年数が短いと借りることができない可能性はあります。

総量規制の関係から

消費者金融の限度額は、年収の3分の一です。
この時に風俗嬢として働いている方で、50万円の希望額と言えば少ない希望額でしょう。
まともに働けば、月収50万円程度は軽く行く方もいるのです。

最初の申し込みとしては少ないほうが良いので、金融業者としても風俗嬢、50万円以内の希望額は審査に通りやすいでしょう。

大手消費者金融でももちろんOK

風俗嬢だから申し込みができないという、大手消費者金融は少なくなりました。
銀行カードローンでも、在籍確認が取れれば大丈夫です。

その在籍確認は営業時間の店でも良いですし、派遣会社に所属していれば昼間の在籍確認も可能です。源氏名でも対応している所もあります。勤務先があるのなら、返済もできると認識されれば良いのです。

大手消費者金融でもレディースローンが設置されていて、直接担当者と話しをするのも女性スタッフが対応してくれます。男性だと話し辛い方は、レディースローンの利用がおすすめです。