キャバ嬢がアリバイ偽造会社でお金を借りるのはダメなこと?

キャバ嬢がお金が借りたいと思って給料前にカードローン申込をする人がいるんですが、どうやら自動契約機などでお金を借りる際に、アリバイ偽造会社を作っている人がいるのです。

つまり、カードローンでお金が借りたいけれど、審査に通らない可能性が高いから、審査に通る為に嘘の会社で在籍確認するという事なんです。これは、夜の店で働いていると消費者金融では審査に落ちやすい事から、恐らく夜の女性が自分の収入があっても借りれない事に対策を練って、少しでもお金が借りれる確率を高くする考えなのです。

しかし、実際ではこのような行為はすぐにバレるので、担当者と食い違いがあった時点で即融資否決となります。正にイチかバチかの申し込み方法となるわけなのですが、こんな方法で勤務先を偽ってカードローン会社へ申し込みをしていたら、恐らく確認の電話で絶対にボロがでてしまうでしょう。

よって、大手消費者金融で借りれない場合であっても、とにかくアリバイ偽造会社などを頼らないでください。お金が借りれる可能性がある金融業者であれば、銀行カードローンがありますので、夜の店でも借りたいと思ったら銀行カードローンで、アリバイ偽造会社なしで申し込みし借入してみて下さい。

恐らく大半以上の女性は、夜でもお金が借りれる銀行カードローンと実感するでしょう。審査が厳しいと思われがちの銀行カードローンのカードローンですが、意外と大手消費者金融より借りやすいなんて言う夜の女性の声も聞くぐらいです。

ですので、収入証明書があれば提出してから審査して貰えます。夜の店のお金を稼いでいる女性でもお金が借りれる可能性がありますので、返済能力に問題がなければ審査通過となり、晴れて銀行カードローンでお金が借入出来るでしょう。在籍確認電話も普通に夜の勤務先を指定してもOKですので、アリバイ偽造会社なんて一切不要なのです。

というわけで、電話確認も本人確認もちゃんと取れる人で収入証明書がある人であれば、大手消費者金融カードで借り入れが難しいとされる申し込み者であっても、お金が借りれる可能性があるのです。自動契約機や消費者金融HPで借りれない場合に、大手カードローンで借りれないといって借入を諦めないで下さい。

夜の店でもお金が借りれる銀行カードローンもあれば、中小金融もありますよ。ソープでもキャバ嬢でも、現状で安定収入があれば融資OKだと思います。レディースローンで借りれない場合でも、銀行カードローンならば実際に借りれる事となるでしょう。