風俗嬢キャッシング審査に使ってはいけない「アリバイ偽造会社」とは

風俗嬢がキャッシング審査に通りたいために、在籍確認に使う人がいるようです。
職場にキャッシングのことを知られたくないからのようですが、絶対に使ってはいけません。
なぜ使ってはいけないのか、アリバイ偽造会社について詳しくまとめてみました。

風俗嬢に便利?アリバイ偽造会社

アリバイ偽造会社は、風俗嬢やキャバクラ嬢などの水商売の人が、キャッシングの在籍確認を通過するために使うことが多い会社です。

キャッシングの在籍確認の電話対応や、架空の収入証明書を作ってくれることで有名です。
アリバイ偽造会社に在籍確認を対応してもらえれば、お店に在籍確認の電話が来ないのです。
また、自分の好きなように収入証明書を作ることができるので、こんなに便利な会社はないですよね。

しかし、アリバイ偽造会社は絶対に利用してはいけません。
その理由は、キャッシングの契約にアリバイ偽造をすることは、詐欺罪になるからです。
実際に、過去に逮捕された人も多くいます。

アリバイ偽造会社を使わなくても在籍確認はスムーズ

在籍偽造会社を使おうとする風俗嬢は、職場にキャッシング会社からの在籍確認の電話がかかってくるのが嫌だと思うようです。ましてや近年は携帯電話社会ですので、個人的な電話が職場にかかってくること自体珍しいということになりますよね。

キャッシングの在籍確認は、キャッシング業者名ではなく個人名で電話をかけてきます。
そのため、電話を取った人はキャッシング会社からの電話とはわかりません。
キャッシングをするとは絶対にバレませんので、あまり気にすべきことではないといえます。

どうしても気になる場合は電話を取る職場の人に、キャッシュカードの在籍確認で電話がくると伝えておくといいですよ。

キャッシュカードは誰もが作るカードですので、誰も怪しみません。
在籍確認は2~3分で終わりますので、あれよこれよと長々話すことも無いので安心です。

もしもアリバイ偽造会社を申し込んでしまった場合

もしも、アリバイ偽造会社を申し込んでしまって、後に事の重大さに気付いたら、すぐに手続きを中止してもらいましょう。

仮に、既に契約が終わってしまった場合は、解約手続きをするようにしましょう。
まだ何も起きていないうちでしたら、訴えられることがなく犯罪に問われない場合もあります。

アリバイ偽造会社を使うとこんなリスクを背負うこともある

アリバイ偽造会社を使ってキャッシングの契約をして使った後、このようなリスクを背負うことがあります。

破産の免責ができなくなる

キャッシングをしていると、支払いができなくなり破産してしまうこともありますよね。
そんな時、一般的な場合は手続きを踏むことで、破産手続きが可能となります。しかし、アリバイ偽造会社を使ってキャッシング契約をした場合は、免責にならない場合があります。

個人情報が流出してしまうことがある

アリバイ偽造会社を使ってから、マルチ商法や振り込め詐欺などの勧誘がくるようになった事例は、少なくないようです。運が悪いと、個人情報の流出もあるようです。

アリバイ偽造会社自体がグレーな会社なので、このような悪質な状態に巻き込まれてしまうことがあっても、おかしくはないですよね。

いかがでしたでしょうか。
風俗嬢が利用することが多い、アリバイ偽造会社。
良い存在に思えて、とても恐ろしい存在というのがわかりますよね。
アリバイ偽造会社を使わなくても、安定した収入さえあればキャッシングはできます。
在籍確認が職場に来ても、特に気にすることはありませんよ。
アリバイ偽造会社を利用することは犯罪につながるので、絶対に利用してはいけません。