偽装会社?アリバイ?危ないことはなくても…

キャバ嬢で働くとき、家族に内緒にしたいので、アリバイが出来るところを選びました。
とても良くしていただき、家族にもバレていないです。

そしてこの度、大手消費者金融に申込をして、会社名はアリバイで使うものを、そして職種は接客業にしました。お酒の給仕ということで、審査に通りました。キャバ嬢ですが、カードローンを持つことができました。

消費者金融会社の見解

多分、上記のアリバイというのは家族などの対人向けであり、審査のときには普通にキャバ嬢であると言っても大丈夫だと思います。

その会社名で、在籍確認電話もできたことは特段問題にはしないです。
困るのは偽装会社とアリバイ会社の使用で、上司の対応では審査も通ります。
収入証明書があり、20歳以上、在籍確認OKであれば審査落ちでもないです。

水商売向けの偽装会社

最近見かけることが多いです。
キャッシングだけではなく賃貸契約で使用することもあるのですが、使わないほうが良い場合があります。大きな声では言えないのですが、1年未満の勤続年数でのアリバイで会社の使用では、審査落ちになると無料になるところが多く、人気です。

キャッシングにしても賃貸にしても、審査のときだけの依頼で、あとトラブルがなければ何も問題がないのです。金融業者にしても賃貸会社にしても、信用情報などで問題がないとスルーしてしまうとか。実際に審査通過のはなしは多いです。

中には審査落ちでも多額の手数料があるところは要注意です。
そうしたところは、金融業者でもチェックしていることが多いです。

アリバイなどは不要

大手消費者金融も信用情報が問題がないキャバ嬢は、普通にキャッシングができます。
収入証明書がない方も多いのですか、自分で確定申告をしたり、会社によっては給与明細もあります。何もなく日払いでもらっている場合は、メモから確定申告をすることおすすめします。

アルバイトでも給与明細がない、収入があるのですから、収入証明書を作っておくことをおすすめします。公的な書類になり納税も必要になる場合がありますが、健康保険証も作ることになります。それが面倒という方、キャッシングのためですよ。

キャバ嬢としてではなく、接客業をしている個人事業主としての申込になります。
キャバ嬢より少し格上げになりますが、自身での収入管理は、自由業の方は絶対に必要なことです。

職業別編のキャッシング

個人事業主、水商売の方は、確定申告があると本当に便利です。
このときに正直な収入ですと、税金がとても高いこと。
必要経費として、衣装代などを差し引くためにレシートなどは保管しておいて下さい。

あー、面倒だわという方も、キャッシングのためです。
キャッシングだけではなく、住宅ローンや教育ローンなどでも確定申告は大活躍です。